up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

カテゴリ: 2:H10-44(FM)

20190615:P1070842(1)1
模型誌
025BUILD BIG AND SMALL INDUSTRIES

 

K社から、2019年の発行です。

 

魅力的な例が沢山、紹介されています。

 

Oil-dealercement plantasphalt transfer terminal等、参考になります。

 

表題では、・・・SMALLINDUSTRIES となっていますが、模型だとどれも大きいです。

 

写真は、表紙にあるFMH10-44を置いています。

 


20111204:20111108:1(1)
鉄道模型動画143:H10-44共演

今回もLayout前側からのアングルです。

UP機がエンドレスを周回し、CNW機は側線から発車して、リバース線に入り、
側線に戻ってきます。

動画はこちら。

20110201:20110118:1 002(1)(1)
アメリカ型DL034:FM H10-44 UP #1301

WalthersのFM H10-44 UP #1301です。(品番920-40798)

遅まきながら、レイアウトの年代を考慮するようになりました。
とりあえず、設定を1955年ごろとしています。
F unitとかGP7/9は良いのですが、EMDが多いので、
Switcherは別のものを選択したいと思い、これにしました。

どう言う訳か、Walthers製品が多いですね。

20091109:20090920:2(1)
レイアウト寸描062:CNWのゼブラマーク

CNWの黄色に緑の配色はとても気に入っています。

今回はハイフード機で端面までゼブラマークが入っています。
正面から見ると、デッキの切れ目が一体に見えるので、更に大きく感じます。
但し、他の機関車と並べると、大きくはないのです。

何故かな?と思ったのですが、デッキが他の機関車より低く、
ハイフード機なのでゼブラマークの入っている端面が大きく見えるようです。

20090827:20090524:1 001(1)(1)
アメリカ型DL025(動画あり):FM H10-44 CNW #1048

WalthersのFM H10-44 CNW #1048です。(品番920-40779)
CNWの色が好きなので購入しました。(2008年8月購入)

実物は1944年の導入で、入換用の蒸機の代替だそうです。
1000馬力ですから、当時の入換用としては十分なようです。
但し、台数は197台だそうで、既にNW2などが市場にでていますから、少し遅いです。
第二次世界大戦時の生産割当てが影響しているのでしょうか?
(FMは潜水艦のエンジンを生産していたと聞いたことがあります)

CNWの黄色に緑のカラー、それにゼブラ塗装がされています。
CNWのマークも良いですし、片側にトレドマークの「400」も入っています。
ハイフード(HH)とエンドキャブなので、なんとなく寸詰りの感じがしますが、
入換用としては、良いかも?

動画はこちら。

このページのトップヘ