up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

カテゴリ: 3:工作技術

20191227:P1080398(1)1
鉄道模型・考察
099:真鍮工作(ハンダ付け)の利点?

最近、会の長老たち(年寄り?自分も・・・)が話していたのですが、

「プラ工作よりは、真鍮工作の方が良い」。

まあ好き嫌いはあるのですが、

接合が直ぐに固まって次の工程に行ける、

プラ工作だと、固まるのに時間が掛かる、と言うもの。

作業の段取りを考えて、マルチに進めれば良いかも知れませんが、

私なども、どちらかと言えば、一つの区切りをつけないと、

次には進めないタイプですので、直ぐに固まるハンダの方が良いですね。

もっとも、世の中はプラ全盛で、真鍮工作など美術品になりそうですが。

写真はグレイン・エレベーターのカバード・ホッパー用積み出し口を、

真鍮パイプ等で追加したものです。

20161223:P1050837(1)
鉄道模型・考察088:ストラクチャー(プラモ)の接着剤

やっと、ハケ付きの接着剤を手にいれました。

100円ショップを何軒か、探しましたがみつからず。

町の小さなおもちゃ屋さん(死語ですかね?)を覗いたら、ありました。

そう言えば「タミヤ」、プラキットのメーカーですね。

コメント(4)

顔アイコン

今晩は。スチロール樹脂(プラモデル)には、このような溶剤系のセメントが最適です。最初はサラサラしていて、直ぐに揮発して急がされます。使い込んでいるうちに溶剤が揮発していき、適度な粘度になります。揮発しすぎて固めになってきた場合は、ラッカー溶剤で薄める事も可能です。
(´き´)

2016/12/24(土) 午後 8:46schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、いつもコメント有難うございます。
ラッカー溶剤で薄められるのですね。
プラモも長いことやっていなかったのですが、
来年に向けて、何かストラクチャーを始めようと思っています。

2016/12/25(日) 午後 2:55[ up1853 ]返信する

顔アイコン

こんばんは。 町のおもちゃ屋さん・・・・ほぼ絶滅しましたね。
10年ほど前、練馬駅近くの模型店で、いわゆるレアものを見つけたのですが、私と前後して入ってきた男性も『ここは宝の山だ!」と独り言を言いながら、狭くてぐちゃぐちゃな店内で、目を輝かせていろいろあさってました。 店主は『ネットには興味がない』そうで、それゆえレアものがたくさんあったのです。 数年前に行ったらなくなってました。削除

2016/12/26(月) 午後 11:08[ tt ]返信する

顔アイコン

ttさん、コメント有難うございます。
町のおもちゃ屋さんとか、町の本屋さんがなくなる時代ですね。
鉄道模型を売っていたお店も無くなってしまいました。
近くにはお店が無くて、遠出しないと手に入りません。

2016/12/27(火) 午前 9:43[ up1853 ]返信する

20120430:img_1047878_44525516_0
第五レイアウト077:改善点①直線区間での揺れ

動画#162で直線区間走行中の機関車が微妙に左に揺れています?
理由は線路の信号機用GAPの高低差でした。

第四レイアウトの後半からルーターで線路を切ってGAPを作るようにしています。
絶縁ジョイナーでGAPを作ると、脱線の原因になるからです。(TB:鉄道模型考察034)

ポイント部分のレールは枕木が硬い素材で出来ているので、線路だけ切れば良いのですが、
フレキレールは枕木が軟らかい素材なので注意が必要です。
更に、フレキレールは枕木が交互に接続しているので、
枕木が接続されている部分の線路を切ることです。

今回の揺れの原因は、
右側の線路が少し上に反っていたこと、そしてその理由は、
線路の枕木がない部分を切ったことで、高低差が出来ました。
対策は、犬釘(写真の↓)で線路を押さえ、反らないようにしました。

揺れはビデオを見ていて気が付いたのですが、実物では気が付きませんでした。
改めて、視点を変えて、見ることが大事だと思いました。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。HOぐらいの大きさになると直ぐにレールのうねりが発生してしまうみたいですね。外国車両はイコライジングされていない台車も多いのでレールのうねりでスリップ・連結千切れ・脱線が起こりやすく感じます。削除

2012/5/2(水) 午後 3:50schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難うございます。
台車のイコライジングよりは、レイアウトの精度に左右されるようです。
調整済の固定/半固定レイアウトでは脱線とかの現象は、ほとんどありません。
勾配も付けていないので、スリップとか連結外れもありません。
おかげで、ストレスなく、快適です。削除

2012/5/2(水) 午後 6:35[ up1853 ]返信する

20120429:img_286849_44523062_0
(yahooブログの記事から)

ブログ013:車載動画から判った改善点

車載動画を撮り始めて、色々と気が付いたことがあります。

以下、箇条書きで列挙すると、
① 直線区間で、微妙に機関車/貨車が揺れる。
② 撮影は少し離れた方が良い。
③ Y線を使い、列車を追跡する。
④ 余計な物が写らないようにする。

まだ、他にあるかもしれませんが、順に対策を考えてゆきます。

写真はY線上の撮影列車。
その右にも線路があります・・・

         コメント(4)

顔アイコン

★ Y線利用の可動撮影、素晴らしいです。
カメラの高さ、もう少し低めにできませんかね。
安定性の問題で、逆にはできないのでしょうね。削除

2012/4/30(月) 午前 8:57[ SDTM ]返信する

顔アイコン


SDTMさん、コメント有難う御座います。

そうですね、もう少し低いと、運転席からの眺めとなりそうですね。
しかし、現状でも満足しています。削除

2012/4/30(月) 午後 2:57[ up1853 ]返信する

顔アイコン


こんばんは!
パッと見写真びっくりしました。
何がフラットカーに乗っているのか!
模型にしてはカメラが重いので、ふらつきますよね。
フラットカーの床下にオモリをつけるとか・・・
あてにならないかもしれませんが・・(^^;)削除

2012/5/2(水) 午前 2:27ゆうさん返信する

顔アイコン

ゆうさん、コメント有難うございます。

HOの車両限界よりは幅が少し大きいですね。
重心の位置も高いようです。
ただ、アメリカの貨車模型(中国製ですが)は、一応重量配分がされているので、
大丈夫のようです。カント付きレールでも横転しませんし、
撮影した映像でも、ふらつきは目立ちません。
従い、いまのところオモリなどは考えていません。削除

2012/5/2(水) 午後 6:16[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ