up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

カテゴリ: 5:山体

山体を仮設置して、CB部側坑口を撮ってみました。
良い感じです、次は着色/緑化です。
20200930:P1090119(1)1

レイアウトに仮設置、上手く設置出来て良かったです。
若干、手直しが必要な点は有りますが、「ホッ」としています。
20200927:P1090116(1)1

ペーパーを三重にして、ペーパー貼りは完了です。
土台以外に分かったことは、
・ ペーパーに水溶液を含ませると、伸びるので気をつける。
・ 気泡が入らないようにする。
・ 貼り付けるペーパーは細長くする。
以上、ここらで一休みです。
20200924:P1090112(1)1

一応、全面を貼り終えました、一部では二回目(二重)に進んでいます。
三回目(三重)で完了と思っているのですが、作業の問題も見えてきました。
1. 土台(骨組み)の無いところは弛んでしまう。
2. ペーパーの一枚目と二枚目が密着しない。
これらは、土台が無いことに起因しているようです。
今回は緊急対策で対応し、次の左の山体を作るまでに、
何か対策を考えようと思います。
20200921:P1090107(1)1

YouTubeでは、キッチンペーパーをボンド水溶液に浸す方法が出ていました。
この方法も良いと思うのですが、水溶液が沢山必要です。
そこで、筆ではなく、相当前に購入したスプレー容器でトライしましたが、
土台(骨組み)がしっかりしている事が重要のようです。
土台(骨組み)の無いところは弛んでしまう様です。
緊急で、骨組みの間にダンボールを追加しましたが、どうなりますか。
追伸:遅まきながら、ttさんの「山の中身を詰める」発言が理解できました。
20200918:P1090103(1)1

やっと骨組みが完成し、試しに1枚貼ってみました。
糊代を確保したのは、正解でしたが、筆を使ってボンド水溶液で
ペーパーを貼り付けるのは、結構大変なのが分りました。
何か方法を考えないといけないです。
20200915:P1090100(1)1

骨組みが完了し、キッチンペーパーを貼ろうと思うのですが、
縁の部分が弱い(糊代が少ない)?ような気がします。
その為、縁の部分に薄いダンボールを貼り付けて、
糊代を確保する事にしました。
20200912:P1090098(1)1

隔壁と1本目の骨組みの間が開き過ぎのようなので、
支えとなるように、ダンボールをアレンジして、骨組みは完成です。
20200909:P1090090(1)1

坑口上部の骨組みを作っています。
こちらは、簡単な形状です。
思いのほか、ダンボールを消費したので、切れ端で作りました。
20200906:P1090072(1)1

トンネル上部/平地部分と骨組みを作って来て、いよいよ先端部分です。
ここは、形状も複雑ですし、先端部分なので少し浮き上がっています。
その為、ネジで固定する事にして、固定用の木をダンボールに接着しています。
何とか、なりましたが、まだまだ前途多難です。
20200903:P1090067(1)1

このページのトップヘ