up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

カテゴリ: 3:集電関係

暫くしていなかった線路磨き作業を実施です。
動力車の車輪を磨いてから、レールクリーニングカーを走らせています。
DCCにした為、DCの時より、格段に集電不良は減りました。
平行して山体工事も進めていますが、ダンボールを切った/貼ったで、
進捗が分りづらいので、少し纏まってからにします。
20200809:P1090050(1)1

20190106:P1070210(1)1
鉄道模型・考察095:貨車の車輪ヨゴレ

写真↓のように、貨車の車輪にヨゴレがしっかりと付いています。
ここまで付くのには、結構掛かった?多分、2~3年位か?
この間、掃除していないことになりますね。

掃除方法としては、あっしーさまに教えて頂いた、ゴム砥石が一番ですが、
今回はヨゴレが激しいので、一度、平型のカッターを軽くあて、
その後ゴム砥石で磨くようにしました。

ヨゴレが激しい物には有効な方法です。

20181125:P1060858(2)1
鉄道模型・HNモジュール073:作業・ステージ2(12)

通電を確保するには、色々な方法があり、ケーブルで繋ぐのが簡単です。
ただ、今回はフログ(可動部分)なので、工夫が必要です。

考えたのが、リン青銅線をハンダ付けして通電させる方法。
リン青銅線は粘りがあるので、可動部分でも使えるかなと思います。
形状を工夫して、フログ動作に対する影響を少なくなるように考えてみました。

20181104:P1060848(2)1
鉄道模型・HNモジュール068:作業・ステージ2(7)

さて、ターンアウト部分です。

既に、線路の色付けの段階で、通電不良の障害がでましたが、

バラスト固着でもボンド水溶液を使用しますので、それによる通電不良が考えられますが、

まずは、トライです。

20181010:P1060846(2)111
鉄道模型・HNモジュール065:作業・ステージ2(4)

直線線路は以前にトライしていましたが、ターンアウト部分の着色は初めてです。

フログ部分の接触は気にしていて、それなりに注意していたのですが、
「クロス部分はマーカーの先が入らず」、着色できないとは思いませんでした。
そこで筆を使った絵の具(アクリル系)になったのですが、
絵の具=水で溶かす、ということで、ジョイナーに回り込むことになりました。

写真の↓部分(4cmくらい)、ここは左側のジョイナーから給電されています。
HNモジュールでは基本的に線路はバス線で給電されているのですが、
信号機の関係で右側にギャプを設けましたので、ジョイナーだけの給電となりました。
このジョイナーに絵の具を塗ったので、接触不良となったようです。

仮処置として、ジョイナーを左右に移動して、通電を確保したのですが、
本処置としては、この部分にも給電ポストを設置する予定です。

コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。やっぱり・・・・・というべきか、UPさんらしい堅牢かつ確実な造りになりますね。削除

2018/10/10(水) 午後 9:27[ tt ]返信する

顔アイコン


ttさん、お早うございます。
作業が遅いので、気をつけてやっていますが、それで更に時間が掛かっています。削除

2018/10/11(木) 午前 7:11[ up1853 ]返信する

20170815:P1060384(1)1
鉄道模型・考察090:動力車車輪の清掃

以前のレイアウトでは、車輪の清掃専用の場所(TB参照)を作っていたのですが、
現在のレイアウトでは、スペースの関係でありません。

ですが、方式としては同じで、片方の台車で集電し動かすことで、
布の上に載った台車の車輪が回転しヨゴレが取れるというもの。
清掃している台車を手で振って、車輪のヘリもきれいにします。

簡単で良いのですが集電が上手く行かない(両方の台車の車輪がヨゴレている)と、
少し大変で、そのときは、手動で磨いてからです。

20160306:P1050060(1)1+
第五レイアウト187:線路磨き

久しぶりに、レールクリーニングカーを走らせました。
当初は6ヶ月/回と言っておりましたが、気がつけば移設以来、走らせていない?
と言う事は、2年位走らせていない事になります。
その間、接触不良によるトラブルは発生しなかった事になりますが、時間があき過ぎです。
そこで、早速に実行となりました。

ただ、今の時期は寒いので、改めて4月/10月辺りに設定しようと思います。

20130509:P1030265(1)
鉄道模型考察076:車輪のヨゴレ

車輪のヨゴレについては、鉄道模型考察068(TB参照)で報告しました。

その際、皆様方からコメントで解決方法を教えていただきました。
皆様、色々な方法で解決されていますね。

その中で「あっしー」さまからの「ルーターにゴム砥石・・・」の方法が
今の自分には、最適?と考え、やってみました。

結果はヨゴレが綺麗になり、満足がゆく方法でした。

あっしーさま、有難うございます。
また、他の皆様もコメント、有難うございました。

コメント(2)

私のアイデアを御紹介下さりありがとうございます。
貨車等のトレーラーの車輪掃除はこの方法が一番てっとり早かったのですよ。
動力車には使えないので、違う方法になりますけどね(汗)削除

2013/5/9(木) 午後 1:36[ あっしー ]返信する

顔アイコン

あっしーさま、コメント有難うございます。
そうですか、動力車には使えませんか。
でも、一番簡単な方法ですね。削除

2013/5/9(木) 午後 4:27[ up1853 ]返信する

20120624:img_959153_44689389_0
鉄道模型考察068:黒いヨゴレ(続き)

集電対策で線路のヨゴレは清掃を6ヶ月に一度と決めていましたが、
車両の方は、あまり気にしていませんでした。
機関車は結構、走らせていて、集電不良などはすぐ対応するようにしていますが、問題はありません。

今回、貨車を走らせていると、異音がするので良く見ると、車輪に黒いヨゴレがついています。
早速、このヨゴレを除去しようと思ったのですが、拭けども拭けども取れません。
清掃液(溶剤)には溶けて、綿棒は黒くなっているのですが、なかなか綺麗になりません。
細かい煤が油で固まった?ような感じです。

やむなく、写真のように台車を外して車輪の清掃、結構な大仕事になりました。
やはり、こまめに清掃するのが良いようです。

コメント(6)

顔アイコン

こんにちは。
いつも楽しく拝見しております。私はキサゲ刷毛でゲシゲシとってしまいます。削除

2012/6/24(日) 午前 8:56がっちゃん返信する

顔アイコン

がっちゃんさん、コメント、有難うございます。
キサゲ刷毛、今度、やってみます。削除

2012/6/24(日) 午前 11:22[ up1853 ]返信する

いつも楽しく見させて頂いています。
私の場合はルーターにゴム砥石を付けて一気に片付けてしまいます。
プラ車輪だと減りそうでちょっとこわいですが、、、削除

2012/6/24(日) 午後 0:25[ あっしー ]返信する

顔アイコン

あっしーさん、コメント有難う御座います。
ルーターにゴム砥石ですか、キサゲ刷毛よりは手軽そうですね。
検討してみます。削除

2012/6/24(日) 午後 7:49[ up1853 ]返信する

顔アイコン

今晩は。私は模型店で買った造形用のスパチュラ(歯科器具でもある鋭い精密粘土べら)を車輪に当てて1周押し付けると皮を剥く感じで落とせます。先端がマイルドな刃物なので軟らかい黒いカスだけ剥けて車輪は削れません。削除

2012/6/25(月) 午前 0:10schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難う御座います。
皆さん、色々な物でやっているのですね。
費用対効果を考えて導入しようと思います。
何となく楽しくなりました。削除

2012/6/25(月) 午前 7:42[ up1853 ]返信する

20100821:20100802:1(1)
鉄道模型考察058:集電向上対策、その結果(4)

集電向上対策の経過報告です。

前回の報告から、5ヶ月くらいが経過しました。(通算8ヶ月くらい)
この間、掃除はしていないのですが、集電不良は発生していません。
使用頻度は、ほぼ毎日で、15分~30分くらいです。

気になっていた、黒いヨゴレですが、その後も増えています。
色々な場所で見られますが、写真のギャップの前後が顕著です。
ただ、これによる集電不良は発生していません。

しかし、色々調べてみると、あちらこちらにヨゴレがありました。
特に、曲線では外側のレイルにヨゴレが付着するようです。
と言う訳で、今回、掃除をしました。

このことから、掃除の頻度を6ヶ月に設定し、年末と6月末ころにしようと思います。

このページのトップヘ