up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

カテゴリ: 5:緑化

CB部側坑口を出たところ。
緑化は一休みです。
20201214:P1090204(1)1

緑化の工事を重ねて、どうにかコツが分かってきました。
後は、根気よく作業を進めるだけです。
横からの写真を見て、背景とどう繋げるかを考える必要があります。
まずは、坑口壁の背景をどうするか?ですね。
20201105:P1090157(1)1

CB部側坑口の写真です。
緑化が進み、山体もそれなりに良い感じになってきたと思います。
新たな撮影ポイントになってきました。
20201028:P1090141(1)1

緑化は坑口先端部へ進みました。
結構、時間が掛かる作業で、根気が必要です。
少し白っぽく感じるのは、スプレーしたボンド水溶液の為ですが、
ボンド水溶液に色をつける検討も必要かも知れません。
20201021:P1090142(1)1

坑口の左上にクラスターを接着して、スプレーを吹いてみました。
この方法が効率が良いと思えるので、当面、進めたいと思います。
ここへ来て、ttさん、rabbitaさんの言うことが少し分かった気がします。
自分でやってみて、初めて難しさが理解できました。
20201012:P1090127(1)2

さて、緑化には「フォーリッジクラスター」を使うことにしたのですが、
木工ボンドで固着するのは、根元だけなので、触れると取れてしまいます。
そこで、固着したあと、スプレーでボンド水溶液を吹いて見ました。
一晩おいて確認したところ、モクモク感は少し抑えられますが、
触れたくらいでは、取れ無くなりました。
20201009:P1090126(1)

トンネルの上を試しに少し緑化してみました。
使用したのは、24-321「フォーリッジクラスター暗緑色750ml FC59」
KATO(WOODLAND SCENICS MADE IN USA)とあります。
実は、24-318のフォーリッジと、24-321のフォーリッジクラスターの
違いが分からず、両方購入しました。
使ってみると、クラスターの方が、今回の緑化には良さそうです
20201006:P1090124(1)

20170907:P1050900(1)1
シーナリィ028:樹木の選択(1)

ターンアウト部分のバラスト散布は一時中断、樹木の選択をしています。
実は、ターンアウト部の線路着色やバラスト散布は接触不良の恐れがあり、
その対処が明確で無いため、なかなか決断できません。
そこで、一時中断して、樹木選択を始めました。

いつも、お世話になっているNAMRACさんのレイアウトで樹木があるパネルがあり、
そこの樹木が好いなと思っていました。
製作者のKさんに聞いたところ、市販品とのこと。
そこで、通販で探して見たのですが、同じ様な物は見つかりません。
鉄道物のサイトでは樹木はあるのですが、数量のわりに結構高価です。
まあ、暇にまかせて、探しています。

写真はKさんのパネルの一部。
本当は、地面の表現とかを勉強しないといけないのですがね・・・

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。針葉樹の場合、亀の子束子を伸ばしてから切って、適当にトリミングして粉を付ければ同様な物が作れそうですね。広葉樹は、銅線を束ねて捩ってスポンジ付ければ安く大量生産できそうです。削除

2017/9/12(火) 午後 10:55schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。
そうですね、私もKさんのを見て、同じようなことを考えました。
ただ、Kさんが「市販品が良いよ」とのことで、探しています。
だんだん、鉄道より離れたところに注目が行く?
ですが、基本は走りです、これは忘れません。削除

2017/9/13(水) 午後 3:21[ up1853 ]返信する

20170604:P1060272(1)1
シーナリィ018:緑化の順番は?

ターフとか、フォーリッジを購入して検討して見たのですが、
どうも、「緑化」の前にすることが、あるようです。
実は10年前に「バラストの散布」試験?(TB参照)をしていました。
どのような理由で、先に進めなかったかは覚えていませんが、
多分、レイアウトの線路配置が決まっていなかったのが、最大の理由かも知れません。

今回は、「線路の着色」→「バラスト散布」→「緑化」、このような手順を考えてみました。
私の実力?からすると、この3ステップくらいが、丁度良いかも。

後は実行あるのみ、
写真は10年前に「バラストを散布」した基盤です、これを使って「線路の着色」にトライです。

コメント(4)

顔アイコン

こんばんは。いよいよ始まりましたね。大変僭越ですが助言させていただきます。ボンド滴下前にきれいにならすのが容易ではないですよね。そこで2回に分けます。一回目は大雑把に。固着したら2度目の散布です。でも至近距離から見ないと大差ないです。どいうわけで、適当に散布して着色前に気になるところだけ撒き足します。3倍ぐらい時間をかけてもあまり変わらないので、本当にがっかりします。以上です。助言になってないですか?削除

2017/6/4(日) 午後 11:04[ tt ]返信する

顔アイコン


ttさん、コメント有難うございます、助かります。
要するに、忍耐と自己満足でしょうか?その兼ね合い?が難しい。
ところで、今回、線路の着色に初挑戦です。
線路のジョイント部分の着色で、通電不良とならないようにする為には、
どうすれば良いでしょうか?経験が有りましたら、教えてください。削除

2017/6/5(月) 午後 3:28[ up1853 ]返信する

顔アイコン


こんばんは。確かUPさんは、後のことを考えてはんだ付けはしないのですよね? シノハラのジョイントならまず問題は起きないでしょう。私は緩めで容易にはまるカトーのジョイントを多用していますが、新品ならそれでさえ、塗料がしみ込んで通電不良になることはないです。削除

2017/6/5(月) 午後 11:21[ tt ]返信する

顔アイコン


ttさん、再度のコメント、有難うございます。
ジョイントのハンダ付けは、取り外し(メンテ)のことを考えて、
原則的には、しない方針(以前、外すのに苦労しました)ですが、
場合によっては、考慮した方が良いかもしれませんね。
シノハラのジョイントは大丈夫ですか、少し安心しました。
トライして、結果を報告します。削除

2017/6/6(火) 午前 6:52[ up1853 ]返信する

20170601:20170529 K24-310321(1)
シーナリィ017:レイアウトの緑化

背景画購入と同時にレイアウト地面の緑化もして見たいです。

カトーから色々と製品が出ているのは知っていましたが、よく判りません。
そこで、勉強?してみました。

まずは、「スポンジ系素材」
1. ターフ:小粒で背の低い草を表現、ボンド水溶液で固定。
2. コースターフ:ターフより大粒、ターフの上に撒く、これもボンド水溶液で固定。
3. フォーリッジ:細かいネットにスポンジ粒をからませて、立体的に表現とあります。
         木工ボンドで固定。

まあ、色々とありますね、これに色の種類があるようです。
とりあえず、手に入れて試してみる必要がありそうです。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。②と③は持っていて使った事があります。ジオラマ小面積の場合→プラモデルの接着剤で速乾させます。多めに塗って多めに散布して接着できない分は吹き飛ばします。経年で色が褪せるのでスプレーで色を塗装します。削除

2017/6/2(金) 午後 10:17schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。
以前、試験的に線路にバラストを撒いたことがありましたが、
10年ぶりに、レイアウトの緑化?を検討することになりました。
ただ、緑化の前にすることが、あるようで、検討してます。
検索すると、色々と出ていますね。削除

2017/6/3(土) 午後 6:53[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ