up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

カテゴリ: 1:Container Ship

20190718:P1060349(1)1
1:
Container Ship005MARCLOUD  

 

20190516浦賀水道を南下です。

 

総トン数、1万トン位、この位の大きさが好きです。

コンテナ8列を搭載できる幅があります。

積んでいるコンテナは中華系が多いです。

船籍が[AG]とは、中米カリブ海ですね。

 

MARCLOUD

Container Ship

――――――

IMO: 9343699

MMSI: 305158000

Call Sign: V2DB2

Flag: Antigua Barbuda [AG]

AIS Vessel Type: Cargo

Gross Tonnage: 9610

Deadweight: 12773 t

Length Overall x Breadth Extreme: 142.7m x 22.63m

Year Built: 2007

Status: Active

20190712:P1060331(1) まいこ
1:
Container Ship004MAIKO (まいこ)  

 

20190516浦賀水道を南下です。

 

井本商運株式会社所属の内航貨物船。

この形、1:GeneralCargo001の三九さん、公龍丸同じですね。

総トン数(G/T)も749と同じなので、同じシリーズ?

AISのデータでは、こちらはContainer Shipとなっていました。

 

井本商運のHPによれば、

「内航フィーダー輸送の先駆者として、国内主要港と地方港を結ぶ役割をはたしています」

内航船舶も多数所有している模様。

観音崎でもよく見ます。

 

MAIKO (まいこ)

Container Ship

――――――

IMO: 8738134

MMSI: 431000527

Call Sign: JD2630

Flag: Japan [JP]

AIS Vessel Type: Cargo

Gross Tonnage: 749

Deadweight: 1820 t

Length Overall x Breadth Extreme: 96.81m x 14m

Year Built: 2008

Status: Active

20190612:P1070746角度-1(1)1
1:
Container Ship003TS KAOHSIUNG

 

会社概要によれば、

T.S. LINES LTDは、2001年香港に設立、香港/台湾を基点として、

日本、中国、韓国、東南アジア各地を結ぶコンテナ定期航路を皮切りに、

インド、中東、豪州と航路を広げ、現在では約20ヶ国、40余りの主要港を

結ぶサービス網を構築している。

 

写真は浦賀水道を北上。

 

TS KAOHSIUNG

Container Ship

――――――

IMO: 9810068

MMSI: 538007728

Call Sign: V7PC2

Flag: Marshall Is [MH]

AIS Vessel Type: Cargo

Gross Tonnage: 17249

Deadweight: 21475 t

Length Overall x Breadth Extreme: 171.99m x27.5m

Year Built: 2017

Status: Active

20190530:P1070730(1)1
1:
Container Ship002MEMPHIS

 

ONEのコンテナを結構、積んでいました。

浦賀水道を北上です。

 

001MOL MAGNIFIENCDと比べると、

全長はこちらの方が8mほど小さくて、幅も10mほど小さいです。

建造年も2年ほど早いのですが、この差をどうみるか?勉強してみます。

 

MEMPHIS

Container Ship

――――――

IMO: 9348675

MMSI: 636091506

Call Sign: A8OU4

Flag: Liberia [LR]

AIS Vessel Type: Cargo - Hazard A (Major)

Gross Tonnage: 54675

Deadweight: 68618 t

Length Overall x Breadth Extreme: 294.04m x32.29m

Year Built: 2008

Status: Active

 

20190521:P1070622角度-1(1)1
1:
Container Ship001MOL MAGNIFICENCE

 

別の日、浦賀水道でコンテナ船を捕らえました、大きいです。

 

MOL」と書いてあるので、Mitsui OSK Line(大阪商船三井船舶?)でしょうか。

50年前の知識ですが、煙突、橙一色は該当しそうです。

 

ネットで調べると、1964年(昭和39年)に三井船舶と大阪商船が合併とありました。

LNG輸送分野に強みとあります。

2017年(平成29年)7月 日本郵船、川崎汽船と共にコンテナ船事業を統合、

新会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)」を発足。

 

期待していた、コンテナ船(海コン)です。

遠くて、船名は直接読めませんが、帰ってから画像を拡大して船名を把握、

検索して、「MOLMAGNIFICENCE」と分りました。

 

この日は、晴れて光線も良く撮影に良い条件でした、ただ、晴れると暑いですね。

船はここでは12kn(ノット位)(浦賀水道では航行管制を受ける)と、

速度が遅いように思いますが、意外に早く移動して、

浦賀水道を北上して行きました。

 

AISを船名で検索すると、以下が分りました。

 

MOL MAGNIFIENCD

Container Ship

――――――

IMO: 9424900

MMSI: 538003648

Call Sign: V7SG5

Flag: Marshall Is [MH]

AIS Vessel Type: Cargo

Gross Tonnage: 78316

Deadweight: 79417 t

Length Overall x Breadth Extreme: 302m x43.4m

Year Built: 2010

Status: Active

 

このページのトップヘ