up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

カテゴリ: HNモジュール

20181128:P1060863(1)1
鉄道模型・HNモジュール074:作業・ステージ2(13)一応完了

トラブルが続けてありましたが、何とか乗り切りました。

ですが、集中力が尽きたので、ここで一応完了とします。
フログの先端部分はバラスト散布が残りましたが、又の機会にします。

RDC/S-2を置いて記念撮影です、フィギアも置いてみました。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。カタログの表紙みたいになってきましたね。レイアウトは埃や退色との闘いですからこのようなシンプルな状態で充分かもしれません。削除

2018/12/1(土) 午後 11:26schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難う御座います。
HNモジュールなので、他の方のモジュールと接続して走らせることを目的としています。
更に、当方は第五レイアウトへ適用をする為、色々とやっています。
線路着色とか、バラスト散布の試験も兼ねています。削除

2018/12/2(日) 午後 6:35[ up1853 ]返信する

20181125:P1060858(2)1
鉄道模型・HNモジュール073:作業・ステージ2(12)

通電を確保するには、色々な方法があり、ケーブルで繋ぐのが簡単です。
ただ、今回はフログ(可動部分)なので、工夫が必要です。

考えたのが、リン青銅線をハンダ付けして通電させる方法。
リン青銅線は粘りがあるので、可動部分でも使えるかなと思います。
形状を工夫して、フログ動作に対する影響を少なくなるように考えてみました。

20181117:P1060858(1)1
鉄道模型・HNモジュール072:作業・ステージ2(11)

前回に続きバラスト散布です。

フログの先端部分を除き、バラストを散布/固着しました。

予想通りと言いますか、やはりと言いますか、通電不良が発生です。
場所は前回、バラストの小片が挟まったジョイナー部分。
フログの継ぎ目で可動部分ですから、見るからに通電不良が起き易いところです。
ここへ、線路の色付けやバラスト固着で繰り返し水溶液を塗っているので、仕方ないですかね。

何か考えないといけません。

20181114:P1060857(+1)(1)11
鉄道模型・HNモジュール071:作業・ステージ2(10)

前回に続き、ターンアウトのバラスト散布です。

フログの先端部分は要注意、それ以外は大丈夫と思っていたのですが、まさかのトラブルです。

フログの付け根(○部分)にバラストの小片が挟まり、ターンアウトの動作が途中で止まって
しまいました、通電不良は想定していましたが、これは想定していなかったです。

隙間に挟まった小片を丁寧にとり省き、何とか動くようになりましたが、
何が起きるか、判らないですね。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。PECOのNだと〇の箇所の下に補助接点があり、ここにボンドが回って接触不良がありました。16番なら電気的にはもう少し安定していると思います。削除

2018/11/15(木) 午後 7:29schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。
私のレイアウトはシノハラの線路を使用しています。
この件は動作不良ですが、接触不良もでますね。
線路の色付けやバラスト固着等、をしなければ、それなりに安定しているのですが、
水溶液を使う作業をすると、やはり接触不良がでますね。
電気的に安定した方法を考える必要があります。削除

2018/11/16(金) 午後 6:37[ up1853 ]返信する

20181111:P1060855(-2)(1)1
鉄道模型・HNモジュール070:作業・ステージ2(9)

やっと工事再開です。

ターンアウトの外側の部分(写真では下側)にバラストを散布/固着しました。

この部分は可動/通電接続箇所が無いので、トラブルが起こり難い部分でしょう。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。バラストを固着する事は難しいですね。ポイントは傷むし。
乾燥後のパラパラが気になる時はプラモデルの塗料を薄く染みこませました。削除

2018/11/13(火) 午後 5:01schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難う御座います。
パラパラは気にならないですね、ボンドが濃いいのか?少し時間が経つと変わる?
それよりも、動作不良は参りました、想定していなかったです。削除

2018/11/14(水) 午前 8:16[ up1853 ]返信する



20181107:P1060852(1)1
鉄道模型・HNモジュール069:作業・ステージ2(8)

次の作業は右の部分、ターンアウトのバラスト散布なのですが、なかなか進みません。

ターンアウトの接触不良が心配です。

息抜きにフィギアを全て(4体)置いて遊んでいます。

20181104:P1060848(2)1
鉄道模型・HNモジュール068:作業・ステージ2(7)

さて、ターンアウト部分です。

既に、線路の色付けの段階で、通電不良の障害がでましたが、

バラスト固着でもボンド水溶液を使用しますので、それによる通電不良が考えられますが、

まずは、トライです。

20181024:P1060848(3)1
鉄道模型・HNモジュール067:作業・ステージ2(6)

ちょっと一休み、右側がバラストを撒いたところ。

停まっているのは、RDC、ディーゼルカーです。

標準軌サイズと言うことで、日本のディーゼルカーよりも大きい(85ft、約26m)です。

20181017:P1060847(1)1
鉄道模型・HNモジュール066:作業・ステージ2(5)

やっと、バラスト散布です。

とりあえず、今回は直線部分と言うことで、問題ありませんでした。

以前にトライした通りの方法で済みました。

次はターンアウト部分、これが難問です。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。バラストは大変ですね。特に薄木工ボンドを垂らす時。洗剤を少し入れて綺麗に吸わせて。Nのバラストは流されやすかったので注射器(針付き:模型用で尖り無し)が役立っていました。削除

2018/10/19(金) 午後 11:12schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます、
鉄道メーカーのバラストは値段が高い?ような気がしましたので、
東急ハンズで売っていた珊瑚砂を使用しました、色が薄茶ですが、
それが、外国?の感じで気にいっています。今後はウェザリングも予定。
「洗剤を少し入れ・・・」、界面活性剤ですね、気持ち良いように浸透します。
しかし、ターンアウト等の接触箇所にも回り込んで苦労しました。削除

2018/10/20(土) 午後 0:44[ up1853 ]返信する

20181010:P1060846(2)111
鉄道模型・HNモジュール065:作業・ステージ2(4)

直線線路は以前にトライしていましたが、ターンアウト部分の着色は初めてです。

フログ部分の接触は気にしていて、それなりに注意していたのですが、
「クロス部分はマーカーの先が入らず」、着色できないとは思いませんでした。
そこで筆を使った絵の具(アクリル系)になったのですが、
絵の具=水で溶かす、ということで、ジョイナーに回り込むことになりました。

写真の↓部分(4cmくらい)、ここは左側のジョイナーから給電されています。
HNモジュールでは基本的に線路はバス線で給電されているのですが、
信号機の関係で右側にギャプを設けましたので、ジョイナーだけの給電となりました。
このジョイナーに絵の具を塗ったので、接触不良となったようです。

仮処置として、ジョイナーを左右に移動して、通電を確保したのですが、
本処置としては、この部分にも給電ポストを設置する予定です。

コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。やっぱり・・・・・というべきか、UPさんらしい堅牢かつ確実な造りになりますね。削除

2018/10/10(水) 午後 9:27[ tt ]返信する

顔アイコン


ttさん、お早うございます。
作業が遅いので、気をつけてやっていますが、それで更に時間が掛かっています。削除

2018/10/11(木) 午前 7:11[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ