up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2019年02月

20190227:P1070262(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描232:ALCO HH660 MILW#982 (Atlas)

所有する最小の機関車と最大の貨車の組み合わせです。

HHシリーズは全長45ftとの事で、auto rack car(89ft)の半分です。

20190224:P1070263(1)1
アメリカ型貨車:Flatcars(17) 89ft Auto rack car(TTX ATSFロゴ)

この車輌、久しぶりですね、前回から12年経っていました。

大きいので、走らせる機会は少ないのですが、健在と言ったところです。

今回は関連した本(模型誌022:Ch6)に併せて記事を書いています。
TTXのリポートマークは色々あって、この車輌はETTX#852018、
ETTX:89-foot fully enclosed tri-level with hinged middle deck(1973-present)
とありました、なるほどね。

20190221:P1070260(1)
yahooブログの記事

模型誌022:Railroading & The Automobile Industry

この本を、どこの書庫に入れるか?迷ったのですが、
K社発行で、著者の関係から、こちらの書庫にしました。

MRのGUIDE TO INDUSTRIES SERESで、
表題を訳すると、「鉄道輸送と自動車工場」となるのでしょうか。
Intro.で自動車工場の模型作りとあり、
Ch1.鉄道と自動車交通の歴史、
Ch2.製造工場
Ch3.ボックスカーによる輸送、
Ch4.コンテナ、トレイラーによる輸送、
Ch5.オープンauto racksによる輸送、
Ch6.クローズドauto racksによる輸送、
Ch7.配送センター
Ch8.Auto parts cars
Ch9.オペレーション
となっています、全て英語なので訳が適切か判りませんが、
$22ぐらいの本としては、十分に楽しめます。(全て読むのに時間がかかる?)

写真は手前に、Ch6.記載のクローズドauto racksを置いてみました。

20190218:20190217:P1070281(1)1
模型活動:今063:20190217 NAMRAC運転会

17日は、NAMRACさんの運転会でした。
いつもの通り朝一番ですが、前回より少し明るくなっています、でも寒い。

3月で今の会場が使用出来なくなるので、朝行きながら建物の撮影をしました。
話が一段落したところで、レイアウト組立て/走行、しかし外側線(DCC)が、どうも調子悪い、
ショート表示になるようです。
色々と調べた結果、レイアウトに入るところで、被覆が剥けショートしていました。
仮工事をして対処ですが、ジョイナーとかポイントも交換?が必要かも。

続いて、4月からの新会場について、とりあえず皆さんで昼食の買出し時に、
予約をして来たとのこと、一度、使ってみて様子見ですね。

写真は、ALCO RS-3でR.I. #455(Atlas・DCアナログ)+貨車です。

20190216:P1070253(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描231:ALCO HH660 NH#9411 (Atlas)

いつもの事?ですが、購入した物には熱中しますので、多用しています。
小さいのも、丁度良いです。

入換機は写真のように、前側(F)に貨車を繋いでも運用できます。
入換機なので、前側に繋いで押す/牽くもOKです。

20190213:P1070254(1)1
アメリカ型貨車:Caboose(11)GTWのEVカブース(Atlas)の床下機器

GTWのEV(Extended-Vision)カブース(Atlas)の床下機器は写真のようになっていました。

BNのカブースと比べると、少し違います。
カブースのタイプが違いますし、メーカーも違いますから当然かも。

AtlasのEVカブースには、屋根上に渡り板が有る物と無い物があるようで、
このGTWの物にはありません。

20190210:P1070252(1)11
アメリカ型貨車:Caboose(10) UPカブースの床下機器

こちらがUPカブース(UP24552)、↑に電池箱?らしき物が付いています。

Parts Listでは、17.Propane Fuel Cabinetとなっています。

Propane=プロパン?ですかね、アメリカのカブースは進んでいる?
コメント(2)

顔アイコン

今晩は。ファミレスに赤いカブース。こんな感じで日本でもよくありましたね。可愛いUPレストランに見えてきますね。削除

2019/2/12(火) 午前 1:22schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難う御座います。
日本のヨと比べると、アメリカのカブースは大きいですね。
張出窓のところが最高、景色の良いところを、ゆっくり走りたいです。
アメリカ、カナダの雄大な眺めに憧れます。削除

2019/2/12(火) 午後 2:27[ up1853 ]返信する


20190206:20190126:20130319:img041(1)
鉄道模型・考察096:Bay Windowカブースの床下機器Parts List

以前にカブースに組立図があったのを思い出し、その図面を出してみました。
因みに、最近の貨車では、組立図が付いていません。

それを見ると、表面の図はCNW Versionとあり、電池箱?らしき物はありませんでした。
但し、裏面にも図が2つあり、その内のMilwaukee Road Versionの方に付いていました。
Parts Listでは、17.Propane Fuel Cabinetとなっていました。
もう1つの方はPenn Central Versionで、こちらは付いていません。

結局、このカブースは3Versionあり、大きな違いは内部インテリアらしいです。
BNカブースに床下機器は付いていないので、CNWかPenn CentralのVersionのようです。
しかし、そこまで作り分けるかと、感心しています。

コメント(2)

顔アイコン

こんな夜更けに今晩は。鉄コレでも同じく、穴だけあって部品が付いてない事が良くありました。合理的な作り分けなのでしょうが理由が判らないとドキッとしますよね。

2019/2/10(日) 午前 2:00schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、いつもコメント有難うございます。
最初はどこかで落としたと思い、レイアウト上を探したり、
持っていった所を考えたりしましたが、判りませんでした。
その内に図面を思い出し、一件落着となったのですが、
最近は図面が付いていない物が多く、困りそうです。

2019/2/10(日) 午前 9:20[ up1853 ]返信する

20190203:P1070250(1)1
アメリカ型貨車:Caboose(9) BNカブースの床下機器

BNカブース(BN11999)の車輪ヨゴレを磨いて気がついたのですが、
床下に取り付け穴が2つ、あいていました。

因みに、UPカブースでは電池箱?らしき物が付いていました。
レイアウト上に落ちた部品は発見されていません。
それならば、どこかで走らせていた時に、脱落したか?

しかしもう一度、床下の取り付け穴を見ると、部品とかを取り付けた跡が無いですね。
これって、何か部品が付いていた?

コメント(5)

こんにちは
当方も同じ製品のBNとATSF持っていますが、両方とも穴だけで部品はついてませんでした。削除

2019/2/3(日) 午後 0:39[ maki ]返信する

顔アイコン


makiさん、コメント有難うございます。
最近になって、気が付きました。(購入から随分と経っています)
UPの方が付いているので、少し調べて、次回、報告予定です。削除

2019/2/3(日) 午後 2:56[ up1853 ]返信する

顔アイコン


☆ ブログのURLをご覧ください削除

2019/2/5(火) 午後 10:42[ SDTM ]返信する

顔アイコン


☆弊BLOGに関連記事をアップしました。削除

2019/2/6(水) 午前 8:43[ SDTM ]返信する

顔アイコン


SDTMさん、コメント有難う御座います。
私のは、WALTHERSのBN/Bay Windowカブースで、
SDTMさんのは、AtlasのBN/Extendedカブースですね。
私もAtlasのを持っているので、調べてみます。削除

2019/2/6(水) 午後 0:47[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ