up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2018年09月

20180930:P1070067(1)1
アメリカ型DL056:ALCO HH660 MILW#982

さて、MILW#982、MILWとはMilwaukee Road、
正式には、Chicago, Milwaukee, St. Paul and Pacific Railroadと言います。

HH660の在籍両数は4両。
Original Road numberの「1602」が、re-numberで「982」になったようです。
6-cylinder Mclntosh and Seymour 538 engine(660hp)を搭載しています。

少し慣れてきたので、CV=03~06を変更、問題ないです。
場所を移動して撮影、背景画の効果に満足しています。

20180926:P1060842(2)
鉄道模型・HNモジュール063:作業・ステージ2(2)

いつも使っているマジックは、「PILOT」のツインマーカーと言う茶色の物。
紙や木などには、良いのですが、レール(金属)に塗ると赤くなってしまいました。

そこで、「三菱」のペイントマーカー、茶色を購入して試してみました。
こちらは、色付きも良く落着いた感じになりました。

コメント(6)

顔アイコン

今日は。三菱ペイントマーカー。ホームセンターで金色を買ってプラモデルに試してみました。発色がいいのですが、ボタッとして細かい塗り分けが厳しいです。レールにはピッタリですね。削除

2018/9/26(水) 午後 0:37schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難う御座います。
手が不自由なので、筆より持ち易いですが、クロス部分の内側に届かず、
結局、筆が主、マーカーが従になりました。
確かに、ボタッとしていますが、補修には良いです。削除

2018/9/26(水) 午後 1:44[ up1853 ]返信する

こんばんは。
トミックスから錆色のペンが販売されてますよ。
おすすめです。削除

2018/9/27(木) 午後 10:23[ はる ]返信する

顔アイコン


仙ココさま、情報、有難う御座います。
使った感じはどうですか?今度、お店で見てみます。削除

2018/9/28(金) 午前 6:59[ up1853 ]返信する

> up1853さん
こんばんは。
3本セットなのですが、それぞれ色が違って手軽にレールの錆色が再現できるので大変おすすめです!削除

2018/9/28(金) 午後 10:47[ はる ]返信する

顔アイコン


仙ココさま、コメント有難う御座います。
色々な錆色があるのですね、試して見ようと思います。削除

2018/9/29(土) 午前 8:33[ up1853 ]返信する

20180923:P1070064(1)1
アメリカ型DL055:ALCO HH660 MILW#982

最近は小型機中心の稼動となっており、その影響で新規に購入です。

しかしながら小型機なら、どこでも良いと言う訳ではなく、ALCOときめています。
そして製品はAtlas製、まあ一種の縛りでしょうか、購入にハドメ?をかけています。

購入してからネットで調べたのですが、HHシリーズは1931~1940の製造で、
「HH」とは「High Hood」、それに続く数字は馬力(hp)を表しています。
HH600/660とHH900/1000、それぞれの製造量数は(79+43)、(21+34)。
600と660の違いはエンジン種別、600と900の違いはターボチャジャーの無/有です。
HHシリーズの全長は45ftで、Sシリーズ(S-1/2)と比べても小さいです。

写真は床下機器が写るように、何回かトライしました。

20180919:P1060841(1)1
鉄道模型・HNモジュール062:作業・ステージ2(1)

さて、作業ステージ2の開始です。

まずは、線路の色付けから、ターンアウト部分が要注意です。
筆を使用する方法が一般的と思うのですが、私は写真のように、マジックペンを使いました。
持ち手が太く、扱い易いのですが、色が少し赤いような・・・

20180916:P1060900(1)11
鉄道模型・考察093:CB部のターンアウト通電不良

久しぶり?に接触不良による通電不良が発生です。(→:進行方向)

第五レイアウトのターンアウトは、ほとんどがDC時代からの流用でギャップが切ってあります。
その為、通電はフログの接触によりますが、ターンアウトマシンは全てモーター式ですから、
フログの接触力は強く、ほとんど接触不良は発生しません、但し稀に発生します。

原因としては、フログ接触面(○部分)の酸化やゴミによる通電不良と考えられます。
今回は接触面を磨いて解決しましたが、発生頻度が高いようであれば、
補助接点を利用して給電する方法も考えられます。

20180912:P1070024(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描223:現在、稼働中の機関車

右から、ALCO S-2、EMD MP15DC、共にAtlas、更にFM H10-44 Walthersです。

現在はこの3台が稼動、貨車の留置/交換に更に1台を動かしています。

この3台、すべてL型の小型機です、前/後、どちらでも貨車を繋いで絵になるからです。
以前は大型機(と言ってもDash 8まで)も稼動していましたが、最近はご無沙汰です。
どちらでも貨車を繋げるので回送動作不要、小型機+貨車2~3台、この辺りが良いようです。

20180909:P1060883(1)
第五レイアウト212:RF部の信号機

左側が内線、右側が外線です。

機能は、内線が単純に在線検知のみ、一方の外線は在線検知に加えて、
ターンアウトの方路によるロジックを組み込んでいます。

コメント(2)

顔アイコン

★ おぉ!白い貨物。refeer?削除

2018/9/9(日) 午後 11:16[ SDTM ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、コメント有難う御座います。
ハイ、UPのrefeerです。
最新式過ぎるので、どうかな?と思ったのですが、誘惑に負けて購入。
走りは良いですが、大きい(64ft)です。削除

2018/9/10(月) 午前 6:36[ up1853 ]返信する

20180905:P1060893(1)1
第五レイアウト211:RF部内線の信号機

RF部で内線に停車中のMP15の列車。

手前の信号はMP15が在線中で赤、

奥の信号は、この先のクロス部分が横切り優先の為、赤表示です。
横切り可となるターンアウト操作に連動するロジックを組んでいます。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。書割が上手く馴染んでいますね。
信号も光っているし、バラストが撒かれれば、ほぼ完成ですね。削除

2018/9/7(金) 午後 7:45schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難う御座います。
バラスト撒きは、HNモジュール・ステージ2(記事はこれからです)で、
体験していますが、問題?が多く出て、一苦労でした。
こちらへの適用は、まだまだですね。削除

2018/9/8(土) 午前 9:42[ up1853 ]返信する

20180902:P1060885(1)1
第五レイアウト210:MP15とReefer

こちらはバック運転のMP15。

バックのライトを点けさせる為、低速で運転しています。

撮影モードは簡単モード(f=3.3、1/10秒)でした。
少しブレますが、目立ちません。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。列車等長い模型を撮影する時は、前後のピントが難しいですね。
fを大きく、部屋を明るくしてカメラを固定するといいそうです。削除

2018/9/4(火) 午前 11:37schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難うございます。
このカメラは10年以上使っていますので、一応、慣れています。
基本的に、カメラは線路上に置き、絞り優先です。
部屋の明るさは、暗くするのは、カーテン等で可能ですが、
明るくするのは、難しいので、明るい時間を選んで、撮影しています。
長編成物はピントが難しいですね、カメラの特性を見ながら、何枚が撮り、
一番良いのを使うようにしています。削除

2018/9/5(水) 午前 8:02[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ