up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2018年04月

20180429:P1060605(1)1
第五レイアウト207:EMD SD9 DRGW#5312

こちらは、ウヲルサーズのEMD SD9、早いもので購入から6年経ちました。

当初、連結器と排障器が干渉するトラブルがありましたが、
排障器を少し削って、干渉を防止しています。
それ以外は順調で、DCC動作も問題無く、スローも良く効きます。

貨車連結面の連結器をACCUMATEに交換してありますので、
今回、金属連結器(貨車)との連結/解放を試験しました。
結果は問題なしで、ヤレヤレです。

20180426:P1060758(1)1
第五レイアウト206:2018年度の活動方針

2018年度(4月~翌年3月)は既に始まっておりますが、
活動方針を決めました。

2018年度活動方針
1. 貨車一台をウェザリング(目標:8月まで、PS-2カバードホッパーを予定)
2. レイアウトRB部奥側の壁に背景画を貼る。
3. HNモジュール(既設)にバラストを撒く。

一応、以上です。
歳と共にだんだん億劫になり、なかなか行動できませんので、
宣言することで、やる気にならざるを得ない状況にしてみました。
又、1月~3月は寒いので作業効率?が落ちますから、12月までが勝負です。

写真はレイアウトRB部奥の壁、ここに背景画を張り付け予定。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。若い頃は億劫ではなくもお金が無く模型が買えなくて、
次第に物は買えつつも億劫になる、模型人生の難しいところですね。
見守っておりますので是非達成されて下さい。削除

2018/4/26(木) 午前 11:33schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難うございます。
ようは、気力の問題だと思うのですが、一応、走るようになると、
その先が進まない?
ただ、この2年ぐらいで、今まで出来なかった、ウェザリングとか背景画に
取り掛かれるようになりましたから、この流れを維持したいと思います。
いつもお世話になっております。これからも宜しくお願いいたします。削除

2018/4/26(木) 午後 9:51[ up1853 ]返信する

20180424:20180412:img260(1)
yahooブログの記事

写真海外067:197809xx スイスの旅(60)

Zermattから線路沿いに北方へ歩いてきたと思います。

片側は山ですが、川が流れていて広くなっています。

写真の方向は北側、電車が牽く客車列車の編成です。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。スイスにしては珍しく平らなところがあるのですね。平らな牧草地はレイアウトの題材みたいですね。削除

2018/4/25(水) 午後 0:10schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。

Zermattから、北へブラブラと歩いて、広いところに出ました。
線路のむこう側に川が流れています。
そう言えば、写真の反対側には柵があり、牛が放牧されていました。
ここは、周りに遮るところがなく、列車の写真を撮るには良いところでした。削除

2018/4/25(水) 午後 10:05[ up1853 ]返信する

20180422:P1060601(1)1
第五レイアウト205:S-2 UP#1136

現在、レイアウトの入換え業務?は、このS-2(ALCO)が担当しています。

この機関車(Atlas)の連結器は前後ともプラのACCUMATEです。

基本的にAtlas製の貨車はACCUMATEですから、連結/解放は良好です。
今回は、ウヲルサーズの貨車も連結/解放が良好と分かりましたので、対応が広がります。

写真はUPのBay Window Caboose(ウヲルサーズ)、入換機はどちらが前でも画になります。

20180418:20180221:197809 img253(1)
yahooブログの記事

写真海外066:197809xx スイスの旅(59)

こちらも車輌留置場?に止まっていた電車。

2両編成電車+客車と言う構成です。

こちらの電車は客車も繋げるのですね。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。シンプルな架線柱ですね。屋根の機械はダイナミックブレーキの抵抗器でしょうか。削除

2018/5/4(金) 午前 0:09schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。

最近の電車では、クーラーユニットあたりしか無いですね。
普段、見えない屋上機器が好きで、俯瞰撮影なども意図的にしました。
出力が大きいのに、客室があるので、屋上配置でしょうか。
交流機の屋上配線なども魅力的ですね。削除

2018/5/5(土) 午前 8:22[ up1853 ]返信する

20180415:P1060526(1)1
第五レイアウト204:L&N #1318の貨車切離し(追加)

機関車側の連結器はプラのACCUMATE、貨車側がKD#5です。

どうして、この組み合わせが、上手く解放できるのか?

推測ですが、KDがアンカップラーに反応し易いのと、ACCUMATEは解放ピンが
中心を越えないからと思います。
互いにKDだと、どちらか一方がアンカップラー上で反対側に引っ張られてしまい、
中心を越えて解放できないときがあるように思います。

因みに、ウヲルサーズの貨車のカップラーは、KDに良く似ており(金属製)、同じく解放できます。

20180412:20180221:197809 img252(1)
yahooブログの記事

写真海外065:197809xx スイスの旅(58)

車輌留置場の上の道に移動してきました。

移動の間に、凸型電機が入線してきました。
光線が逆ですが、上方からの撮影なので、何とかなりました。

形式はHGe4/4と言うらしいです。
所謂、「クロッコダイル」とは違い、台車を履いていますが、好ましい形です。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。日本の線路みたいなプロポーションですね。メーターゲージらしく車体の腰が低めでバラストが細かめに見えます。削除

2018/4/15(日) 午前 0:15schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。

この機関車の形、それに赤い色も良いです。
改めて写真を見ましたが、道床が新しい?or手入れが良い?
この車両留置場、作ったばかりか?それとも、スイス人気質?削除

2018/4/15(日) 午前 7:06[ up1853 ]返信する

20180408:P1060524(1)1
第五レイアウト203:L&N #1318の貨車切離し(追加)

切離しがスムーズにできる貨車の追加です。

今回、追加できたのは最初にウェザリングした、Atlasのカバードホッパーです。
これは、NAMRACさんの規定?で連結器をKD#5(金属)に変えていたのですが、
どうもこれが、良い?ようで、スムーズに切離しが出来るようです。

機関車側の連結器はプラのACCUMATEが付いていて、
これまでは、この方が開放性に優れていると思っていたので、意外でした。
その理由が何か?検討が必要です。

20180404:20180221:197809 img251(1)
yahooブログの記事

写真海外064:197809xx スイスの旅(57)

この写真は、ツェルマット駅手前にある線路が膨らんだ車輌留置場?です。

ツェルマット駅への本線は右手前のトンネルを抜けて奥の駅に繋がっています。

現在のGoogleマップで見ても、この留置場はありました。

コメント(6)

顔アイコン

こんばんは。 さっそくGoogleマップを見ました。トンネル上の獣道みたいなところにストリートビューで降りられますね。それにしてもなぜ山を切り崩さずにトンネルをほったのでしょう? カーブして駅に至る線形や配線も魅力的ですが、色々興味深い駅ですね。削除

2018/4/5(木) 午後 7:45[ tt ]返信する

顔アイコン


ttさん、コメント有難うございます。

なぜ?、トンネルを作ったか?多分、道の方が先にあった?ですかね。
当時は駅にも屋根は無かった?と思うので写真を探してみます。削除

2018/4/6(金) 午後 5:58[ up1853 ]返信する

顔アイコン


ストリートビューでカバーしているぐらいですから、地元の人にとっては重要な生活道路なのでしょうか? しかしそのためにトンネルまで掘ってしまうのはヨーロッパ人だから? スイス人だから? ドイツ系(おそらく)だから? さすがですね。 日本や中国ではありえないです。削除

2018/4/7(土) 午後 10:51[ tt ]返信する

顔アイコン


ttさん、コメント有難うございます。

この写真で見ても、はっきりした道ですから、変更は考えなかったのかも。
現状維持を優先しているのでしょうね、やはり人種に起因している??削除

2018/4/8(日) 午前 11:01[ up1853 ]返信する

顔アイコン


今晩は。不思議な構造になっていますね。スイスの要衝は有事に壊して侵入国に渡さない構造になっていると言われているそうです。ここではトンネルと道路が運命を共にしているのかもしれません。削除

2018/4/8(日) 午後 11:29schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。

色々な意見がありますね、改めて考えてみると、
元々は、車両留置場が無かったので真っ直ぐに駅へ行っていた?
その後、車両留置場を作ったので、駅へ向かう線をトンネルにして作った?
良く判りませんが、考えるのも楽しいです。削除

2018/4/9(月) 午後 1:49[ up1853 ]返信する

20180402:P1060510(1)1+10
第五レイアウト202:L&N #1318の貨車切離し

この貨車がGSC 4-Axle Depressed-Center Flat Car。

昔(5年ほど前?)は、簡単に手に入ったのですが、最近は売っていないですね、
この形が好きで、ビデオ撮りなどで重宝しています。

連結器はKD#5にソックリ(金属製)ですが、たぶんKDではない?

肝心の解放については、機関車側のトリップピンの具合と思うのですが、今のところ不明です。
解放できる貨車があると言うことで、一安心ですが・・・

このページのトップヘ