up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2016年10月

20161030:P1050581(1)1+鮮やか-100
鉄道模型・シルエット写真028:写真の白黒化、パソコンの違い?

何枚かの写真を白黒化して気がついたこと、
それは、パソコンにより明るさが違うのです。

基本的にXPパソコン(オフライン)で編集して、完了したらデータを
Windows7パソコン(オンライン)でアップしているのですが、
たまたま、同じ画像を見ていたら、Windows7パソコンの方が明るい?のに気がつきました。
同じデータで、こんなに違う?と思ったのですが、考えてみれば、
液晶パネルも進化しているので、差が出ても当然と思うようになりました。

そこで、XP側では少し暗めに設定することにしました。
これで、様子を見てみようと思います。

20161027:P1050592(1)1鮮やか-100 明るさ-5
鉄道模型・シルエット写真027:写真の白黒化、明るさを-5

今回も明るさ-5です。

今回は機関車の台車周りが少し暗くなるように設定しました。

カブースの台車周りは見えないですね。
光線の当たり具合も考えた方が良いようです。

20161023:P1050580(1)1鮮やか-100 明るさ-5
鉄道模型・シルエット写真026:写真の白黒化、更に明るさを-5

写真の白黒化と言うことで、シルエット写真の書庫にしました(20170204)

キハ58さまが「光や影の分布を活かせるか・・・」と言っていました。
前回、写真の白黒化(TB参照)を行っただけで、その辺りまで考えがゆきません。
そこで、今回は明るさを調整してみました。

前回の写真、良い感じですが、若干明るすぎる?気がします。

添付の写真は明るさ-5に設定ですが、どうでしょうか。

コメント(4)

顔アイコン

☆ お久しぶりです。白黒画像は結構難しいですよね。
SDTMならこのように加工しますという例をBBSに貼り付けます。削除

2016/10/24(月) 午後 11:23[ SDTM ]返信する

顔アイコン


SDTMさん、お早うございます。
ご無沙汰しております。
白黒画像はカラーとは違う感じが楽しめるような気がします。
BBS、拝見します。

2016/10/25(火) 午前 8:35[ up1853 ]返信する

顔アイコン


デジタル画像には 「トーンカーブ」 という概念があって、例えば
暗い部分は明度を抑えめに、明るい部分は軽く持ち上げる
(コントラストを強調する)というレタッチが可能です。
またこれとは別に「周辺減光」という手法もあって、主題の被写体は明るく残し、
画の辺縁へゆくほど暗くして存在感を際立たせるという手段もあります。
「覆い焼き」といって、台車のディテールを部分的に浮き上がらせたり、
「焼き込み」といって、たとえば機関車ボディーや青空を局所的に引き締めるなど、
これらは銀塩作品を仕上げる際に用いられる手法ですが、デジタルにも応用可能です。
色調も、彩度の全く無い純黒調だけでなく、ほんのりセピア色(温黒調)やシアン色(冷黒調)など、表現の狙いに応じて微妙に味付けすることもできます。
いろいろ並べてしまいましたが、モノクロームは非常に奥が深いようです。
ひとつひとつ試しながら、作例を重ねてゆかれると面白いかと思います。

2016/10/29(土) 午後 1:38kiha58_1523返信する

顔アイコン


キハ58さま、コメント有難うございます。
色々と手法があるのですね。
私の撮る写真は小レイアウトで光源も限られ、明暗差が出にくいのですが、
ひとつひとつやって行きたいと思います。
色々と出来て、楽しみです。

2016/10/29(土) 午後 6:25[ up1853 ]返信する

20161019:P1050617(1)1鮮やか-100
鉄道模型・考察087:写真の白黒化

元々、白黒写真は好きで、フィルムのときは半分以上が白黒でした。
デジカメになってからは、カラーが普通でしたが、
今回、「キハ58」さまの記事を見て、白黒化に挑戦です。

アメリカ型は機関車も貨車も色が綺麗なので、白黒化を考えたことはありませんでした。
PCだから、白黒化は簡単に出来るだろうと思っていたのですが、
逆にメニューがあり過ぎて、どれをやったら良いか?分かりません。

とりあえず、画像編集→色→鮮やかさを-100にしたら、添付のような結果になりました。

コメント(2)

こんばんは。そして、はじめまして。
「ワタクシの趣味のブログ」の主、
iwate73shoといいます。
HOゲージでアメリカ型とはすごいですね。私は家のスペースの関係上、HOは
不可能ですが、外国型にも興味あるんです。KATO製がやっとでしょう。
あなたのブログ記事を見てみたいので、今後ともよろしくお願いします。

2016/10/23(日) 午後 6:10[ - ]返信する

顔アイコン

お早うございます、こちらこそ、宜しくお願いします。
アメリカ型になった一番の理由は、値段が安いことですが、
他にも、色々と理由はあります。
まあ、鉄道が好きと言うことでしょうか。

2016/10/24(月) 午前 7:39[ up1853 ]返信する

20161016:P1050569(1)
第五レイアウト190:デルタ部のBackdrop変更

以前、デルタ部のBackdropを少し延長しました。

今回は本格的に、Backdropに背景画を貼り付けることを検討中です。

その為、Backdropを同じ高さにして、延長することにしました。
背景画は、まだ決まっていませんが、漸く始動です。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。レイアウトの外側が写っている貴重なシーンですね。
雑誌の趣味の部屋に近くなってきています。
2枚のレイヤー:バックドロップ+2Dの紙ストラクチャーにしてみたくなります。

2016/11/15(火) 午前 1:07schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、お早うございます。
背景用の板を設置してから、大分時間も経ちましたので、
そろそろ具体的なイメージを形にしたいと考えています。

2016/11/16(水) 午前 8:54[ up1853 ]返信する

20161012:P1050562(1)31
鉄道模型・レイアウト寸描195:CF部の側線延長部B&M S-2

B&MのS-2#1260。

側線延長部分に停車中です。

後の信号所の建物に光が映っていますね。
左の方はS-2のリアライトと思うのですが、右の方は何だろう?

コメント(2)

顔アイコン

強い輝点が画角の中にあると、レンズ光軸の点対称位置に虚像が生じることはありますが、
どうやらそういうものでもなさそうですし・・・
ストラクチャー(信号所)の窓ガラスの成す角度が、たまたま複数の反射像を映し出すような案配
になっていたのかもしれませんね。それはそれでかなりレアな偶然ですけど。

2016/10/16(日) 午後 8:29kiha58_1523返信する

顔アイコン

キハ58さま、コメント有難うございます。
少し調べた限りでは、窓の傾斜は無いようですし、2つ?と言うのが、疑問です。
しかし、光源は限られていますから、それを遮断すれば分かると思うので、
一つ、一つ調べて行こうと思います。

2016/10/17(月) 午前 7:29[ up1853 ]返信する

20161009:P1050588(1)1+10
鉄道模型・レイアウト寸描194:GM&OのRS-3

GM&OのRS-3#1515。

S字部分を抜けて、右にカーブしたところです。

少し高い位置から、後追いで、
この辺りは、光源から離れている為、台車周りが少し暗いです。

20161006:P1050586(1)1+10
鉄道模型・レイアウト寸描193:GM&OのRS-3

GM&OのRS-3#1515です。

S字部分を走行中。
この辺りは、真上に光源があるので、台車周りも明るいです。

20161003:P1050601(1)1
鉄道模型・活動:今040:20161002 NAMRAC運転会・レイアウト工事

9月に行った例会でのレイアウト改良の工事が主体でした。

ターンアウト(カトー)の通電トラブル改良に配線+SWを追加。
一応、効果がありました。
レイアウトの歪調整については、線路を追加した部分にバラストを敷いて調整。
引き続き調整工事となりました。

写真はトンネルをでる、RS-3+カバードホッパーです。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。いつもの列車もトンネルを走って楽しそうに見えます。
ポータルの黒い紙を覗き込むだけでどんな列車がくるかワクワクできます。削除

2016/10/12(水) 午前 0:53schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難うございます、お元気ですか?
やはり、いつもと違うところを走るのは、良いですね。
このトンネル、カーブしており、なかを黒く塗っているので、
光が洩れず、効果ありです。削除

2016/10/12(水) 午前 7:55[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ