up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2015年11月

20151129:P1040626(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描173:RS-1の牽く石炭列車(6)

列車が到着、アンカップラーを使って機関車の切離しに成功。

列車は別の機関車で、再度出発です。

信号所の位置も変えてみました。

20151125:P1040625(1)1+
鉄道模型・レイアウト寸描172:RS-1の牽く石炭列車(5)

S字線の出口、クロッシングの通過待ちで停車中。

20151122:P1040611(1)1+
鉄道模型・レイアウト寸描171:RS-1の牽く石炭列車(4)

S字カーブを通過中。

レイアウト外の少し高めの位置からです。
このアングルが一番好きです。

コメント(2)

顔アイコン

やっぱりこのアングルでしょう!! 貨車の四角い枠がずれてゆくところが妙味なのですよ。削除

2015/11/22(日) 午後 11:20[ tt ]返信する

顔アイコン

ttさん、コメント有難うございます。
やはり、このアングルですよね!
短い貨車を連結していると、急カーブも目立たなくて良いです。

2015/11/23(月) 午前 8:17[ up1853 ]返信する

20151120:P1040623(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描170:RS-1の牽く石炭列車(3)

S字線に入り左のカーブを走行中、後追いです。

20151118:P1040620(1)1+
鉄道模型・レイアウト寸描169:RS-1の牽く石炭列車(2)

内線を走行中です。

20151115:P1040606(1)1+
鉄道模型・レイアウト寸描168:RS-1の牽く石炭列車(1)

1940/50年代の主要な荷物は石炭かなと思います。
ただ、現在でも石炭輸送は重要な位置にあるようで、
「BLACK DIAMONDS」とか、「COAL:Still king but for how long?」
などと言われているようです。

写真は外線走行中のRS-1列車です。

20151111:P1040605(1)1+
鉄道模型・考察083:ALCOの機関車

1940年代、50年代製造のALCOの機関車です。
右から、S-2、RS-1、RS-3と並んでいて、積荷の設定は石炭。

S-2は側線の入換えと言うことで単機。
RS-1は2-Bay Offset Hopper、RS-3はAAR 70-Ton 9-Panel Hopperを牽いています。

これ全てAtlasの製品で、D101(Digitrax)との相性が良いと思います。
因みに、デコーダーはESU LocSoundです。

コメント(2)

こんにちは。我が家の様にEMDやGEの近代型ばかりですとアルコのデザインも気にはなるのですが、なかなか入手には至りません。
娘の旧型貨物列車用の機関車を探さにゃなりませんが、その予算が、、、(汗)

2015/11/11(水) 午後 0:22[ あっしー ]返信する

顔アイコン

あっしーさん、コメント有難うございます。
私もEMDのGP40/38やGEのDash8が多いです。
ただ、最近はALCOのRS-1/3やS-2など、中小型機になっつています。
ロングフードが前(F)の形が良いです。
旧型貨物用だとGP7/9辺りが良いのでは、SD7/9もありですね。

2015/11/12(木) 午前 7:29[ up1853 ]返信する

20151108:P1040597(1)1
鉄道模型・考察082:模型の撮影

以前から、撮影は「目線を下げて」、「絞って」を実行していますが、

最近、TVで自撮をする時は、「遠距離からズーム」で撮る方が良いと言っていました。

模型でも、「近距離からアップ」よりは、「遠距離からズーム」の方が良いと、個人的には思います。

この写真も、少し距離をおいて、ズームで撮りました。

コメント(4)

顔アイコン

今晩は。このように、ある程度離れたところから、ズームで撮影すれば、ピントが柔軟になると思います。模型の場合/長い車両の場合は特に効果的だと思います。

2015/11/18(水) 午前 1:47schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難うございます。
小さいレイアウトなので、距離をとるのは難しいのですが、
カーブと組み合わせて色々と工夫?しています。

2015/11/18(水) 午前 7:30[ up1853 ]返信する

顔アイコン

背景まで含めた全体のフォーカス合わせを優先するなら広角で
車両のプロポーション再現を最優先するなら換算50ミリ前後で
長編成の威圧感を表現するなら望遠で
・・・と大雑把に考えてはいるのですが16mmゲージは殆ど撮ったことがないので
未知の領域です。
疑似的な人間の目線を再現しやすいのは16mmの強みですね。

2016/10/12(水) 午前 2:19kiha58_1523返信する

顔アイコン

キハ58さま、コメント有難うございます。
広角だと、車両のプロポーションが崩れる?ので、望遠ぎみですかね。
ただ望遠だと、ある程度の距離が必要なので、その辺りの兼ね合いが難しいです。
小レイアウトなので場所が・・・でも、楽しみではあります。

2016/10/12(水) 午前 8:12[ up1853 ]返信する

20151105:P1040596(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描167:Grain Elevator

1940/50年代を新たな目標に決めたのですが、そうすると、このElevatorも交換かも?

全体としては良いのですが、カバードホッパー用の積み出し口を追加したので、
1970年代になっている?

因みに、この写真、近距離からのアップになっています。

コメント(2)

おひさしぶりです。このエレベーターとホッパーピンならば、60年代も余裕ですし、
50年代でもギリギリ入りますかね。
50年代でも新しい物好きな業者なら早速採用されているタイプのホッパーピンですので大丈夫かと思いますよ。
むしろ、それ以降の年代ですと積み込み場所&ホッパーピンを建屋にしてしまうパターンが多いようですのでね。
ACFカバードホッパの上に立つフィギュアが良いですね~。

2015/11/6(金) 午後 7:17[ あっしー ]返信する

顔アイコン

あっしーさん、コメントありがとうございます。
そうですか、大丈夫ですか。50年代は石炭かな?と思うのですが、
良いサイズのストラクチャが無くて、考え中です。
このフィギアは万能でして、今までも色々と活躍しています。
置いただけで、立つバランスの良さに感心しています。

2015/11/7(土) 午後 6:53[ up1853 ]返信する

20151102:P1040308(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描166:S-2 B&M#1260 & MP15DC BN#1002

左側がS-2、右側がMP15DC、共にAtlasの製品です。
S-2は2014年に購入、MP15DCは2007年に購入です。

実際の製造はS-2が1940年代、MP15DCが1970年代中頃です。
S-2はALCO製、MP15DCはEMD製。

今までGP40/38+MP15DCの1970年代を目標としていましたが、
C420のサウンドを聞いて以来、ALCOが好きになってしまいました。

これからはRS-1/3+S-2の1940/50年代を目標としようかなと思います。
この年代はB-B機+40/50ftの貨車が主で、小さいレイアウトに向いています。
もっとも、客車列車の黄金時代でもありますが・・・

このページのトップヘ