up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2015年03月

20150322:P1040162(1)
第五レイアウト174:内側線信号機の設置完了

内側線信号機の設置が完了しました。
右側の信号機(外側線)も立てて2本になりました。

合流、横切りによる「赤」信号表示の機能もOKです。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。弄り屋と取りっこの末、PC2台とも壊しており、やっと1台を直しました。
Fユニットのエンパイア色が素敵ですね。削除

2015/3/26(木) 午前 0:25schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、お早うございます。
PCが不調でしたか、どうしたかな?と思いました。
GN→BN→BNSFと変わっていったのですが、
オレンジ/グリーンは健在ですね、この色、私も好きです。削除

2015/3/26(木) 午前 7:41[ up1853 ]返信する

20150319:P1040160(1)1
第五レイアウト173:内側線信号機の試験点灯

点灯試験を実施、OKです。
続いて、クリアランスの確認、これも問題無いようです。

次に横切りやら、合流の機能を付加する予定。

右に見えるのは、既設の外側線信号機、
工事の時はクッションに包んで倒しておきます。

20150317:P1040157(1)11
第五レイアウト172:内側線の信号機用ギャップ作成

少し暖かくなりましたので工事開始です。

内側線に信号機を設置すべく、まずは閉塞区間の設定です。

閉塞区間開始のギャップを切りました。(↑の位置)
この上側に信号機を設置予定です。
列車長、他を考えて閉塞区間終了のギャップも必要です。

20150315:20150313:img115 150dpi(3)1330-51
鉄道模型・レイアウト図面001:内側線信号機を追加(第五レイアウト)

遅ればせながら、「レイアウト図面」の書庫を作りました。
レイアウトの線路配置やストラクチャーの配置が判るようにしました。
今後はこの書庫に登録予定です。

図面上に内側線信号機の位置を記入しました。

通常のブロック閉塞機能の他に、
1・横切りによる閉塞機能
2・合流による閉塞機能
を持たせたいです。


・以下は今までにブログに載せた図面などです。
 第五レイアウト168:情報追加 URL: http://blogs.yahoo.co.jp/up1853/46826583.html
 第五レイアウト161:信号機の位置を検討 URL: http://blogs.yahoo.co.jp/up1853/46775407.html
 第五レイアウト160:図面上で運転方向を検討
 第五レイアウト151:第五レイアウトのレビュー
 第五レイアウト138:デルタ部のコード83
 第五レイアウト137:デルタ部の線路配置図面
 第五レイアウト133:レイアウトの嵩上げ図面:
 第五レイアウト122:レイアウトの分解手順
 第五レイアウト109:線路配置再検討(案)1
 第五レイアウト107:線路配置変更
 第五レイアウト097:線路配置の情報追加
 第五レイアウト086:第五レイアウト、次の作業は?
 第五レイアウト085:第五レイアウトの現状(201209)
 第五レイアウト058:第五レイアウトの線路配置
 第五レイアウト033:側線追加の図面
 第五レイアウト007:線路配置・案(2)の検討
 第五レイアウト002:線路配置の検討
 第五レイアウト001:計画開始
 
 第四レイアウト139:線路配置変更(8)
 第四レイアウト138:線路配置変更(7)
 第四レイアウト105:まずは図面を整備
 第四レイアウト086:第四レイアウトのポイント電動化状況
 第四レイアウト084:第四レイアウトの線路配置改定
 第四レイアウト061:早速、線路配置を描いてみました
 第四レイアウト003:コントロール盤配線図
 第四レイアウト002:基盤カット図面
 第四レイアウト001:線路配置

 模型活動・今002:12月例会(20071216)
 (鉄道サークルのレイアウト)

20150312:P1040144(1)1
鉄道模型・第五レイアウト171:外側線上から見た、内側線の信号機位置

外側線上から内側線の信号機位置を確認しました。

本当は直線区間に並べて置いた方が良いのですが、
ビデオカメラの大きさの関係で、少し線路間隔が空いている曲線区間を選びました。

20150309:P1040139(1)1
鉄道模型・第五レイアウト170:内側線にも信号機を検討

動画が3本続きましたので、工作記事です。

外側線の信号機の位置や機能が確認できましたので、内側線にも同じ様な位置で検討です。

設置場所は良いのですが、問題はクリアランス、特にビデオカメラを積んだ車両です。
今までは、グリップベルトがあるので右側に障害物が無いようにしていましたが、
今回の内側線の信号機設置で障害となることが避けられませんので、
グリップベルトを切ることにしました。

L字の金具を置いてクリアランスを確認しています。

20150308:M1070001(1)+10
鉄道模型・動画200:CF部側線・貨車連結

CF部の貨車を連結しました。
連結の方が、緊張?しますね、何故だろう。

側線のターンアウトを切り替えてから、
1. 連結する貨車を側線の機関車で前進させ、アンカップラー上に移動。
2. 本線の機関車を後退させ貨車に連結。
3. 側線の機関車を後退させ貨車から切離す。
4. 本線の機関車+貨車が出発。

動画はこちら。

20150306:M1060001(1)
鉄道模型・動画199:CF部側線・貨車解放

CF部に設置のアンカップラーで貨車の解放です。

貨車をアンカップラー上で止め、後から機関車で挟んで、列車を前進させ、
貨車の解放に成功。

注意点は機関車への連結と貨車の解放です。

動画はこちら。

20150303:M1050003(1)
鉄道模型・動画198:外側線・信号機の機能

外側線・信号機の機能をビデオに撮ってみました。

外側線の信号機は3つの機能を持っています。
外側線の出発列車(反時計廻り)に対し
(1) ブロック閉塞機能(ブロック内に動力車有り)、「赤」表示
(2) 手前のターンアウトが信号機方向で無い、「赤」表示
(3) S字線からの到着列車有り、「赤」表示

これを順に紹介しています。

動画はこちら。

20150301:P1040123(1)1
鉄道模型・レイアウト寸描134:機関車、勢揃い

第五レイアウト(移設後)で、現在主に稼動している機関車を並べてみました。

左からSD9、RS-3、RSD-5、MP15です。
時代的にはMP15がずっと後ですね。

このMP15、DCCアメリカ型の模型では、最初に購入した方で、7~8年経っています。
稼働率が高く、モーターなど疲れていて、怪しい音が?しています。

電気製品(DCC)の耐久性は5年位と考えていたので、頑張っています。

このページのトップヘ