up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2013年03月

(56) The Race is On! Two Hot Shot Intermodals Battle it out with Horn and Speed! - YouTube


以前に「複線での同一方向走行」を記事にしましたが、URLを入手。(20210120改定)

大好きなNS機が並んで走っています。
どちらも結構、スピードを出しています。


コメント(4)

お久し振りです。

単線並列の配線だから出来るワザですね。
私も以前に別の動画を視ましたが、物凄い迫力に興奮しました。削除

2013/3/24(日) 午後 3:30[ あっしー ]返信する

顔アイコン

あっしーさま、コメント有難うございます。

日本でも駅を同時発車する列車はあるようですが、貨物では聞いたことがありません。
重量級の機関車で長い貨物、さすがアメリカだな!と感心しています。削除

2013/3/25(月) 午前 7:25[ up1853 ]返信する

顔アイコン

今晩は。この踏み切り:失ったニューヨーク郊外のレイアウトに似た印象があります。複線カーブ踏み切り(8の字変形)で脇の平屋レンガの店も似ていました。規模は小さかったですが、この景色に似た雰囲気でした。削除

2013/3/26(火) 午前 0:06schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、コメント有難うございます。

私はシーナリィを作ったことが無いのでイメージ作りに困っています。
ご意見、参考にさせていただきます。削除

2013/3/26(火) 午前 9:52[ up1853 ]返信する

20130322:20130319:img044 200bpi
アメリカ型貨車:Caboose(8) Bay Window BN 11999の内部

説明書には、添付のようになっていました。

ただ、驚いたのは添付以外にもバージョン違いの図があって、配置等が違うようです。
窓際の椅子以外はよく見えないので、そこまでする必要があるか、疑問ですが、
ニーズがあるからでしょうか?

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。コレを見たかったです。内部のインテリア図面。学生の頃百万やリバロッシの客車のインテリア表現の虜になりました。当時のカブースは伽藍堂でした。プラモデルは見えない内側の機械類の部品も入っている事がよくあります。カットモデル用?削除

2013/3/22(金) 午後 11:51schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。
走りには関係無いと思うのですが、貨物列車のアクセントにはなりますね。
最近は照明装置を装備している物もあるようです。削除

2013/3/23(土) 午後 5:34[ up1853 ]返信する

20130315:img038
(yahooブログの記事から)

写真海外028:197809xx スイスの旅(21)

列車の前方の視界が開けてきました。

それと同時に一際高い山?が見えてきました。
あれが、アイガーかな?

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。この山と線路は本でも良く見かける場所です。アイガー:此処から流れる川の水も白く濁っていてミネラルが多そうですね。9月で既に寒そうに見えます。削除

2013/3/16(土) 午後 9:47schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。

やっと、名前が知っている山が出てきた感じです。
でも、あとはマッターホルンしか知りませんでした。削除

2013/3/17(日) 午後 8:24[ up1853 ]返信する

20130314:img037
(yahooブログの記事から)

写真海外027:197809xx スイスの旅(20)

更に高くなってきました。

下の谷筋からはるばる、登って来たとなると、
料金が高い?のも頷けます。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。高い運賃:高そうですね。日本のケーブルカーでも通勤電車と比べれば高価ですから。スイスだとなおさら高そうですね。確か高度別に3つの鉄道を乗り継ぐそうで高度が高い鉄道の運賃が反比例的に高くなるそうです。削除

2013/3/14(木) 午後 11:01schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、お早うございます。

当時、スイス国鉄?の7日間パスを購入して行ったので、国鉄は乗り放題で安かったと思います。
それに比べて、登山鉄道は別購入なので高かったと覚えています。
ただ、いくらだった?かは覚えていません。削除

2013/3/15(金) 午前 7:10[ up1853 ]返信する

20130310:img036
(yahooブログの記事から)

写真海外026:197809xx スイスの旅(19)

こんなところに町を作るかな?と言った感じです。

コメント(2)

顔アイコン

綺麗な町並みですね。平野にしか住んでいないので傾斜地に憧れます。アルプスは勿論、多摩や三浦のパノラマでも気分転換になります。ここまで傾斜だとまるで板を斜めにしてからレイアウトを作ったみたいですね。削除

2013/3/11(月) 午前 0:08schneiderabbita返信する

顔アイコン


私も自然が好きなので、山とか海が見えると良いですね。
海も大海原よりは対岸の山が見えると良いです。(箱庭的か?)

今、気が付いたのですが、この町は南斜面にあるようです。
陽の光が良く当たっています。削除

2013/3/11(月) 午前 8:02[ up1853 ]返信する

20130309:img035
(yahooブログの記事から)

写真海外025:197809xx スイスの旅(18)

断崖絶壁(U字谷)の上にあるゆるい傾斜地、見たことが無いです。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。まるでこの傾斜地と崖の境目がこの世の境目みたいですね。牛が落ちない様に柵があるのでしょうか。アルプスの景色は大好きですがレイアウトの狭い板では立体的なシーナリーが難しそうですね。削除

2013/3/11(月) 午前 0:02schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、お早うございます。

柵は見た記憶が無いのですが、山ばかり見ていたからでしょうか。
写真に写っているかも知れません、注意してみます。

レイアウトの配置に段差を付けると奥行きが感じられて良いとは言いますが、
そもそも、平地の処理にも手が出ません・・・削除

2013/3/11(月) 午前 7:46[ up1853 ]返信する

20130308:img034
(yahooブログの記事から)

写真海外024:197809xx スイスの旅(17)

最近は工作、工事関係の記事はご無沙汰しています。
と言う訳で写真海外の記事を・・・

大分、高くなってきました、ただ天気は曇りですね。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。アルペンシャーレ:蔵作りのピッタンコに狭い市街に比べて、とてもゆったりとし、良い塩梅に民家が離れています。牧草地:実はレイアウトの草地の表現が苦手なのですこしずつ練習したいです。削除

2013/3/8(金) 午後 10:51schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。

結構、大きな家だな、と思ったりします。

私は草地の表現よりも、まずどうするか?それから考えないといけません。削除

2013/3/9(土) 午後 5:03[ up1853 ]返信する

20130303:P1030157(1)(1)(1)
シルエット写真021:EMD MP15DC BN1002

斜め前からのシルエット写真に挑戦したのですが・・・

斜め前からだと、反射する部分がありますね、この処理をどうするか、少し考えよう。

コメント(2)

顔アイコン

少し色が入ったほうでも、何気に渋い画像で素敵ですね。以前ウォルサーの分厚いカタログの終わりの方にアートプリント(ポスター)コーナーがありました。シルエットや版画等、丁度この画像に背景が描かれた綺麗なポスターです。高くて買った事は無いのですが欲しかったです。

2013/3/7(木) 午後 10:40schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、お早うございます。
白黒になるイメージで作業したのですが、そうはなりませんでした。
まあしかし、これはこれで良いかと・・・

2013/3/8(金) 午前 8:20[ up1853 ]返信する

20130302:P1030153(1)(1)(1)
シルエット写真020:Bay Window Caboose International Car Co

Bay window Caboose、WALTHERS PLATINUM LINEの製品です。
TBした物と同じBN11999。

Bay window Cabooseとしては、窓が車体中央にあり普通?のタイプです。
窓のところにあるシルエットは中に設置の座席の背凭れで、左右で反対の方向を向いているため、
それぞれ写っています。

20130301:P1030151(1)(1)(1)
シルエット写真019:70-Ton Hopper BN516127

3月になり、少し暖かくなってきました。

70-Ton Hopper 、Atlas TRAINMANの製品です。
TBで既に紹介しているHopper車ですが、以前紹介の物とは妻板が違います。
こちらは、妻板がフラットなもの、プラのCoal roadは同じです。

このページのトップヘ