up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2012年08月

20120830:P1020887(1)
レイアウト寸描097:第五レイアウトのGrain Elevator

第五レイアウトでは、Grain Elevatorを見やすい位置に設置しました。
制御席のすぐ前、デルタ線の中ほどです。
このデルタ線は到着列車の機関車の付け替えをしますが、Grainも積み込むという設定です。

積み込み口が少し高いようですが、これには理由があって、
デルタ線にPiggyback列車のコンテナが入線できるようにする為です。
当初の予定より、2.5mmくらい高くなっています。

20120827:P1020890(1)(1)
アメリカ型貨車:Covered Hopper(12) Thrall 4750

Thrall 4750 Covered Hopper、Atlas HO Trainmanの製品です。

これが連なってアメリカ中西部の大平原を行く、そんなイメージです。
積荷はもちろん、Grain。

バックはElevatorの模型、Hopper用に積込み口を追加しています。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。先程、兎の為にアメリカ産高級牧草を買ったところです。
きっと実際の線路脇に広大な牧草地が広がっているのでしょうね。削除

2012/8/28(火) 午後 9:57schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、お早うございます。
牧草もアメリカ産ですか、それも高級・・・
実際に行ったことは無いのですが、
牧草地に寝転んで貨物列車を見たいです。削除

2012/8/29(水) 午前 6:56[ up1853 ]返信する

20120823:20120818:s1(1)
yahooブログの記事

本・写真集021:Vintage Diesel Power

前回の本がModern DLでしたが、こちらは「Vintage」と言うように、古いタイプです。
本と言うよりは、写真集といった感じです。

内容的には、5つの製造会社で製造されたDLが紹介されています。
1 Alco
2 Baldwin
3 Electro-Motive
4 Fairbanks-Morse
5 General Electric

残念ながら、1、2、4の各社は撤退?してしまいましたが、
第一世代のDLでは色々と魅力的なものを出しています。
FunitやGP7なども第一世代に入りますが、
わたしは、AlcoのRS-1が好きです。
また、スイッチャーも好きです。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。Fユニットの栄光の陰になっているシャークやPA1も美しいですね。砂利や枕木の荒々しい雰囲気も模型の線路と違った魅力的な光景ですね。CNの塗装とシャークが特に美しいですね。削除

2012/8/24(金) 午後 2:44schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難う御座います。

Fユニットは有名ですが、シャークも形が良いですね。
アメリカでは1950年代が人気があるようで、判るような気がします。削除

2012/8/25(土) 午前 7:20[ up1853 ]返信する

20120821:20120820:s1(1)
yahooブログの記事

本・写真集020:Diesel Locomotives

アメリカ型DLを始めてから買った本です。

蒸機はぜんぜん分からないのですが、DLもよく分かりませんで、一から勉強でした。
この本ではGEとEMDの現役機(2000年くらい)が解説されています。
GEはDash7以降、EMDはGP/SDの38/40以降とSW、MP15が出ています。
これ以前の物は出ていません、一応、Modern DLと言うところでしょうか。

ただ、これ以前のものが色々あって、面白いとは後で分かりました。
それには、別の本が必要です。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。模型に熱中し過ぎて現役の車両が判らなくなり易いので、新しい車両の情報は大事だと思います。うっかりするとロードネームでさえ付いて行けなくなるので米車の最新情報は大切です。削除

2012/8/21(火) 午後 3:14schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、お早うございます。

あちらの情報を日本で得るのにはネットが良いのでしょうが、
ネットは横になって気楽にとはいかないです。
その点、本は良いですね。
最新情報とはいかないのですが、ある時点での状況は判ります。削除

2012/8/22(水) 午前 7:20[ up1853 ]返信する

20120813:img_929484_44827126_0
アメリカ型色々08:ディーゼル機03 MDT PLYMOUTH

BACHMANNのMDT PLYMOUTHです。

自宅のレイアウトはDCCなので、DCの機関車はほとんど走らせていないのですが、
鉄道サークルへ持ってゆくのに、小さいので持ち運びしやすいです。

3軸機ですが、中間の車輪はフリーで、両側の車輪のみ駆動します。
運転は安定していて、価格的にも非常に満足です。

低速が抜群に良いですね、電流もほとんど消費しません。
ギヤー比が高い?コントローラーと相性が良い?
用途、色々と考えています。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。これはN富でもJNR色で昔あった型だと思います。低速が効いてよく走るそうですね。
古そうな設計ですがまだ生産されているのでしょうか。
LGBみたいに可愛くてどっしりとしていて癒しのプロポーションですね。削除

2012/8/13(月) 午後 8:34schneiderabbita返信する

顔アイコン

rabbitaさん、お早うございます。
Nでありましたか、それは知りませんでした。多分、まだ手に入るとおもいます。
値段が安いので、Nから転向される方が多いと聞きます。削除

2012/8/14(火) 午前 6:01[ up1853 ]返信する

20120812:img_972970_44823899_0
yahooブログの記事

模型誌以外017:Classic Trains Summer 2012

Classic Trains Summer版です。

この版ではE-unitを紹介しています。
私は貨物好きなので、旅客用のE-unitは詳しくないのですが、
アメリカでも、まず旅客用にDLが導入され、それが貨物にも及んでいったようです。

E-unitは、ほとんど鉄道会社で採用されていたようです。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。これは楽しそうな本ですね。連接➔Eユニットのおぼつか無いデザインの頃も晩年の完成されたE9も素敵ですね。EかFのウォーボンネットは永遠の人気だと思います。削除

2012/8/12(日) 午後 11:40schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、お早う御座います。
この本は主に蒸機を題材に選んでいるのですが、
たまに第一世代のディーゼルの特集もあるようで、今回はEunitでした。
Eの方がFより先だったのですね、知りませんでした。
E、Fの人気、判るような気がします。削除

2012/8/13(月) 午前 7:09[ up1853 ]返信する

20120806:img_930651_44805889_0
yahooブログの記事

模型誌019:HOW TO OPERATE YOUR MODEL RAILROAD

Kalmbach社から今年(2012)発行されました。

内容は入換えなどの運用が主で、大きなレイアウトの紹介もありますが、
小レイアウトでも実現が可能のようです。

ただ、実際に行うとなると大変です。
まず、線路配置が入換えに適していること。
運用する貨車の選択、並びにストラクチャの設定などです。

これらを考えると、実際に行っている形にするのが簡単?な方法かも。
アメリカのレイアウトは実際に近い形になっていると思えるのですが、
それはそれで、作るのが大変だなと思います。

私も目標としては、この形ですが、さて実現は・・・

コメント(4)

お疲れ様です。

先程は私のページへのコメントをありがとうございました。

実は昨日の和さんでの運転中に、GeepとSD重連を使った入れ換え作業で編成の組み換えなんかもやっておりました(笑)
入れ換えもまた楽しいのですが、和さんのレイアウトにはアンカプラーが無かったり、我が家の機関車全機と一部の車両のトリップピンが無かったり、KATOナックル仕様など色々ありまして、本格的な作業は出来ませんけどね(汗)
自宅で運転出来ない分、和さんでは色々と楽しませて頂いております。削除

2012/8/6(月) 午後 9:27[ あっしー ]返信する

顔アイコン


あっしーさん、コメント有難うございます。
そうですね、運転と入換、一方の列車を走らせながら、他方は入換作業、
入換作業が終了すると運転していたほうをヤードに入れて入換。
入換作業が終了した方は運転。
他人から見ると、何をやっているんだ?と思うでしょうが、
やっている方は真剣で、うまく出来るとヤッタ!と思います。

解放は結構、難しいですね、アンカプラーの取り付け位置や、
トリップピンの調整などすることが沢山ありますが、
鉄道模型を始めた頃からの夢?ですから、楽しんでやっています。削除

2012/8/7(火) 午前 8:04[ up1853 ]返信する

顔アイコン


今晩は。エンドレスを使わない運転は大人の世界ですね。運行方法もスケール指向ですと、模型で運送業をしているみたいですね。貨物入れ替えは、機関士とディスパッチャーの両方のスリルが楽しめそうですね。削除

2012/8/9(木) 午後 11:24schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。
広いスペースが欲しいと、いつも言っていますが、この本とかを見ると・・・
エンドレスが楽しいうちは子供かも。
しかし、エンドレスの魅力、まだ抜けられません。削除

2012/8/10(金) 午前 7:28[ up1853 ]返信する

20120805:img_1055879_44803457_0
塗装・マーク等005:BN 1002

BとNの組合せで出来ているBNのマーク、良いデザインだなと思います。

BNのスイッチャーMP15DC(atlas)です。
今のところ、当レイアウトで一番稼働率が高いです。

大きさが手頃?と言いますか、どの貨車にも連結できて、全線走行が可能です。
それと解放機能も良好です。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。北米型模型はカーブとの闘いが大変でした。小さい機関車の方が使い易いですね。可愛いスタイルでBN(北国)だからクリスマストレインでも使えそうです。雪+ゴンドラ+カブースでツリーを回してみたいです。削除

2012/8/5(日) 午後 11:24schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難う御座います。
アメリカ型は三重連、四重連が普通ですからね、それに一両でも大きいです。
本線貨物は無理ですから、支線の貨物か入換が順当でしょうね。
このMP15は小運転には最高で、BNのグリーンの色も良いです。
雪の白とも合いそうですね。削除

2012/8/6(月) 午前 7:08[ up1853 ]返信する

20120803:img_1055879_44799229_0
塗装・マーク等004:BN 11999

BNグリーン、そしてBNのマーク、どちらも良いです。
BNのマーク下字の色は黒やほかの色でもあるようですが、やはりグリーンが良いようです。

20120802:img_1048970_44797098_0
アメリカ型貨車:Caboose(6) Bay Window BN 11999

BURLINGTON NORTHERNのBay Window Cabooseです。

Item#932-27627 International Car Co 、Bay Window Caboose(2-PK)
Burlington Northern
Walthers

購入時期は大分、早かったです、ただ、当時の連結器はプラの小さいタイプがついていたので、
どうも好きになれず、運用はしていませんでした。

解放/連結重視になってから、連結器の交換にトライし、
解放側(煙突の有る方)をAccuMate@に、
反対側をKD#5に交換して、運用しています。
今のところ、2-PKのうち1台だけの変更ですが、動作は良いようです。

カブースの種類から言うと、cupola→bay window→extended-visionと変化してきたようです。
現在では、特殊用途を除いて用いられないようですが、模型では健在です。

コメント(2)

顔アイコン

今日は。90年頃のプラ製カブースといえば子供セットの窓もインテリアも無いキューポラが定番でした。今ではインテリア・連結器もバッチリされていて良い時代です。赤いランタンも点灯できる時代になるといいですね。削除

2012/8/2(木) 午後 2:04schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難うございます。
私がアメリカ型を始めた2005年位では既にレベルは上がっていました。
最近では点灯する製品もあるようですが、価格がまだ高いようなので、検討中です。削除

2012/8/2(木) 午後 9:11[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ