up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2011年04月

20110429:20110331:1(1)
第五レイアウト034:CF部の製作(1)図面

外側のデルタ線に側線を追加しましたが、CF部の線路配置も少し変更です。
これが出来ると、デルタ線と接続し、方向転換が可能です。

線路配置は並行パターンですが、留置線は片渡りを止めて、#6の分岐を組み合わせています。
ポイントマシンは7ケ使用予定です。
第五レイアウトとしての工事は一番時間が掛かるかもしれません。

第四レイアウトと同じく、信号機も設置予定ですが工事は別途です。
上からのS字線も別途、工事です。

20110424:20110424 s01 150bpi
(yahooブログの記事から)

写真海外 007:TV朝日 世界の車窓から スリランカ編

先ほど、ネットで世界の車窓のHPを覘いてみたら、スリランカ編が開始されていました。

この番組は毎日の放送時間は短いのですが、世界の鉄道を紹介しており、
過去には、アメリカの鉄道も紹介しています。
基本的に列車に乗って、沿線やら乗客を紹介しています。
以前から、良く見ていました。

今回はスリランカ編とのことで、HPを見ると、
見覚えのある、機関車の色や風景がありました。

私が仕事でスリランカへ行ったのは、もう30年以上も前です。
でもHPの写真をみると、機関車の色は変わっていないですね、風景も変わっていない?

開始から、一週間ほど過ぎていますが、今日から頑張って見ようと思います。

コメント(0)

20110422:20110328:1(1)(1)
第五レイアウト033:側線追加の図面・他

側線追加の図面を作りました。

ポイント追加に併せて、ポイント制御のSWも、それらしい位置に変更しました。
穴あけは、どうやら無難?に出来たのですが、配線を間違えて切ってしまいましたので、
そちらの修復に時間がかかりました、ヤレヤレです。

20110420:20110328:1 001(1)(1)
第五レイアウト032:側線を追加

デルタ線が出来て、遊んでいましたが、RF部にスペースがあるので、
側線を追加しました。

RF部のデルタ線にポイントを追加して、RB部に伸びるものです。
機関車+貨車2両ほどで、短いです。

ここに側線が出来るのは、操作に変化があり、良いのですが、
何かストラクチャーが必要です。

20110417:1 002(1)(1)
模型活動・今030:20110417 鉄道サークル4月例会

久しぶりに鉄道サークルの例会に出席しました。
2月は欠席、3月は地震で中止でした。

出席者は10名ほど、皆さん、お元気のようで何よりです。
ただ、地震で模型の落下などの被害があった模様。
脱線対策と同時に、落下防止対策も重要です。

今回は新しい方(HNさん)と話が出来ました。
リストを作り、手持ち車両を管理しているとのことで、客車の編成でしょうか。
見せて貰いましたが、結構な両数でした。
今後、色々と話が聞けそうです。

写真は当方の2-6-0タンクロコとボックスカーです。

コメント(2)

顔アイコン

以前からこちらのブログにおじゃまして興味深く拝見していましたが、今般直接お話しさせていただく機会があり大変うれしく思っています。私も自前のレイアウトを作成するのが長年の夢なのですがなかなか実現することができずいまだにお座敷運転ばかりです。今後ともよろしくお願いいたします。削除

2011/4/18(月) 午後 1:40[ Alpine ]返信する

顔アイコン

Alpineさん、コメント有難うございます。
私もお座敷の期間が長かったです。
今の大きさになったのは、10年くらい前です。
作っては壊し、作っては壊しの連続で、現在、第五と呼んでいます。
去年までの第四が一番長くて四年半ほでした。
ご覧の通りのノロノロですが、リハビリですので、まあ良いかと・・・
こちらこそ、宜しくお願いします。削除

2011/4/18(月) 午後 2:42[ up1853 ]返信する

20110416:20110307:1(1)(1)
鉄道模型考察063:ミカドの通過可能曲線を考える

第五レイアウトのデルタ線ではミカドが通過可能になりました。
それで、気を良くしていたのですが・・・

通過可能と言っても、やはりr=560mmですから、
写真の通り、キャブとテンダーが大きく食い違います。
以前にも、取り上げましたが、r=560mmは苦しいですね。

では、どの位なら目立たないか?
試しては、いないのですが、r=900mmくらいでしょうか。
とすると、小レイアウトでは無理ですね、そもそもミカド(2-8-2)は大型機でした。

20110410:20110309:1(1)(1)
レイアウト寸描080:第五レイアウト 外側のデルタ線

CF部は、まだ作っていないのですが、仮の線を使って方向転換をしてみました。
動作としてはOKで、運転としては面白いです

ただ、動画での表現方法は検討が必要かと思います。

動画はこちら。

20110409:20110301:2 001(1)
レイアウト寸描079:第五レイアウト 外側のデルタ線

デルタ線としては完成です。
ただ、CF部へは、まだ抜けられないので方向転換が完全にはできません。

今回は蒸機の動画にトライです。
動き出す時など、まだまだ問題がありますが、さすがに蒸機のサウンドは多彩です。

動画はこちら。

20110403:20110301:2 002(1)
第五レイアウト031:外側のデルタ線の先の部分(6)

一応、完成です。
まだ仕上げやBackdropは残っていますが、走るようになりました。

第四レイアウトでは外側デルタ線の一部にフレキシレールで急曲線を作った為、
ミカドの曲線通過が出来ませんでした。

今回はポイントに#4、曲線は22インチの市販レールを使用しました。
合わせ工事は必要でしたが、ミカドの曲線通過(方向転換)が可能となりました。

20110402:20110301:1 003(1)(1)
第五レイアウト030:外側のデルタ線の先の部分(5)

試験で入線しているのが、唯一の蒸機・USRAのミカドです。
これには理由があって、全長が保有機では一番長いのと、曲線通過がシビアです。

これから、色々と試験をしてゆく予定です。

コメント(2)

顔アイコン

★ SDTMも唯一持っているSLがUSRAのミカドです。
しかし、走らせる場所がなく困っています。削除

2011/4/2(土) 午後 6:29[ SDTM ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、お早うございます。
ミカドと言うと、D51等を想像していたのですが、
結構大きいですね、形もゴツゴツとしています。
でも、すぐに好きになりました。
走れるようにしておきますので、いつでもお出でください。削除

2011/4/3(日) 午前 7:34[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ