up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2010年12月

20101230:20101112:3 001(1)
第四レイアウト153:今年(2010)も残り少なくなりました

今年(2010)も、あと少しです。
色々とあったような、無かったような?ですが、暑かったです。

さて、今年を振り返って見ると、
① やっと、Grain Elevatorの模型を組立ました。
② P2Pレイアウトを試験してみました。
まあ、あまりやっていないですね。

その中で判ったのは、情景重視と言っても、その感じはなかなか判らない事です。
線路配置と空間(スペース)の調和が必要かと思います。
この辺りを考えないといけないです。

では、皆さん良いお年を。

20101227:20060502 001(1)(1)(1)
yahooブログ

模型活動・昔041:20060502 第三レイアウトの製作(16)

ヤードの線路を敷設しました。

写真で見ると判るとおり、側壁との間隔が狭いですね。
この辺りは、次(第四(現在))で少し改良しました。

線路敷設が全て終わったので、これ以降、第三レイアウトとしての進捗は無かったと思います。
2006年9月には、第四レイアウトの製作が始まりました。

20101225:20060429(1)(1)(1)
yahooブログ

模型活動・昔040:20060429 第三レイアウトの製作(15)

とりあえず、ヤードは作っておこうと、工事を開始しました。

この当時は、まだ絞り優先での写真にしていませんので、ボケが目立ちます。

20101223:20101022:A 002(1)(1)
アメリカ型DL033:EMD SW9 UP #1842(Walthers P2K)

久しぶりの機関車紹介です。
EMD SW9 UP #1842(Walthers P2K)

購入は今年の春でしたが、少し問題?があり、紹介が遅れました。
問題と言うのが、走行で第三動輪が少し沈む?こと。
そのため前進(F)方向の走行で、ギヤーカバーがポイント部の線路に引っかかるのです。
沈むのは、第三動輪だけなので、後進はスムーズです。
色々と、調べましたが、原因が不明なので、後進方向で、運用に付くことにしました。

但し、機関車付替えの時に前進が必要なので、そこのポイントのみ、
エッジを丸くして逃げています。
Walthers P2Kの機関車なので、DCC制御は問題無いのですが、
後続機の導入は難しい?

20101221:20101124:1(1)(1)
資料・その他025:貨物列車編成:Y10編成

Y10編成はカバードホッパーです。
Y10編成:PS-2 2893 Covered Hopper+SW9

本当は4000cft以上のカバードホッパーを入線させたかったのですが、大きすぎて断念。
色々と試して、このタイプになりました。

Feed Millのカタログ写真にはホッパーカーも写っているので、良いかと思います。

20101219:20101019:A(1)
鉄道模型動画131:移動カメラの試験(1)

Y90編成を使っての試験です。

試験ですので、日中に行いました、その為、明るい部分があります。
Wye線の入線が主な目的で、一応OKとなりました。

動画はこちら

20101217:20101018:75bpi(1)
ストラクチャー026:Freight Houseの模型

表面設置のポイントマシンに被せる建物を探しています。

何か良いものは無いか?と探していたところ、これが目に入りました。
大きさ的には良いのですが、Built-upsとのことで、完成品です。
完成品は作る手間が省けて良いのですが、今回はマシンに被せると言うことで、
色々と変更するかもしれません。

悩んだのですが、値引き販売をしておりましたので購入と決めました。
到着まで少し時間がかかりますが、楽しみではあります。

20101215:20101015:1 001(1)(1)
資料・その他024:貨物列車編成:Y90編成

Y90編成:50ft Flat car(積荷はカメラ一式) + SW9/NW2

当然のことながら、wye線でも動画の撮影がしたいです。
ところが、今までの撮影編成では、wye線に入線できません。
条件は、何とか入線できる貨車で、撮影機材は今までと同じものを考えています。

その結果、Athearnの50ft Flat carに機材を載せることが出来ました。
このFlat carは45ftコンテナトレーラ搭載のため、ヒッチが付いています。
色々考えて、何とかカメラの台枠(木製)をセットできました。
後は撮影チェックですが、とりあえずOKのようです。

コメント(2)

顔アイコン

今晩は。ディテールや時代考証だけする昨今の16番の風潮と違って、HOではアクション・ギミックを追求できるところがもう1つの楽しみだと思います。このカメラ号こそ事業用貨車ですね。実用本位でメカニカルなところが何気に格好いいです。削除

2012/4/16(月) 午後 7:49schneiderabbita返信する

顔アイコン


rabbitaさん、コメント有難う御座います。
基本的には、アクション・ギミック好きなのですよね。
ディテールや時代考証も大事だとは思いますが、
やはり、動かないとね・・・、それにサウンド、良いですよ。
また、図面を見るのが好きなので、16番はちょっと・・・
それに、最近の16番、高いですね。削除

2012/4/16(月) 午後 8:08[ up1853 ]返信する


20101213:20101016:75bpi(1)
鉄道模型考察060:P2Pレイアウトで思ったこと

今回、初めてP2Pレイアウトを試してみました。
やってみると、色々なことが判ります。

これは多分、レイアウト全てに言える事なのでしょうが、「情景設定が大事」ということ。
特にP2Pレイアウトでは、その範囲が狭いので、イメージが大事です。
例えば、ビルの角や道路の設定に気を付けた方が良いようです。
他方、空とか広い空間は考えなくてよいようです。

ですから、「連続運転用とP2Pの変更が簡単にできる」との設定はどうも、間違いのようです。

P2Pにはそれなりの情景設定が必要のようです。
と言っても、アメリカを実際に見たことがありません。
そこで、レイアウトの本からイメージを拝借してみました。
多少アレンジした線路配置が図の通りです。

実現は相当先になると思いますが、今からイメージの訓練です。

20101211:20101018:A 001(1)(1)
資料・その他023:貨物列車編成:Y40編成

Y40編成はFlat carに積荷のコンテナトレーラです。
Y40編成:MP15DC+50ft Flat car(積荷:45ft コンテナトレーラ)

45ft コンテナトレーラは結構新しいと思うのですが、50ft Flat carは古い?
CNと言う設定が何か意味あるかも。

別の目的として、動画撮影用にカメラ一式を搭載できる車両が必要なので、
このFlat carで試験しようと思います。

このページのトップヘ