up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2010年04月

20100429:20050809 0021(1)
yahooブログ

模型活動・昔026:20050809 第三レイアウトの製作(2)

左前部分(LF)のブロックです。

接続を重視して高さ40mm、幅24mmの角材を使用し、
これに3.1mm x 20mmの皿ネジを片側2本、計4本で繋いでいます。

基本的には、各ブロックの接続を角材2箇所で行っているので接続強度は充分です。
現在の第四レイアウトでも同じ方法でしています。

20100427:20100312:2 001(1)(1)
第四レイアウト114:右側内側の処理(3)

これも残作業の一つです。

久しぶりに右側から動画を撮ろうとしたら、
S字線の下(右側内側)が目立ちましたので、塞ぎ板の工事をしました。

但し、寸法を間違えて、少し短くなりましたので修正が必要です。

20100425:20100309:3 001(1)
第四レイアウト113:右側内側の処理(2)

残った作業の続きです。

ここは右側後部(RB)の前側で、良く見えます。
またS字線のビデオでも写りますので、塞ぎ処理をしないといけません。

板を所定の長さに切ってネジで固定するだけですが、固定用の足(基盤を支える)が無い部分
がありますので、まずは固定用の部材を貼り付けています。

この部分は増床した部分の耳なので、切れ目があります。
それを隠す部材も必要です。

コメント(2)

顔アイコン

☆ すっかりBackdropで覆われてしまいましたね。
また、曲線で角が無い、スッキリしています。削除

2010/4/25(日) 午後 7:03[ SDTM ]返信する

顔アイコン


SDTMさん、コメント有難う御座います。
四隅の角のうち、二ヶ所は曲線にしてみました。
残る、二ヶ所のうち、左側はそのままの角で処理したのですが、
右側にデルタ線を追加したので、処理に手間取っています。

2010/4/26(月) 午前 7:27[ up1853 ]返信する

20100423:20100309:3 002(1)
第四レイアウト112:右側内側の処理(1)

残った作業をしています。

写真は増床した、LF部の耳をネジ止めのため、固定しているところです。

ここは、裏にコネクタやら配線があります。
その為、塞ぎ板はしない予定。
今回、配線が一段落したので、上部をネジで固定することにしました。

20100421:20100325:3(1)(1)
貨物列車編成014:B51編成 Aluminum Coal Gondola

B51編成 はAluminum Coal Gondolaです。
製品はAtlas TrainmanでCoal loadが付いています。

編成番号:B51
解放長の関係で4両編成が可能です。
機関車がBNSFなので、BNSFで揃えたいですね。

20100419:20100325:2 002(1)(1)
貨物列車編成013:X10編成 車載動画撮影用(MP15DC)

こちらはMP15DCが牽いています。

編成番号:X10
MP15DC+UP 50005+カメラを積んだゴンドラです。
UP50005は小さい方なので、機関車が良く見えます。

20100417:20100307:2(1)(2)
鉄道模型動画117:移動カメラによるレイアウトの走行ビデオ・その4

今回も移動カメラの映像ですが、大物車を小型にしてMP15DCで牽いています。
写真は最後の止まった状態です。

後から撮る構図では40ftくらいのFlatcarを間に入れた方が良いです。
視界が広く取れますし、右に左にカーブする、この眺めが良いです。
これが見たくて、無理やりS字線を作りました。

対向する列車はGP38のCoal Trainです。

動画はこちら。

20100415:20050808 004(1)1
yahooブログ

模型活動・昔025:20050808 第三レイアウトの製作(1)

ケガキ線に従って切り出しています。
このときは、rを最大にして、すべてフレキにしました。
内線r=625mm、外線r=675mmです。

接続に注意して作ったので、接続は上手くいったのですが、
まさかrでトラブルとなるとは思いませんでした。
(理由はTBを参照下さい)

因みに、現在の第四では市販のカーブレールを使用しています。
(内線r=610mm(24inch)、外線r=660mm(26inch)、それぞれ-15mmです)

20100413:20100307:3(1)(1)
鉄道模型動画116:移動カメラによるレイアウトの走行ビデオ・その3

今回も移動カメラの映像です。
カメラを積んだゴンドラをDash 8-40Bで牽いて内線にいれ、外線にMP15DCを走らせています。

外線に止まっていた車両を整理して、MP15DCを走らせました。

動画はこちら。

20100411:20100325:2 001(1)(1)
貨物列車編成012:X00編成 車載動画撮影用(Dash 8-40B)

編成番号:X00
Dash 8-40B+UP 50004+カメラを積んだゴンドラです。

こちらは、カメラを積んだゴンドラが機関車を映しています。
すぐにカメラを積んだゴンドラを連結すると機関車の後部しか映りませんので、
間に背の低い貨車を連結しています。

又、Dash 8-40Bは大きいので、S字カーブ通過の為、81ftのDC Flatcarを連結しています。
81ftのDC Flatcarも大きいのですが、4-truckなのでカーブに強いです。

このページのトップヘ