up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2009年03月

20090327:20090205:1(1)(1)
yahooブログ第四レイアウト081(動画あり):デルタ線の完成
やっとデルタ線の完成です。 写真で見ると、どこがデルタ線?となりますね。
そこで、以下の動画を撮りました。

左へ行ったGP40がデルタ線を通って右へ行き、向きが変わります。
実際の運用シーンはこれからですが、色々と考えられます。
例えば、左から貨物列車が到着、機関車は回送で、新たな機関車を接続して出発とか、
あるいは、機関車の向きを変更します。今回は目の前で機関車を切り離します。
操作性も向上しましたが、何と言っても良く見えますね。
スペースも充分にあるので、ストラクチャー作りも楽しみです。
尚、backdropの板は近日中に入手予定です。
どういう情景にするか、こちらも考えないといけません。

コメント(6) 

★ おぉ、完成ですね。素晴らしい。機回し?っていうことでしょうね。 機関車の入れ替え・転回が入り、運転に更に幅が出てきていいなぁ~ 是非、訪問したくなりました。
2009/3/27(金) 午前 6:53[ SDTM ]

おはようございます。 拝見しました。いいですね♪リバース線はいつの間にか方向が変わってしまいますが、デルタ線(ワイ線)は積極的に方向を変えようという意図が感じられて、ビデオの印象、力強いですね。
2009/3/27(金) 午前 10:19[ silkextra ]

SDTMさん、お久しぶりです。どうにか、完成しまして、運転が楽になりました。 本線を使っての回送(方向転換)が、無くなりましたので、楽です。お仕事、忙しそうですね、息抜きに是非、お出で下さい。
2009/3/27(金) 午後 7:19[ up1853 ]

silkextraさん、コメント有難う御座います。リバース線とは違った感じがありますね。 線が短いですし、機関車もバックしたりと、緊張します。まあ、運転してる気にはなるのですが・・・良いアングルを探しています。
2009/3/27(金) 午後 7:33[ up1853 ]

デルタ線は出来上がると予想以上に風景が変化するものですね。今迄のエンドレス部分まで生き生きとしてきたような気がしました。 単に運転の面白みが加わるだけでなく視覚的な効果も大だと感じました。
2009/3/27(金) 午後 11:03[ F'Track ]

F'Trackさん、コメント有難う御座います。デルタ線を通る為には、機関車の切り離しが必要で今まで、敬遠?していた解放に挑戦しました。 幸い、ほぼ満足な結果が得られて、「ホッ」としています。 後は動画をどう撮るか?と言うことで、こちらは、これからです。
2009/3/28(土) 午前 7:39[ up1853 ]

20090325:20090202:1(1)(1)
yahooブログ

第四レイアウト080:デルタ線の建設(9)配線工事(3)

ポイントマシンの取り付けと配線です。

今回は、このポイントマシン(レマコ製)を6ケ使います。
3ケがデルタ線用で残り3ケが既存部分の工事です。
ポイントマシンとポイントを結ぶロッドの製作が必要なのですが、この作業があわせ工事です。

黙々と作業と言うか、疲れたら止めですが、最近では1ケ作ると休みが入ります。
ロッドの製作は、先にフログを動かす部分を作るか、それともマシン側から作るか悩むところです。
基盤を挟む、一体成型で製作するので、どちらか失敗すると、最初からやり直しです。

まあ、失敗しても0.8Φの真鍮線だけですが、今回は6ヶ所です。
いつ終わることやら・・・でも、この作業が終わると、一応、完成です。
(backdrop取り付けを除いて)

写真にはポイントマシンとロッド、配線とコネクタが写っています。

20090323:20090131:1 002(1)(1)
yahooブログ

第四レイアウト079:デルタ線の建設(8)配線工事(2)

コントロール盤周りの作業が終わり、通電試験です。

線路配置はまだ、描いていないのです。
デルタ線を作る為に追加したSW(2ケ)は左右の動作です。
配線もポイントマシンに行くコネクタまでは完了です。

後はポイントマシンの取り付け、調整ですが、これがまた・・・です。

20090321:20090131:1 001(1)(1)
yahooブログ

第四レイアウト078:デルタ線の建設(7)配線工事(1)

残作業も配線工事とbackdropの取り付けとなりました。

backdropの取り付けは最後にして、配線工事です。
走行関係の電気接続は既に終了しており、ここで言う配線工事はポイントマシンの取り付け、
コントロール盤からの配線です。
これが、作業量が多いのです。組立式にしていることで、接続は全てコネクタとなります。
走行関係は線路接続でとりあえず、接続できるのですが、
ポイント関係はそうは、行きません。
今回の作業は
① コントロール盤にSWの追加(2ケ追加)
② SWの配線(4ケ)
③ ポンイトマシンの取り付け、調整(6ケ) です。

気の遠くなるような作業ですが、ユックリやるしかありません。

写真はコントロール盤の配線作業です。苦手な半田付けがあります。

コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。
はんだ付けよりも、後の確認作業のほうが大変そうですね。
一歩一歩着実にこなしていくのはすごいです。

2009/3/22(日) 午後 9:26[ silkextra ]返信する

顔アイコン

silkextraさん、コメント有難う御座います。
確認作業はそれほどでもないですね、ハンダ付けの方が苦手です。
それと、一番の難問が、マシンとポイントを繋ぐロッドの製作で、
最後に出てきます。

2009/3/23(月) 午前 7:32[ up1853 ]返信する

20090319:20090126:1 001(1)(1)
yahooブログ

第四レイアウト077:デルタ線の建設(6)残作業から(2)

写真は残作業の④接続角地に三角形を取り付け、⑤前部の板を取り付けです。

作業的には、ちょっと一服と言うところなのですが、実は初めての作業もありました。
接続角地に三角形を作ったことで、前部の板の接続が45°になりました。
ジグソーの底の板を調整すると、最大45°までは切れることになっているのですが、
使ったことはありませんでした。

今回、接続のため、初めて切ったのですが・・・
ハッキリ言って、難しいです。

当然の事ながら、切る目標の線は引いていましたが、その線に合わせるのが難しいです。
どうしても、線上になりますね、その結果、寸法が短くなります。
これは練習しかないのですが、45°に切ることは、ほとんど無いので練習しても無駄?

結果は写真の通りです。裏に少し隙間がありますが、目に触れることが無いので・・・
移動カメラで映りますか?その時、考えましょう。

コメント(4)

顔アイコン

とても良い感じの景色になりそうですね。
このような風景、国内でも見れるのかもしれませんが、とてもアメリカ的に感じてしまいました。
バックドロップが付くとさらに効果的でしょうが その背景を半透明白のアクリル板で付けてはどんなものでしょうか。背景に窓があり 明るそうですからよい感じになりそうだと思いました。
そこにうっすらと絵を描いても良いのかも知れませんが、何も無くても風景が成り立つように思います。もしかするとかえって奥行き感が出るのかもしれません。削除

2009/3/20(金) 午後 8:04[ F'Track ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
私も初めての線形なのですが、機関車の回送には良さそうです。
アメリカでは「デルタ」と言わずに「wye」が一般的だそうです。
backdropの提案、有難う御座います。
backdropは、まだ作った事が無いので、判らないのですが、
参考にします。奥行き感を出すのに半透明の板ですか?
なるほど、なるほど・・・

2009/3/21(土) 午前 7:28[ up1853 ]返信する

顔アイコン

こんばんは。
機関車かっこいいですね♪
ワイ線(アメリカ式に・・・)にとっても似合っています。
ところで、私のところにも、アトラス製のAlco H600/H660のサウンド機が届くはずだったのですが・・・届いたのはコンベンショナルのDCタイプ・・・あわててアトラスのホームページ見ると・・・QSI soundはcoming soonだって・・・orz
かくして、私のところ、未だDC機のみ・・・。
でも、かっこいいですよ~走りもいいし・・・

2009/3/22(日) 午後 9:22[ silkextra ]返信する

顔アイコン

silkextraさん、コメント有難う御座います。
H600/H660のサウンド機はまだですね。
小さいですから、どうやってスピーカーを入れるのでしょうか。

2009/3/23(月) 午前 7:22[ up1853 ]返信する

20090317:20090129:1(1)(1)
yahooブログ

第四レイアウト076:デルタ線の建設(5)残作業から(1)

デルタ線の建設、後半です。
写真は残作業の①線路の固定、②アンカプラーの取り付けです。

線路の固定のうち、直線は簡単に出来たのですが、下へ行く線は曲線で、急カーブでした。
しかも、どう言う訳か、この合板は硬くて固定に一苦労です。
写真の左下が最急カーブで多分、r=500mmくらい?と思います。
因みに、通過はB-B機はOKですが、C-C機は速度が落ちます。
写真の右側が行き止まりで、線路長も短い為、60ft機(B-B)が丁度良いです。
これは計画通りです。

アンカプラーについては、ご覧の通り2ケ並べて設置しています。
DCC機を止め易いようにしています。
アンカプラーの取り付け高さは慎重に決定しました。

後、写真の右側にギャップが写っています。
今回から、ギャップは線路を切断(プラのジョイナーは使用しない)して作っています。
線路の左右食い違いが発生せず、良好です。

20090315:20090306:1(1)
鉄道模型考察029:LIRRて、どこにある?

写真は模型のC420 Ph1(HH)のLI(LONG ISLAND)のレターです。

軽い気持ちで、この機関車を購入したのですが、LIRR?、ぜんぜん知りません。
そこでwikiで調べてみました。

Long Islandとはマンハッタンの東にある島のことで、ニューヨーク州の一部だそうです。
そう言えば、聞いたことがあるような・・・
橋とトンネルでマンハッタンと結ばれています。特に人口が多いようですね。

さて、LIRRですが、鉄道の許可は、なんと!1834年4月だそうです。
そして、今もオリジナルの名前で運用しているのだそうです。
路線は島の西から東へ走っています。
EMDのDE30AC機関車も運用しているとのこと、初めて知りました。

貨物については、1997年にLIRRから分離?した、
The New York and Atlantic Railway (NY&A) で営業しているとのこと。
http://en.wikipedia.org/wiki/New_York_and_Atlantic_Railway
EMDのSW1001、MP15AC、GP38-2が併せて10台ほどいるようです。

コメント(4)

顔アイコン

こんにちは。
こういう小鉄道って、ものすごく魅力があります。
MRの記事で言うところの「A Railroad you can model」って感じですね。ますますわくわくそわそわ・・・しちゃいます。
ご紹介ありがとうございます。削除

2009/3/15(日) 午前 11:44[ silkextra ]返信する

顔アイコン

silkextraさん、コメント有難う御座います。
たまたま、手に入った機関車ですが、結構、楽しめました。
silkextraさんが好きなLA&Lも判りました。
Alcoの魅力やカラーが良いですね、こちらも気に入りました。
ただ、今からでは機関車の入手は難しいようです。削除

2009/3/15(日) 午後 3:38[ up1853 ]返信する

顔アイコン

ショートラインっていいですよね。
小編成でもサマになるし、客扱いもガスエレ1両あれば事足りる。Point to Pointのセクションでも作ればもう最高!
仕掛りのMa&Paのコンソリからでも手を動かしますか・・・。削除

2009/3/15(日) 午後 5:34[ rai*tr*ck ]返信する

顔アイコン

railtruckさん、コメント有難う御座います。
大鉄道の新鋭機も良いのですが、ショートラインも良いですね。
幹線では見られない旧型機もあります。
レイアウトには丁度、良いかも。削除

2009/3/17(火) 午前 7:27[ up1853 ]返信する

20090313:20090312:3(1)(1)
アメリカ型DL022(動画あり):Alco C420 Ph1(HH) LIRR#208

AtlasのAlco C420 Ph1(HH) LIRR#208です(2008年12月購入)。
品番は10 000 326。

当初、買う気はなかったのですが、円高と値段が少し安かったので購入しました。
前回のGP7と同じく、ロングフードが前です。

よく見ると、ショートフード側にSGの排気管らしき物があります。
写真でも客車を牽いています。

サウンドは結構良いですね、Alco独特?のようです。
と言うことで、サウンドを少々。


コメント(6)

顔アイコン

ご存知かもしれませんが、ご参考まで。
http://www.trainsarefun.com/lirr/lirrc420.htm削除

2009/3/13(金) 午前 8:04[ rai*tr*ck ]返信する

顔アイコン

こんばんは。
サウンドもいいですね。もしかして、カンタムサウンド?
railtruckさんのリンクの先、下のほうに、ゼブラマークがいる・・・これもいいですね~♪削除

2009/3/13(金) 午後 7:46[ silkextra ]返信する

顔アイコン

silkextraさん
お気に入りのLA&L 420もAtlasから出ていますね。品番は10 000 318
実物のほうはこちらです。
http://danstrainyard.us/webphotos/lal/lal420/lal420.html削除

2009/3/13(金) 午後 8:41[ rai*tr*ck ]返信する

顔アイコン

わぉ、給付金でどちらか買っちゃおうかな♪もらえるかな・・・
うちの自治体、いつになるかわからないって・・・orz削除

2009/3/13(金) 午後 10:06[ silkextra ]返信する

顔アイコン

railtruckさん、コメント有難う御座います。
早速、指定のサイトを見てみました。
沢山、情報がありますね、参考にします。削除

2009/3/14(土) 午前 6:11[ up1853 ]返信する

顔アイコン

silkextraさん、コメント有難う御座います。
Atlasですから、QSIサウンドですね。
値段も手頃?でした。削除

2009/3/14(土) 午前 6:17[ up1853 ]返信する

20090311:20090103:1(1)(1)
鉄道模型考察028:別パーツの取り付け

車両工作記事は、ほとんど無いですね。
実はちょっと事情があり、車両工作は苦手です。

これは、すこし前に購入したAtlasのC420(ハイフード)です。
通常は前後の手摺りと、日除け、FOOT BOARDぐらいですが、
今回は整流板?とエアホーンが別に添付されていました。

さて、その取り付け場所ですが、これが分解図に載ってないですね。
製品の写真を見たのですが、今ひとつ判りません。
そこで実物の写真を探して、なんとか取り付けました。

ここで、一つの発見!
整流板?とエアホーン、どちらもロスト部品のようです。
取り付け部分をヤスリで成型していたら、金属の地金が出てきました。
「アララ!プラじゃ無いんだ!」というのが実感です。

幸い、上手く付いたようで、現在、試験中です。
サウンド、なかなか良いですよ。

コメント(4)

顔アイコン

手元の模型の実物写真が見つかると、本当に嬉しいですね。今回の場合小物部品の取り付け参考になさったようですが、もしそのような用途が無くても 手持ちの物の夢が急に広がるような気がします。

今回の模型 色彩も精密度もとても魅力がありそうですね。そんな時はなおされです。削除

2009/3/11(水) 午前 10:09[ F'Track ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
部品が取り付けられてヤレヤレです。
アメリカの写真サイトは凄いですね。
以前、サークルで話を聞いたことがありましたが、
今回、本格的に検索してみました。
日本に無い?のは文化の違いでしょうか。削除

2009/3/12(木) 午前 6:22[ up1853 ]返信する

顔アイコン

こんばんは。
>サウンド、なかなか良いですよ。
といわれると、そわそわ、むずむず・・・あはは。
機関車もかっこいいし、欲しいなぁ・・・ところで、ペイントスキームもすごくいいのですが、何処の鉄道会社でしょうか・・・。削除

2009/3/12(木) 午後 7:33[ silkextra ]返信する

顔アイコン

silkextraさん、コメント有難う御座います
DL紹介で動画を少し入れておきました。
サウンドもお楽しみ下さい。
ロードネイムはLIRRです。
私も知らなかったので、少し調べてみました。
報告は別途ということで。削除

2009/3/13(金) 午前 0:20[ up1853 ]返信する

20090309:20090124:1 001(1)(1)
yahooブログ

第四レイアウト075:デルタ線の建設(4)AR1の接続

写真はAR1の取り付け状況です。

今回でAR1の使用は2個目です。(1個目は3年くらい前に購入でS字線に使用)
とりあえず、動作に問題は無かったのですが、手に入れるのに少々時間がかかりました。

最初、以前に購入した、横浜の模型店に行ったのですが、そこでは手に入りませんでした。
曰く、「しばらく前から、入っていません」とのこと。
AR1はDCCでは必需品のはずで、値段もそれほどしないですから、おかしな話です。

次に国内の通販サイトに聞いてみました。
すぐに、回答があったのですが、ここでも「しばらく前から、入っていません」とのこと。
更に「AR1は問題があり、他のメーカーが良い」とのことでした。

そこで、アメリカの通販サイトを検索してみると、
ここでも、AR1は予約扱いで、すぐには手に入りません。
他のメーカーは在庫があるようですが、使ったことが無いので、すぐには決められません。

しかし、極性自動変換が出来ないとデルタ線は機能しません。
最悪、他のメーカーでも、仕方が無いか?と思ったのですが、
丁度、東京へ行く用事があったので、ダメもと?でホビーセンターカトーに電話してみました。

私「AR1はありますか?」
カトー「少しお待ち下さい」(しばらくして)
カトー「もしもし、少しでしたら、ありますよ」
私「一つで良いです」
カトー「どうしますか、来店されるのであれば、とっておきますが・・・」
私「明日、伺います」
と言う訳で、なんとか手に入り、ラッキーでした。

先ほど、AR1は必需品と書きましたが、リバースとかデルタ線自体が意外に少ないかも。

ところで、問題の件は感度のようです。
私の使用状況(S字線)では問題は起きていないのですが、調整の具合でしょうか。
これは要注意でしばらく観察してみます。

コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。
ホビーセンターカトーは親切でしょ?
最近は行っていませんが、応対がとても感じいいです。
AR1手に入ってまずはおめでとうございます。

2009/3/10(火) 午前 0:03[ silkextra ]返信する

顔アイコン

silkextraさん、コメント有難う御座います。
初めて行ったのですが、広いですね、維持費が心配になりますが、
多分、製品が沢山売れているのでしょう。
ついでに、DCCの評判を聞きました。動力車のDCC化は
進んでいるようです。サウンドはこれからですかね、AR1などの
運転はまだまだのようです。

2009/3/10(火) 午前 6:19[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ