up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2008年02月

20080221:20080208:2 001(1)
(YAHOOブログの記事から)

最近(と言っても2ヶ月の間ですが)、ブログについての記事を二つ、目にしました。
(写真と記事とは関係ありません)

因みに、当方、ブログを始めたのは、2005年です。
その間、ISP三事業者に登録しましたが、写真の大きさと操作性から、今はYAHOOになっています。

さて、記事ですが、一つは、ブログの現状について、
もう一つはブログの将来についてです。

まず、ブログの現状について、

現在、ブログは盛況と言われていますが、ブログで収益があるのは、少数だそうです。
中には、収益を目的として、他のブログから記事を持って来る「スパムブログ」
と言うのもあるそうです。
アクセスを集めて、バーナー広告により、収益をあげているようです。
アクセスをあげるのは、それなりのテクニックがあるのでしょうが、
持って来る記事は無断でしょうから、何となく、「胡散臭い」気がします。

大多数のブログは収益を目的とせず、書かれているそうです。


もう一つが、ブログの将来についてです。

ご存知のように、以前、メールマガジンと言うのがありました。
現在もあると思うのですが、あまり聞かなくなりました。

いずれも、コミニュケーションの手段ですが、ブログの方が
コメントし易く、トランクバックも出来て便利です。

で、このまま行くか?と言うと、多分将来、新しい技術が出てきて、
取って代わるだろうと言われています。

まあ、10年後も同じ方法とは考えられない、とのこと。


この二つの記事は、結局、同じことを言っているような気がします。

① 何かを発表したい。
② 収益は有ったほうが良いが、無くても気にしない。
③ 規模は大から小へ。
④ レスポンスは無しから有りへ。

これからすると、将来はSNS的なブログがはやる?
このところは、判りませんが気になります。

それにしても、ブログを書くのは、労力を使うようです。
そう言えば、途中で止めてしまうブログも多いような・・・


PS:
上の二つの記事は12月の初めに見たものですが、年末になって別の記事を見ました。

これはブログサービスを運営するネット企業(ISP)の記事です。
それによると、ネット企業はブログによる、収益確保に本腰を入れ始めた、とのことです。

そうですね、企業から見れば、収益確保は絶対必要ですね。
ネット企業の論理を忘れていました。見返り無しでサービスをするはず無いですね。
企業としては、広告やら、注文で収益を上げる訳ですが、
人を集めなければ、いけないですね、ここはブログの書き手によります。
有名ブログはネット企業から、何らかの見返りを得ているのでしょう。

因みに、YAHOOは、
ブログ開設数で140万(3位)、月間利用者数で1064万(2位)でした。
開設数は11月末、利用者数は11月です。

ブログはSNSと違い、○○のような勝ち組が、まだいないようですが、
2008年は勝ち/負けが明確となり、淘汰が始まるようです。

PS:20090127
最近になって、YAHOOのビデオキャストがサービス終了とのアナウンスがありました。
これなども、淘汰の一部ですね。

         コメント(2)

顔アイコン

ブログに限らず、サイトを運営すると言う事は何らかの自己表現を目的としているのだと思います。私も世の中から忘れられたくないのでサイトを立ち上げました。自己表現とは言って見れば生きている証なのかもしれません。

私が何時も考えてしまうのは、レスポンスの意味合いです。世の中 独り言を言っているより会話が成り立った方が楽しいのが道理でしょうが、私は時として一方的に表現する事に対する意味合いも考えてしまいました。会話を求める事は最初から一種の妥協を許す事であり、一方的な発言は一切の妥協と内容に対する責任の重さを痛感する事に他ならないからです。削除

2008/2/21(木) 午後 11:26[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン



F'Trackさん、コメント有難う御座います。

鉄道とは関係ないのですが、色々と考えさせられます。
ブログを始めたとき、自分の資料を整理のためにすると決めていました。
レスポンスは多分、無いだろうと思っていたのですが、
以外に早く、レスポンスがあり、驚きました。

ただ、あまりレスポンスに気を使うと自分に合わない事になったり、
また、不特定多数の目に留まりますから、読んで不愉快になるのも、
問題ですね、この辺りが難しいところです。

それを考えながら、長く続くようにしています。
あとから読むと、そのときの考えが判ります。削除

2008/2/22(金) 午後 8:05[ up1853 ]返信する

20080217:20080217:1 005(1)
毎日、寒いですね、お元気ですか。
今日はサークルの2月例会です。
今回は午前/午後通しで運転会です。場所は2Fの会議室。

いつものように、HWさんに車で拾って貰い、公民館へ。
既にH講師、会長さん、他がきていました。
向かって左に旧線レイアウト、中央がNゲージ、右が会長さんのユニトラックです。
今日は運転会と言うことで、旧線の内線をDCCにアサインしていただき、
走行させることができました。
(写真は旧線の内線を行く、SSWのF7+ダブルスタックコンテナ)

当方、機関車はSSWのF7(アサーン・ジェネシス)、NSのDash8-40CW(アトラス)
を持参、貨車はダブルスタックコンテナが4両、ピギーパックが2両です。
DCCのコントローラも持参しましたが、これが重たいですね、この位が限度かもしれません。

さて、持参の機関車はどちらも、自宅レイアウトでは問題無かったのですが、
サークルでは少し問題が出て、特にDash8は脱線するようです。
カントのつけ方が問題なので、C-C機には厳しいかもしれません。
この点はB-B機は問題無いですね、ただ連結器の高さは要注意です。

他にHWさんのGP35、IYさんの蒸機など、DCCもようやく、普及してきた感じです。

私は15時で上がりとしてもらいましたが、午前中からやっていると、充分、楽しめますね。

コメント(2)

顔アイコン

私の大好きなEMDのF-Unitの登場ですね。
しかもこれがダブルスタックを牽いている姿は大変様になります。
しかし実物ではこのような取り合わせはあったのでしょうか。
現在はダブルスタック全盛ですが、F-Unitをもう見る事はできないのではないでしょうか。
でもこの写真、何回見ても素晴らしい。是非この模型の実物を見てみたいものです。

2008/2/17(日) 午後 10:44[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
実物の組合せは無かったかも知れません。
F7には50ftフラットカーのピギーバックを用意したのですが、
Dash8用のコンテナをこちらに連結して見ました。
コンテナの後にピギーバックも連結しています。

2008/2/18(月) 午前 4:50[ up1853 ]返信する

20080215:20080209:1 002(1)(1)
カメラは移動。
鉄道模型動画060M:コンテナの走行。
Dash8-40CW NS#8633 + コンテナ

移動カメラでコンテナ(ボギー車)を撮影してみました。
こちらは肉眼でも安定していますし、異音もありません。
但し、映像で見ると、最後の貨車が微妙に揺れているのが判ります。
やはり、ボギー車の走行がスムーズですね、手で押しても抵抗がありません。

貨車に注目して動画を撮るのは、以外に良いアングルかもしれません。

yahooブログの記事

MR誌を購入して4年目となりました。
日本の鉄道模型誌では、ほとんど無いレイアウトの紹介が毎回あり、興味があります。

今回は珍しく、日本人の作ったレイアウトです。
表紙に「New York via Tokyo」とありますね。
目次では「New York Central in Tokyo」となっています。

製作者はHitomi Okunoと紹介されています。
Backdropを使用した、本格的なレイアウトで、平面図があります。
日本では、なかなか出来ないですね、線路配置はあちらの方の設計だそうです。
二段になっていて、下段は未完成で紹介はありません。
記事の最初の写真は秋景色を行くF7です。実感が出ています。

製作者の職業からすると納得?も、しますが、完成したときに、再度見てみたいです。

20080211:20080209:1 001(1)(1)
カメラは移動。
Dash8-40C NS#8742 + Front Runner

移動カメラでFront Runnerの走行を見てみました。
まずは、ポイントの通過から。
色々なポイント通過がありますが、カーブ側を本線としている、入換線の合流を見てみました。
#6のカーブポイントで本線が左に曲がり、右から入換線の合流です。
本線は右側の線路に切れ目があり、ここを観察します。
(写真は観察する場所です)
映像の最初、カメラが止まっているところに線路の切れ目が見えています。

ここを通過する車両で見ると、車体により、違いがありますが、切れ目の部分で揺れる車体があります。
映像にすると、あまり目立たないですね。
肉眼で見ると目立ちますし、音もします。因みに、ボギー車ではまず、ありません。

という訳で、映像では予想に反して、目立ちませんでした。
次は、ボギー車で見てみましょう。

20080210:20080208:2 003(1)(1)
カメラは固定(左後部)。
Dash8-40CW NS#8633 & 40C NS#8742

NS機を2両で動かして見ました。
CW機はコンテナ貨車、C機は新鋭のFront Runnerです。
コンテナ貨車は最近、活躍しているので、後2両を少し変えてみました。

この動画のメインはC機の牽くFront Runnerです。
Front Runnerは以前に2台が出ていますが、4台纏めての撮影は初めてです。
積んである、トレーラーも前の2両は45ft、後の2両は48ftです。
よく見ると、48ftでも、微妙に形が違います。

さて、問題はFront Runnerの走行性ですが、この映像では良く判りませんね。
撮影中は脱線しませんでしたが、脱線し易いのは確かです。
次は移動カメラでポイント通過を撮影してみようと思います。




コメント(4)

顔アイコン

★ しっかり NS機の運行を見せて貰いました。
最後にC機が待機して、入れ替わるシーンも実写的ですね。削除

2008/2/10(日) 午後 10:52[ SDTM ]返信する

顔アイコン

この動画で見る限り、Front Runnerの走行は安定しているように見えました。先日2軸貨車のホイルベースの長さによる抵抗の問題を取り上げられていましたが、まるで嘘のような走行風景でした。
実記ならともかく模型でも2軸車輌がこんな問題を抱えて居ようとは想像もできませんでした。削除

2008/2/11(月) 午前 1:21[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、コメント有難う御座います。
固定でも、移動でもアングルは限られてしまいますが、
見ているのは、楽しいです。
待機/入れ替わりは良いのですが、もう少し工夫ができないか、検討中です。削除

2008/2/11(月) 午前 7:08[ up1853 ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
映像で見ると、安定走行に見えますね、機関車の牽く力が強いからでしょうか?
次の映像で安定をチェックしています。
ただ、結論は出ませんでした。削除

2008/2/11(月) 午前 7:16[ up1853 ]返信する

20080209:20080208:1(1)(1)
アメリカ型貨車:Intermodal Equipment(2) Front Runner with Trailer

最近、購入したWALTHERSの製品です。

ピギーバックは既に50ftのフラットカーを持っていますが、これは比較的?新しい物と思います。
ダブルスタックコンテナと組にしようと購入したのですが、色々と問題が出ました。

まず、走り装置ですが、ご存知の通り、2軸車です。
ですが、結構大きいですね、そこで問題となるのが、当レイアウトの急カーブです。
なんとか、通るのですが、抵抗が大きいですし、手で押すと、少しの力で脱線します。

今までは、全てボギー車でしたから、抵抗はほとんど感じなかったのですが、
なるほど、軸間の長い2軸車では抵抗があります。
それと、線路の段差に敏感に反応して揺れます。この辺りは購入して、初めて判ったことです。
又、どうも積荷のトレーラーが少し傾くのがあるようです。
おかしいなと思って、台車を見ると、両方とも止め方が緩く動くようです。
普通は片側だけ動くのですが、これは両方とも動くので傾く物があるようです。

今のところ、脱線はしないようですが、要注意の貨車です。

コメント(2)

顔アイコン

前回のミカドの写真もそうでしたが今回のピギーパックもとても趣を感ずる良いスチールですね。(特に私の個人的な好みです)
2軸貨車が急カーブで抵抗が増す事にうなずけます。確かにアメリカ鉄道では珍しい仕様ですがそれが返って模型としての魅力を増すように感じました。

2008/2/9(土) 午後 11:32[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン


F'Trackさん、いつもコメント有難う御座います。
日本型2軸車も持っているのですが、軸間が短く、抵抗も小さいです。
それに比べると、アメリカ貨車は大きいですね。
積荷のトレーラーと共に魅力は大です。
何とか、脱線しないように走行して欲しいです。

2008/2/10(日) 午前 3:20[ up1853 ]返信する

20080208:20080206:1(1)
カメラは固定(左後部)。
USRA Heavy Mikado & SW7 & GP7

以前に三台運転をトライしていますが、カメラの位置は右後部で撮影も昼間でした。
その為、明る過ぎたのと、カメラも違いましたので、今ひとつの出来でした。

今回、カメラの位置を左後部として、夜間撮影とし、光源を追加したのと、
カメラも別のものを使用しました。

カメラの位置が変わりまして、正面から撮っています。こちらの方がよく出来ている?
蒸機は1台しかないのですが、サウンドは蒸機の方が色々と出ます。




コメント(2)

顔アイコン

3編成、同時運転だときわどいですね。操作技術の熟練度が
問われますね。素晴らしいです。削除

2008/2/8(金) 午前 7:19[ SDTM ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、コメント有難う御座います。
カメラの位置や光線の具合は、前の三台運転より、向上したと思います。
操作技術については、慣れが必要でしょう、まだまだです。
今回も編成を短くして、速度を落としましたが、1カット6分超えは、
長いですね。何回か失敗しました。削除

2008/2/8(金) 午後 2:56[ up1853 ]返信する

20080206:20040229
yahooブログの記事

私はこのとき、初めて合同運転会に参加させてもらいました。
正式名称は第4回鉄道模型合同運転会in TOKYOと言います。

右も左も判らなかった訳ですが、サークルに入っていたので、参加する資格がありました。
入っていないと、チャンスは無いわけで、世界が広がった?感じがします。
やはり、趣味の世界は人の付き合いが大事だとおもいます。
色々な人と交流することで、自分のポジションがわかります。
それと、この運転会に参加しているのは、HOゲージが主で、これも、私には良かったです。

場所は少年自然の家、少年の宿泊施設ですが貸し切りです。
交通の便は良くないですが、この時は近くに住んでいましたので、車で行きました。

写真はサークルのレイアウトを行く、KATOのDE10にプラ貨車です。
このときは日本型でアメリカ型は、ほとんど持っていませんし、DCCも、まだしていません。

コメント(2)

顔アイコン

同じ趣味を持ついろいろな方と面識を持つ事は有益ですね。自分の趣味の世界を広げるには良いチャンスです。私も先日案内されて、とあるサークルへ参加させてもらいましたが、そこで見た車輌はどれも大変新鮮に見えました。又その場の雰囲気、つまりその場に居合わせた方々はどなたも親しみやすく模型鉄道の新たな魅力を知る思いでした。削除

2008/2/7(木) 午前 1:53[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン


F'Trackさん、コメント有難う御座います。
他の人との交流は勇気がいりますね。
スポーツなどだと、技量の差が判りますからある程度、納得できますが、
模型の世界はその辺りが判らないですね。
全体の感じで、自分に合っているか、どうか、判断するしかないようです。削除

2008/2/7(木) 午後 8:14[ up1853 ]返信する

20080204:20080202:1(1)
カメラは移動。

久しぶりにカメラ移動で撮影しましたが、準備が大変でした。
やはり、日頃から慣れていないとダメですね。

今日のところはデッチライト付きのCW機を撮影しました。
ところで、写真ですがデッチライト点灯を撮影しました。
走行中はデッチライトが点灯するのですが、普通の速度ではブレてしまいます。
その為、超低速で走行させ、撮影しています。




コメント(6)

顔アイコン

デッチライトの魅力を改めて認識しました。この表現れだけは、どんなに頑張ってもスチールカメラで表現するのは至難の技でしょう。
今回の動画でもその魅力を余す所無く理解することができました。ところで私は不覚にも実物の点滅する瞬間を覚えていません。両方が点いている状態だけは記憶にあるのですが。削除

2008/2/4(月) 午後 0:22[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
スチールカメラの良いところは、色々ありますね、作品も沢山発表されています。
動画は、まだ一般的ではないですが、模型の動くところは良く表現できると思います。
ピントとかは、今ひとつですが、音と動きが入ると良いですね。
信号機なども撮って見たいです。
ところで、貴HPのPHOTOSHOWも大変、よく出来ていますね。
これは、スチールを纏めたと思うのですが、
動画は今回の旅行で撮っていませんか?
以前に橋の動くのは見ました。削除

2008/2/4(月) 午後 4:53[ up1853 ]返信する

顔アイコン

いゃ~、迫力ある動画ですね。
ノーフォークサザンのDLは渋いですね。
ディッチライト、日本では見られないのでカッコいいです!
POWERFUL TRAINS IN USAのDVDで見たことがあります。削除

2008/2/4(月) 午後 6:34気まぐれ Q太郎返信する

顔アイコン

Q鉄Q太郎さん、コメント有難う御座います。
私も実物は見たことが無いのですが、貨物が元気なのは良いです。
日本とは、システムが違うようですが、興味があります。削除

2008/2/4(月) 午後 9:59[ up1853 ]返信する

顔アイコン

UP1853様
お久しぶりです。ディッチライトの点滅素晴らしいですね。
最近、ATLAS製品を手に入れてディッチライトが別回路になってたんでデコーダーを載せ代えて点滅化したいなぁって思った矢先に
この動画を見てしまいました。
早速、やらなくちゃって思っちゃいますね。
Norfork Southernのロコも先日、実物をみたきたばかりで
異様に興奮してしまいます削除

2008/2/5(火) 午後 5:16駿くんパパ返信する

顔アイコン

Sante Fe 24Cさん、コメント有難う御座います。
ブログがしばらく更新されないな、と思っていたら、本場に行っていたのですね。
実物を見たのは良かったですね。
私のもアトラスで、こちらはDCC/サウンド付きでした。削除

2008/2/5(火) 午後 8:17[ up1853 ]返信する

このページのトップヘ