up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2008年01月

20080121:20080120:1 006(1)
2008年最初のサークル会合です。

今日は話を早々にして、走らせることに決定。
皆さん、基本的に走らせるのが好きそうです。

当方はDC仕様のカワイ製サウスショアー電機です。
写真の撮り方が今ひとつですね、考えないといけません。

外国型では、IY氏のバックマン蒸機にデジトラックスのコントローラー。
音が色々と出せます。

初めて参加の方がSPのFユニットを持ってきました。
F3、F7、F9で、F7はA+Bだそうです。
SPの塗装が良いですね、走りもスムーズです。
写真を撮り損ねてしまいましたが、次の機会には是非、貨車を牽いた写真が撮りたいです。

コメント(2)

顔アイコン

いつもながら、車輌狙う角度がとても良いですね。
迫ってくる模型がとても実感的に見えます。こういう写真でピントのよしあしを云々してはいけません。それが返って無限の想像力をかき立てるのですから。

2008/1/21(月) 午後 9:42[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
サークルでは、今まで写真をあまり撮っていなかったので、
場所とか光線の具合を検討する必要がありそうです。
今後の課題とします。

2008/1/22(火) 午後 7:50[ up1853 ]返信する

20080119:20080103:1 001(1)(1)
yahooブログ

新年早々、良い撮影位置が見つかりました。左後部です。
そこから渡りポイントを撮影するのが良いです。

その為、側壁の塗装やシーナリィ類の整備をしてゆくことにしました。
幸い、ポイントの電動化は済んでおり、次のステップに進めます。
とは言え、腰が重いので、いつエンジンがかかるか?判らないのです。

写真は現状です。さて今年の末にはどう変わるでしょうか?

コメント(2)

顔アイコン

★ up1853さんは着実な実行力をお持ちですから
きっとシーナリィが幾つか追加されているでしょう。
期待しています。削除

2008/1/19(土) 午後 11:14[ SDTM ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、コメント有難う御座います。

場所が決まったので、後は実行だけですね、
側壁の塗装とバラストの散布は決めているのですが、
建物は何を置くか、決まっておりません。

2008/1/20(日) 午前 6:21[ up1853 ]返信する

20080114:20080105:1(1)(1)
カメラは左後部から。

シーナリィが無いのですが、撮影場所的には良いようです。
列車前面が撮れるのが良いですね、又、内線では停車した時に積荷などが良く見えます。
外線周回列車は当分、Dash8-40CWでデッチライトがアクセントです。

このアングルでシーナリィを考えて行こうと思います。

写真はUPのF7Aを挟んで、NSのDash8-40Cと40CWです。

20080113:20080103:2 002(1)(1)
カメラは左後部から。

前から、購入していたDash8-40CWですが、手摺りの工事などしていませんでした。
DL紹介もまだ先と思っていたのですが、SDTMさまのDash9をブログにTBされ、
それを見ているうちに、やる気が出ました。

そこで、やる気があるうちに、と始め、
① 後部の連結器を長いものに変える。
② 前後の手摺りをつける。
③ スノウプロウをつける。
で一応作業は終了、残りは運転席の日除けと風除けです。

ここで、走行試験。このモデルの特徴はデッチライトで、ホーンと連動して点滅します。
この辺り、動画でないと表現できないですね、よく出来ていると感心しています。

映像では速度が少し速いようですね、他の列車を運転するには、もう少し遅い方が良いようです。
デッチライトの点滅はインパクト大なので、撮影場所は当分ここ、左後部になりそうです。

尚、写真が少しブレているのは、走行中でないとデッチライトが点灯しないためです。
速度を落し、三脚を使用しましたが、ブレてしまいました。
と言うことは、相当遅いシャッタースピードです。




コメント(4)

顔アイコン

ディッチライトが格好良いですね!削除

2008/1/12(土) 午後 4:49[ bra*s_s*lde*1 ]返信する

顔アイコン

★ うわぁ~ ディッチライトが点滅するんだ~。
羨ましい。削除

2008/1/12(土) 午後 7:08[ SDTM ]返信する

顔アイコン

brass solder1さま、コメント有難う御座います。
光ものは動画に向いているのが判りました。
ところで、名前のbrass solder1の「1」には、何か意味がありますか?削除

2008/1/12(土) 午後 9:07[ up1853 ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、コメント有難う御座います。
デビューが早くなったのは、SDTMさんがDash9をTBしていただいた
お蔭です。削除

2008/1/12(土) 午後 9:12[ up1853 ]返信する

20080112:20080103:1 002(1)(1)
カメラは左後部から。

Dash8-40Cと40Bを撮ってみました。
貨車を4両としているのですが、レイアウトが小さいので、すぐにすれ違いとなります。
その為、外線を走る40Cの速度を落としました。
やはり、両方とも4両は長いですね、外線列車を短く、遅い速度にした方が良いようです。

走行パターンは外線-S字線-内線-入換線のお決まり?パターンです。
一応、パターン化しておりますが、外線周回列車もS字線へ乗り入れることを検討中です。
両方とも短い編成でトライしてみようと思います。

写真は外線周回列車とS字線走行の列車をイメージしていますが、
なかなかタイミングが合わないですね、難しいです。




コメント(4)

顔アイコン

今回の映像はとてもよく整理されていて、良い味を感じました。上に載せてあるスチール写真の雰囲気も好きです。
現代のアメリカの鉄道は、やはりダブルスタックとピギーパックに代表されるのかもしれません。削除

2008/1/12(土) 午前 0:15[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
コンテナ関係は、あまり乗り気でなかったのですが、走らせてみると様になっていますね、徐々に車両を揃えて行きたいと思います。
ところで、この撮影場所は良さそうです。
しばらく、ここで撮影を考えています。削除

2008/1/12(土) 午前 7:17[ up1853 ]返信する

顔アイコン

★ 動画、いい感じのスポットを見出されたようですね。
DCCは複数列車運行も比較的容易に出来る点も優れものですね。削除

2008/1/12(土) 午後 2:08[ SDTM ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、コメント有難う御座います。
一番、遠くの場所が撮影に良いのは誤算でした。
その為、結構苦労しています。
ところで、SDTMさんのDash9 CNW記事にTBしたのですが、
上手く行かなかったようです。またトライします。削除

2008/1/12(土) 午後 2:58[ up1853 ]返信する

20080109:20060726(1)
yahooブログの記事

NSの車両を購入した関係で車籍ブック 2005-2006も購入しました。
表紙の#2676はSD70M-2で30NOV2005のIN SERVICEとなっていました。

NS(NORFOLK SOUTHERN)は黒地に白の塗装が良いですね、
前後の黒い「跳ね馬」もアクセントには良いです。最近はサイドにも馬の頭が入っているようです。
元はNORFOLK&WESTERNとSOUTHERNでしょうか?後にCONRAILも一部合併しました。

全体で3700両ほどの機関車がありますが、なんとその内、1100両近くが
GEのD9-40CWだそうです。1996年から2004年まで、ずっと作り続けていたようです。
従い、最近はGEが優勢ですが、EMDもSD70Mを入れているようで、
今後はどうなっているでしょうか?

古いところでは、SD9Mが10両あります。1990年の初めにRebuildされていますが、
1950年後半の製造だそうです。
GP38もたくさんあり、ロングフードが前(F)となっていました。 
その他、見ていると飽きないです。

私のレイアウトは小さいので、Dash9やSD70など、入線できないのですが、
それでも、Dash8は無理やり?走らせて満足しています。

20080106:20071231:2 004(1)
カメラを左後部に移しました。

この位置からだと外線から内線を通り、S字線に入るのが判ります。
このレイアウトのハイライトは、最初から、この渡り部分かな、と思っていました。
ただ、一番遠いところなので、カメラのケーブルが届きませんでしたが、
今回、延長ケーブルを接続してトライです。

入換線-外線―内線―S字線と通ると4ケ所のポイントを連続して通り、線形もS字を2回通るなど、
結構、問題のある設計ですが、大きさに余裕がなく、詰め込みました。
従い、線路基盤の接続や高低差など細心の注意をしました。
お蔭で、どうにか通っています。

映像では普段見ることの出来ない角度から見えます。

20080105:20071231:2 006(1)
新しいアングルを開拓とのことで、カメラを左前部に設置しました。

出発が後からなので、迫力に欠けますが、前面の通過やS字線の合流は良いですね。
S字線から内線合流後の走行ではカメラに向かって来るので、迫力があります。

内線合流のポイントを電動化していないので、次の工事はここですね。
停車についても、停車位置やブレーキ音など課題です。




コメント(2)

顔アイコン

思わすレイアウトに対するカメラワークの位置関係を頭の中で探してしまいました。
このレイアウトにはやはりストラクチャーはあまり必要としないようにも思ってしまいました。線路配置の持つ魅力を常日頃感じていました。もしかすると撮影技術なのかもしれません。どうして単純なエンドレスがあれだけいろいろな顔を見せるのでしょう。
今回のダブルスタックの通過を見て過去の記憶がよみがえってきました。目の前を通過する列車から聞こえた音の記憶は牽引車の力強いエンジン音ではなく、貨車の車輪から聞こえた悲鳴にも似た線路を削る音でした。削除

2008/1/4(金) 午後 11:28[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン

FTrackさん、コメント有難う御座います。
S字を使用して、一応、変化のある運転になったのですが、
最近になって、シーナリィ全般(ストラクチャー、アクセサリ、
フィギア)の魅力?が少し判ってきました。
ここまで、たどり着くのに40年?くらいかかっていますが、
更に勉強です。
F'Trackさんは実際の音を聞いているのですよね。
遠くから機関車の音が聞こえて来て、目の前の過ぎると
延々と貨車の音、想像します。
しかし、中間補機やヘルハーもありますね、
この辺りは、もはや想像不可です。削除

2008/1/5(土) 午前 5:12[ up1853 ]返信する

20080104:20071215:2.(1)jpg(1)
アメリカ型貨車:Intermodal Equipment(1) Husky Stack Well Car

Atheran-RTRの製品です。コンテナが2ケ付いています。

ダブルスタックコンテナ、アメリカを象徴する列車の一つで、本や写真に良く出てきます。

ただ、新鋭機が牽くとのことで、当方、B-B機までですから、関係ないと思っていたのですが、
何を間違えたのか、C-C機のDash8-40Cを購入してしまいました。
それで、結局、これを購入した訳です。

さすがに大きいですね、機関車に比べて、その大きさが分かります。
そこですぐにS字線通過の試験をしたのですが、そのままでは脱線してしまいました。

機関車との間に短い車両(カブース)を挟むとOKですが、あまり制限は設けたくないので、
色々考えて機関車の連結器を長いものに変えてOKとなりました。
その後、試験走行には必ず登場します。機関車、貨車とも稼働率は高いですね。

PS:連結器変更の件はTBを参照ください。

コメント(2)

顔アイコン

★ up1853様 今年も宜しくお願いします。
このレイアウトにて、SDTMのDash9を走らせたい処ですが、、
アナログ機にて適いませんね。DCC化は当分見送ろうと
思っています。自レイアウトに見通しができた時点で考えようと、、削除

2008/1/3(木) 午前 0:31[ SDTM ]返信する

顔アイコン


SDTMさん、お早う御座います。
Dash9、良いですね、是非、ご持参下さい。
アナログ機、問題無いです。
当レイアウトはDCCでも、DCでも使えます。
電源を交換するだけですから、すぐOKです。
DCCのロコでもリセットする時はDCを使います。
SDTMさんのDash9はCNWでしたか?
レイアウトの通過試験もしてみたいです。

2008/1/3(木) 午前 7:14[ up1853 ]返信する

20080103:20071230:1(1)(1)
アメリカ型DL013:GE DASH 8-40C NS#8742

(大分前に書いたのですが・・・)
大型機の「GE DASH 8-40C NS#8742」(Atlas)です。
丁度、C-C機の新型が発売されました。
まあ、新型も1両くらい?は・・・のつもりがズルズルと・・・(2005年12月購入)

模型の品番はATL-9633、実物は70ft8”、模型の大きさは連結器間全長で247mmです。
色はNSお馴染みの黒に白線、馬のマークです。サイドにも馬のマークが入っています。

1987年から製造され、40Bよりも早いですね、初めて気が付きました。
模型の購入時期は外側エンドレス&入換線の完成時期より、少し後でした。(第三レイアウト)
走行試験をして、入換線の550mmカーブはOKです。
S字線は、さすがに気になったと見えて、コールポーターを従えた試験列車を走らせています。
一応、OKですが、70ft止まりかな?とこの時、思いました。

その後、ダブルスタックのコンテナ車を購入しました。
この機関車に向いているのですが、残念ながらS字線で貨車が脱線します。
あれや、これや考えて機関車の連結器をKDの長い物に変えてS字線をクリアしました。

PS:
この機関車、ブログではお馴染みですが、最近、パーツをやっと付けました、判りますか?
回答→スノウプロウです。

このページのトップヘ