up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2007年11月

20071125:20071123:1(1)
アメリカ型貨車:Gondolas(3) BethGon+coal load

品名:BNSF BethGon Coalporter(5 Packs)
品番:93049 Athearn

BethGonはアメリカ型貨車002で発表していますが、
今回はアルミタイプです。(模型は当然、プラですが)
基本的に形は同じですが、アルミタイプなのでピカピカです。
実物は多分、表面は反射していないですね。

これには積荷のcoal loadが付いています。良く出来ていますね。
やはり、積荷があると引き立ちます。
と言うことで、積荷を意識して写真を撮りました。

ところで、石炭の積み方を見たことが無いのですが、
ちょうど良いブログが見つかりましたので、TBをしておきます。
石炭以外にも色々と参考になります。

管理人さんはアメリカ在住とのことで実物を見られるのを大変、羨ましいです。

尚、模型動画は下記のURLです。(既発表)
http://www.youtube.com/watch?v=va432aNMrXc

20071124:20071104:1(1)
これは並行撮影です。速度は低速です。

外線を回るだけなので、SW7としては普通の速度になっています。
速度のスロットルは50%で、Switcherとしては当然かも(低速)しれません。
撮影には良いスピードです。

20071123:20071028:1(1)
後からの撮影で超低速の走行シーンです。

どうやら、S字線を走行して、無事に出発地点へ戻ってきています。
超低速だと脱線は避けられることがわかります。




コメント(2)

顔アイコン

こんにちは、UP1853様のレイアウトをプチ旅行した感じになりました。たくさんの趣向を凝らした動画は見ていて楽しいです。削除

2007/11/24(土) 午後 1:19駿くんパパ返信する

顔アイコン

Sante Fe 24Cさま、コメント有難う御座います。
どうやら、走りは順調ですが、それ以外は手つかずです。
ヤードのポイントも電動化は、まだです。
走らせて遊んでいる方が多いですね、何とかしなくては・・・削除

2007/11/24(土) 午後 3:50[ up1853 ]返信する

20071121:20040108:040217 030(1)
yahooブログに記事

2003年9月に地元の鉄道サークルに入れていただきました。
詳細は次回として、今回は公開運転会準備の為、レイアウト展開の写真です。

横7mx縦4mの13mmレイアウトです。
所有者のH講師は13mm指向です。
私もこの時は13mmでしたので、丁度良かったです。
それにしても、13mmでこのレイアウトを作ったのは驚きです。
写真では良く判りませんが、曲線の作り方など何とも言えません。
凄い!の一言です。

因みに、サークルでは16.5mmのレイアウトを所有しています。

20071118:20071027:4(1)
アメリカ型貨車:Flatcars(3) 66ft Heavy-Duty

品名「66’ Heavy-Duty 4-Truck Flat Car」
品番932-5678 SP#500603(WALTHERS)です。

既に箱は当ブログに出てきています。(TB参照)
その時の記述で「S字カーブで脱線・・・」と書きました。
確かに普通の速度では脱線します。内側のtruckが梁に当たるようで、22’のS字は通りません。
但し、超低速では大丈夫なようです。truckと梁は当たりますが、脱線はしないようです。

と言うわけで、89ftと同じくNW2/SW7で牽くことになりました。
幸い、超低速でも安定した走行が出来ますので、どうにか通っています。

PS:その後、TMでも超低速ではOKを確認しました。

20071117:20071027:3(1)
レイアウト寸描020:ケーブル積込

ケーブル積込作業を表現してみました。

クレーンを使い、してみましたが、実際の作業は見たことが無いです。
見たことがあるのは、大物車でコロを使い、トランスを横滑りする方法です。

このクレーン車は200トンまで許容ですからケーブル1ケは持ち上げられると思うのですが・・・

20071114:20071027:2(1)
アクセサリィ03:積荷(1)ケーブル

こういう物が売っているのを初めて知りました。

Chooch製で#7245「 Light Cable Spools」となっています。
Multi Scaleと書いてありますが、HOに丁度よい大きさです。
包装紙を見ると、貨車の積荷として作っているようです。
こういう物が流通するということは、それだけニーズがあると言うことですね。
改めて、アメリカの凄さを感じます。

20071112:20071110:1 001(1)
他のISPで模型活動のブログを持っておりましたが、こちらのブログに統一します。
写真は当サークルの大カーブ(?)を快走するGP9です。
(本文)
この運転会、年度末の2or3月に開催されるのですが、
いつもの会場にトラブルがあり、開催が遅れておりました。
結構、広い場所が必要で、又、土日の開催となりますから、宿泊設備も必要です。
今回は、埼玉県民活動センターで初めての開催です。

場所をご存知の無い方に説明すると、
大宮から「ニューシャトル」で終点の「内宿」、
そこから、無料の連絡バスで3分です。結構、大きな建物です。
因みに、今話題?の鉄道博物館は大宮から一つ目です。

クラブで参加とのことで、クラブ員以外、非公開ですがクラブの紹介があればよいようです。
平均年齢が高い分、ゆったり?としています。
私も50歳を過ぎてから、当サークルに参加し、その縁でこの運転会にも参加しています。

この運転会、個人により目的は色々とあると思いますが、
自分を又、自分が所属するクラブを他と比較することにより、刺激があります。
では当サークルのレイアウトはどうか?と言うと、客観的に見て平均以下?かなと思います。
では、どうする?・・・答えがすぐに見つかりません。

しかし、広いところで走らせられるのは、気持ちが良いです。

いつもは大きい「ホイッスル」音も会場が広いと小さいですね。

コメント(2)

顔アイコン

広い会場のせいだからでしょうか。今回の写真にはとても迫力を感じてしまいました。もしかすると車輌がさしかかったカーブ線路にバラスとが表現されていたからかもしれません。
ほんのちょっとの事で模型は別の素晴らしい顔をのぞかせてくれるものです。お宅のレイアウトにもほんの少し情景を追加してはいかがですか?

2007/11/13(火) 午前 0:43[ yw_*t*8686y*ya ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。
当サークルのレイアウト規模は平均以下ですが、
表現はトップクラスです。バラストを表現しているところは少数です。
効果は判っているのですが、なかなか手が出ません。

2007/11/13(火) 午後 7:50[ up1853 ]返信する

20071111:20071027:1(1)
久しぶりに並行撮影をトライしました。

タイミングが難しいですが、やはり並行撮影が迫力あります。
速度は低速なのですが、違和感が無いですね、動きがあると見ていて飽きないです。
低速でも安定しているDCCの効果でしょうか。
ところでブレーキ音ですが、低速でも止まる時に出るものと、出ないものがあります。
機種により違いがあるようです。

撮影手法は確立したので、後はシーナリィの充実でしょうか?
ゆっくり、楽しみながらやっていきたいと思います。

PS:昨日(土)は鉄道模型合同運転会に参加してきました。
   17クラブが参加して盛況でした。
   この運転会、HOが主体で平均年齢もどちらかと言えば、高いようです。
   その分、落ち着いた感じがあります。
   報告は別途したいと思います。

20071109:20071021:1 002(1)(1)
写真はS字線でのシーンです。(動画は固定カメラ)

貨車の中でもFlat carは積荷のバリエーションが楽しめますね。
日本型の模型では積荷までは、なかなかありませんが、アメリカ型では結構あるようです。

大きな模型はまだ見つかりませんが小さいものから集めてゆきます。
アメリカ型では模型の積荷にボイラーが多いようです。

PS:明日(土)、明後日(日)は鉄道模型合同運転会です。
   私は明日、行く予定ですが、今回はいつもと違う場所です。
   さて、どうなりますか?天気が今ひとつです。

このページのトップヘ