up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2007年06月

20070630:20060402 001(1)(1)
アメリカ型貨車:Boxcars(5) Refrigerator Cars(1) 40ft UP/SP

P.F.E.#6039、アサーンの貨車です。

品名はPFE 40’ Steel Reeferで、品番71437、6両パックです。
写真で判るとおり、PFEはUPとSFのダブル・ヘラルドです。
連結器間全長は155mmで値段は6両パックで\1万ちょっとですから安いですね。

実は、色々なメーカーの貨車を買っておりますが、アサーンは値段と金属車輪が良いです。
大きさは40ftなので、Boxcarと同じです。米国ではReefer(Refrigerator)で貨車のジャンルがあるのを知りました。これは品名にあるとおり、スチール仕様ですが、この前はウッド仕様でしょうか、またこれは多分、氷を使うと思いますが、冷凍機仕様も興味があるところです。尚、年代は1947となっており、蒸気機関車や初期のディーゼルにあいます。
蒸機と一緒に写っているもありました。

コメント(4)

顔アイコン

スレ違いですが、教えてください。
BLiのデコーダーのCV値ってわかります?
最高速度変更と工場出荷値に戻すCV値が探したのですがデーターが
載っていませんでした。
もしご存知なら教えてください。削除

2007/6/30(土) 午前 10:28[ pow ]返信する内緒

顔アイコン


crc6007さま、当方のBLI NW2/SW7のマニュアルでは以下のようになっております。
まず、CV Factory Default Settngsは
cv 1=3 Primary Address
cv 2=32 V-Start
cv 5=0 V-High と出ています。
次にデジトラックスのマニュアルではシリーズ3デコーダの
cv 8を「08」に設定すると初期化されるとあります。
その他のデジトラックス製デコーダは1つずつ変更とあります。
最高速度はcv 5 ではないでしょうか。
因みに、今まで変更したcvは1/2/3/4/8/17/18だけです。削除

2007/6/30(土) 午後 5:39[ up1853 ]返信する

顔アイコン


回答ありがとうございます。
やはりスピード調整と初期化はわかりませんか。
BLIのサイトとか色々見にいったんですがクワンタムのデコーダーは
非常に説明が難しくて困ります。
安定度は抜群なんですけどねー。
最高速度値と減速orブレーキ値はMUするのにどうしても必要事項なのに困った事です。削除

2007/6/30(土) 午後 5:50[ pow ]返信する内緒

顔アイコン


crc6007さま、どう致しました、役に立たないと思います。
MUは面倒そうなので、やっていないです。レイアウトも小さいですから。
やるとすれば、まず、同じメーカーの、同じデコーダでしょうか。削除

2007/6/30(土) 午後 9:31[ up1853 ]返信する

20070625:20070624:2(2)
新しい無線カメラでは混信が出なくなりましたので、車載で色々と挑戦です。
今回は並走にトライ。NSのインターモーダル走行中を並走して録画しています。
 
基本的に車載を念頭において動画にトライしたのですが、前の無線カメラでは混信が入りダメでした。そしてポイント転換でもノイズが入りました。

新しい無線カメラでは混信が無くなり、ポイント転換のノイズも小さくなったようです。
従い、念願の運転台ビデオにトライできそうです。

尚、音声についても新しい無線カメラで入りますが、ノイズがあるので、今までと同様に外部固定マイクを使用し録音しています。(前の無線カメラに音声機能無し、外部固定マイクを使用)

動画は下記参照。




コメント(6)

顔アイコン

「へえー」って思わず動画に見とれてしまいました。
個人的には今まで、一番カメラの効果的な使い方をしていたように感じました。削除

2007/6/28(木) 午前 0:27[ F'Track ]返信する

顔アイコン

★ おぉ! 素晴らしい、並走での動画撮影。
こうできるレイアウトの路線構成に唸るばかりです。
うらやましいです。削除

2007/6/28(木) 午後 6:29[ SDTM ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。有線カメラの更新のつもりが無線まで出来るようになりました。まだ試験中ですが、色々とトライしてみます。

2007/6/28(木) 午後 7:54[ up1853 ]返信する

顔アイコン

SDTMさん、コメント有難う御座います。カーブが急ですので、内線から外線を撮っています。しばらくカメラの試験になりますが、シーナリィやストラクチャーも考えています。

2007/6/28(木) 午後 8:01[ up1853 ]返信する

顔アイコン

これ、良いですねえ。まるでカメラが首を振っているように見えます。こんな使い方見たこと無かったです!

2007/6/28(木) 午後 8:03[ jac*oji**an ]返信する

顔アイコン

jackojichanさん、コメント有難うございます。ピントや明るさがまだ良くないですが、角度としては良いかと思います。
色々と試験しています。

2007/6/28(木) 午後 10:25[ up1853 ]返信する

20070624:1(1)
有線カメラの更新を考えて秋葉原へ行って来ました。
 
写真は試験中のカメラです。(無線状態なので乾電池を積んでいます)

しばらく、行っていないので、どうかと思いましたが、店はあまり変わっていないようです。
今回の目的は有線カメラの更新でした。
現状、使用している有線カメラは10年くらい前に購入したもので、光学式?(レンズが大きい)の物です。従いピントを合わせることが出来ますが、画面が暗く太陽光でないと撮影できません。
また、レンズにゴミも付いたようで、そろそろ寿命かなと思いました。

そこで、更新ですが、今回の仕様は
1. 画面が明るい。(蛍光灯で撮影が可)
2. レンズが小さい。(ゴミが付かない、被写界深度が深い)
3. 値段が安い。
以上です。
アナログTVが有るうちにと言うのもありました。

それで一番驚いたのが、3.の値段で、なんと当時の1/10でした。
それに無線でも使えるとのことで、受信機もついていました。
現状の無線カメラはUHF?と混信して使えず諦めていましたが、
今回のものは周波数が違う?のか、混信しません。
従い、利用範囲が大きくなりそうです。
まだ試験中ですが、これから色々と出来そうです。

有線カメラの更新のつもりが一気に無線カメラまで行ってしまいました。

動画は下記を参照。

20070623:20070506:2 002(1)
アメリカ型DL006:GE U28B MILW#135

今回、動画を追加しています。下記、URLを参照。
http://www.youtube.com/watch?v=JLGiPRf29kg
尚、スピードについては、録画では更に遅くしないと画面が付いてゆかないようです。

(本文:20060421)
大型機のGE U28B MILW#135(旧LIF)です。
前に買いました、U28B(PC#2823)が調子良くて、こちらも欲しくなりオーダーしました。この時点で、まだアメリカ型は良く知りませんので雑誌に出ていた、MILWを頼みました。Uボートと言う言葉を知ったのもこの頃だったと思います。
先のPC(黒一色)比べて、こちらはMILWの赤茶色?が入っています。もともと日本の旧型電機が好きなのですが、アメリカ型の豊富な色彩にはビックリです。但し、MILWはその中ではおとなしい方だと思いますし、音がついて来ると、色も気にならないのが不思議です。形はPCと同じで色だけ違います。U28Bの特徴?かどうかはわかりませんが、側面後部のラジエータースクリーンが透けて見えます。

走りはPCと同様良く、スピードは前に50%と報告しておりますが、現在では40%で走っても停車時ブレーキ音がでますので、そうしております。(2005年8月購入)

注:20070623
どうも、スピードは速いようです。模型の一般的なスピードは85mhpですが、
このもモデルでは110mhp出るのだそうです(MR誌 Prod.Rev. Sep/2005)

20070618:20070612:1(1)(1)
シーナリィ003:バラスト工事をして判った事

まだ、なかなか進みませんが、判った事を書いておきます。
写真はいつもと違い、上方から撮ってみました。

判った事
1-1.枠を作ったのは正解。
  これでバラストの広がりをコントロールできる。

1-2.色付けは油性の方が良い。(アクリルでも良いとcrc6007さまからコメントあり)
  当方、水性絵の具を使用したので、接着液散布で溶けた。
  又、小物はマジックインクを使用した方が扱い易い。

2.バラストは線路に沿って散布する。
  線路を越えての散布は労力がいる。
  それと、ブラシもしっかりしている物が良い。

3.バラストは撒き過ぎないようにする。
  (eyeレベルで写真を撮ると枕木が見えない)

4.線路踏面はカバーをするが、それでも回り込み等で接着液が付くので磨きが必要。

5.接着液は接着剤1に対し、水3。界面活性剤を入れる。

6.接着液を作る量は測って決める。
  (参考:2線、30mmで容器の2目盛りくらい)

7.接着液の散布はスプレーが良い。
  (KATOから専用の容器が出ている)

8.接着液2目盛りを散布すると結構な量だ。
  乾くのに時間がかかる。

追加:9.接着液の乾きは予想より遅い。少なくても一昼夜置いた方が良い。

以上

まだ、ポイント部は散布していない。スポイト使用予定。

20070617:20070616:1 002(1)
シーナリィ002:バラスト工事の道具

バラスト工事を始めるので道具を揃えました。
費用的には、そうでもないのですが、これって罠?でしょうか。

1. 水性絵の具(2本)
濃茶と薄茶を買いました。
但し、水性でしたので接着剤の散布で溶けた。

2.絵の具用ブラシ
  これは正解、腰も強い。

3. 水性フエルトペン(茶色)
絵の具よりも扱い易い。

4.接着剤(薄めて使う)
  TOMIX製シーナリィボンド。

5. 接着液散布容器
KATO製。

6. バラスト用?ブラシ
普通の塗装用ブラシですが、腰が弱すぎた。

7. バラスト材料
灰色、既にブログで発表済。

以上

1、3、6が要検討ですが、緊急ではないので、しばらくやってみようと思う。

コメント(3)

顔アイコン

ボンド水溶液をバラストに浸透させる為に先に湿らす洗剤希釈水溶液散布スプレーラーも欲しいところですね。
スプレーラーにボンド水溶液を入れてノズルが固着して直ぐに駄目になりませんか?
前に私もそれやったら何本もノズルを駄目にしてしまいました。
今はやや大きいスポイトか砂壁固着液の入ったスプレーをホームセンターで購入して使っていますが。削除

2007/6/17(日) 午後 4:47[ pow ]返信する

顔アイコン


もう1つ参考に、絵の具は水性アクリル絵の具をお使いになれば、乾燥後、水で溶けることはありませんよ。削除

2007/6/17(日) 午後 4:52[ pow ]返信する

顔アイコン


crc6007さま、色々とコメント有難う御座います。
試しながら良い方法を見つけたいと思います。
ノズルについては塗装でも同じで、すぐに固まってしまいますから、必要量を決めておき、短時間で終わらせて、洗うようにしています。またスプレーが使えないところ用にスポイトを購入してあります。(まだ、そこまでいきません)
水性アクリル絵の具は、今度トライしてみます。削除

2007/6/17(日) 午後 8:56[ up1853 ]返信する

20070616:20060402(1)(1)
アメリカ型貨車:Box Cars(4) 40ft Horizontal Rib MILW

MILW#8491、アサーンの貨車です。

品名は40ft Horizontal Rib Box Carで、品番92796です。
連結器間全長は157mmです。

実はアサーンの貨車で40ft Box Carを買うのははじめてです。Trixの貨車を買っていたので、その安さに驚きました。貨車の作りとしては、簡単になっておりますが、実用上、問題無いと思います。連結器は最初から車体についていて、KDタイプです。

ところで、MR誌の2006/MAYにModeler’s guide to STEEL BOXCARSと言う特集があり、色々なタイプのBOXCARが出ておりました。40ft Box Carでも様々な仕様があるようです。
実は品名にある、Ribタイプもこの記事をみて、気がつきました。

同じMILWでは、写真のタイプと別の色塗りもあります。

20070613:20060403(1)
yahooブログの記事

アメリカ型を始めると言っても実物を見たことが無い。そこでビデオで勉強しました。

ここで紹介するのは、Pentrex社から売り出されている2本で、Classic ChicagoとSt.Louisです。どちらもClassicの名があるように、最新鋭機は出てきませんが、勉強するのには良いです。値段は特価で安かったです。

内容はChicagoを中心とした鉄道で沢山の機関車が出てきました。E units、F units、GP9、RSなどです。1960年代初頭と言うことで、客車列車も沢山出てきました。
一つ参考になったのが、F untisの2つヘッドライトの内、上を点滅している映像があったことです。実はF unitsの模型を持っていて、上を点滅していますが、点滅を見たことが無いので疑っておりました、これで納得です。又、BL2などの映像もありました。

1本が84分、他ほうが48分でともに長いです。
いつも最後まで見ることが出来なくて途中で寝てしまいます

20070611:20070610:3(1)
シーナリィ001:バラストの散布

皆さん、シーナリィを作ったことがありますか?
私は40年くらい鉄道模型をしておりますが、シーナリィは初めてです。
模型誌でみると情景は当たり前ですが、当方まったく経験がなく、まずはバラストからです。

そこで場所の決定ですが、留置線と引上げ線のBLK(LFの前側、115x810)にしました。

1.色の決定
  バラストを何色にするかは決めていなかったのですが、色々あるので迷ってしまいました。
  そこでとりあえず、灰色(Gray)にしました。
  WOODLAND SCENICS製の「BALLAST Medium Gray B82」に決定です。
  灰色にしたのは、後から濃い色にしても良いようにです。
  併せて「枠」と枠外の基盤の色も決めました。
  枠は濃い茶色、枠外は薄い茶色にして絵の具を買ってきましたが、色の配色がどうなるか?
  工事して、写真に撮ってみないと判りません。
2.工事の実施
  何事もやって見なければ判らないので、して見ることにしました。
  全部するのも、どうかと思い、まずは250mm位です。
  ここでバラストを線路に撒きましたが結構、時間がかかりますね。
  又、スプレーで固着することから、線路にスプレーがかからないように5mm巾の木材で
  カバーをかけましたが、効き目は無かったようで、線路磨きが必要になります。

写真は工事をした部分です。とりあえず、様子を見ることにしました。
それにしても、結構濡れますね、大丈夫かな?

コメント(4)

顔アイコン

昔鉄道模型をやっていた頃に何度かやった事あります。懐かしいです。削除

2007/6/11(月) 午後 8:27[ - ]返信する

顔アイコン


そうですか、昔やったことがありますか、私はやったことがないので四苦八苦しながら、楽しんでいます。削除

2007/6/13(水) 午前 5:38[ up1853 ]返信する

顔アイコン


バラスト散布 いよいよ始まりましたね。頑張ってください。削除

2007/6/14(木) 午後 9:51[ maki ]返信する

顔アイコン


シーナリィの工事は精度は問題とならないようなので、適当にやっています。削除

2007/6/15(金) 午後 8:27[ up1853 ]返信する

20070610:20070601:1 001(1)
写真はNS機を切り離しSCL機に付け替えて一周して来たものです。(動画では最後の方)

一部のポイントの電動化をして、長時間の録画が可能になりました。
Youtubeの規定では最大容量が100MBか、時間が10min.となっています。
この録画では容量は85MB、時間が8min.弱ですから結構な大きさです。

内容はNS機で発車したIntermodalがS字線を通り、向きを変えて到着、
それにSCL機を連結し、NS機を切り離して再度、発車したものです。

言葉で書くとこれだけですが、ポイントの操作やホーンを鳴らす動作があり、
更にKDアンカップラー上で止めて切り離しなど、難しいですね。
これも一度、失敗しています。SCL機の連結の際、衝撃が大きいので、
最初からやり直しています。一カットで8分は長いかもしれません。

一応、成功して「ホッ」としています。次はヤードの動作でしょうか。

動画は有線カメラです。下記参照。

このページのトップヘ