up1853のblog HOアメリカ型

HOアメリカ型鉄道模型

2007年04月

20070430:20070429:2(1)(1)
yahooブログ

発着線#2に接続する、引上げ線の線路が完成しました。
(SW7がいる線です)

有効長は750mm、実際には65m(214ft)位です。
従い、入換機と60ft級貨車2両が標準でしょうか。

当初、左にも線路を敷設し、ヤードにするつもりでしたが、ここに給油所と砂補給所?を作ることになりそうです。
と言うのは機関区の建物は線路間が65mm必要なのと、用地が狭くて建物以外は設置できそうにありません。

そこで少し離れていますが、この場所に決めました。
従い引上げ線兼給油所、砂補給所となります。

20070429:20070428:1 002(1)(1)
レイアウト寸描015:引上げ線の工事

久しぶりに線路工事をしました。
写真は引上げ線の敷設工事です。

要員や車両はこれしかないので、既にお馴染みの物です。
今回、新しいのは線路ブロックを釣り上げているところです。
構想は簡単ですが、つり金具(糸)を作るのに苦労し、更に吊るにも大変でした。
何とか、写真には写っておりますが、できて「ホッ」としています。

ところで、今日は「シーナリィ」と「ストラクチャー」の書庫を作りました。
さて、記事が出来るでしょうか?

コメント(6)

顔アイコン

☆ GWは工事期間ですね。SDTMは家族との絆?を深めるため家族旅行を敢行しようとしていますが、娘たちはその気になるか、、攻防はこれからです。削除

2007/4/29(日) 午前 6:13[ SDTM ]返信する

顔アイコン

SDTMさま、家族の絆は大事です。ただ、娘さんが大きくなると、一緒に歩いてくれるかどうか、普段の行いに掛かっているような・・・削除

2007/4/29(日) 午前 11:06[ up1853 ]返信する

顔アイコン

私、このようなシーン大好きです。 簡単なコメントですみません。特に線路をつっているワイヤーがなんとも魅力的でした。削除

2007/4/30(月) 午前 0:10[ F'Track ]返信する

顔アイコン

☆ 昨日(29日)、妻・次女を連れて、長瀞へ行ってきました。 長女は、土曜も学校で、しかもこの4月の新環境も手伝って ダウン!一日ダラダラさせました。 C58にも意図せず出会えて、ラッキーな日でした。削除

2007/4/30(月) 午前 4:45[ SDTM ]返信する

顔アイコン

F'Trackさん、コメント有難う御座います。クレーン車が実感的に出来ているので何か吊る物をと考えていました。少し傾いていますが、何とか写真になりました。削除

2007/4/30(月) 午前 5:11[ up1853 ]返信する

顔アイコン

SDTMさま、良かったですね、日ごろの行いが良いので家族が合意?又は、罪ほろぼしか?・・・こちらは連休中に運転会の予定です。削除

2007/4/30(月) 午前 5:19[ up1853 ]返信する

20070428:20070310:1 002(2)(1)
アメリカ型DL004:GE C30-7 SCL#7054(20060401)

今回、動画を追加しました。
URLは下記。
http://www.youtube.com/watch?v=fkD9L8nkfEs

(本文:20060401)
大型機のGE C30-7 SCL#7054(BLI)です。
これの購入経緯は少し変わっておりました。要求としてはクラブのレイアウト運転で大きな音が出せることです。先のNW2は1スピーカーですので音が小さいです。そこで探していたところ、誤入荷品で安くできるとの話がありましたので購入しました。
全長237mm、2005年8月の購入です。2割程安いのでしょうか?当時は安くて音が大きければ良いと、あまり誤入荷の件は気にしていませんでしたが、アメリカ型ディーゼルが少し判ってくると、気になります。
そこで、調べてみると、どうもSCL#7054はcabが4Wなのに2Wになっているようです。そう言えば、箱には4windowとなっています。車体の間違え?かと思いますが、走りが良いのでOKです。
但し、気になっているのが、2点あって、一つは前後のマーカーライト?が点いていること、二つ目が後ろのナンバーボードが点いていることで、レールに電源ONと同時に選択しなくても点灯します。
マーカーライトはともかく、後ろのナンバーボードが点きっぱなしは変だとおもいます。
他に最近出たトラブルではアドレスがDCアナログで走行すると「7054」が「054」に変化する?ことでしょうか。これについては、調査しようと思います。
「7054」で再度regした後はOKで、調子良く走っています。
尚、これも後から気がついたのですが、cabの人形の位置が高すぎます。
どうも、BLIは色々あるようで・・・。

追伸20060527:今まで運転に支障は無かったのですが、本日、トライしたところ、後進でSカーブを通過の際、後ろの台車(後進ですから前側)が脱線することがありました。注意して見ると、後進の際、台車が上下するようです。前進では今のところ、問題無いです。そう言えば、どこかのwebでそんな話があった気がしますが・・・やはりBLIは注意が必要です。

追伸20061001:状況は変わっておりませんが、本日、確認したところでは、後ろの台車がフレームのステップに当たり、動きが抑えられるようです。後進で当たるのは、今ひとつ判りませんが、脱線するようです。
台車が上下するのは、変わりませんが、これで脱線はしていないようです。
尚、脱線するのは、いつも同じ場所でSカーブ(逆S字)の中心近く、右カーブから左カーブへ移るところです。他の車両は問題無いようですが、注意していきます。

コメント(2件)
内 容 ニックネーム/日時

☆ 走らせるのにDCCを導入するかどうかは
  結構コストの点で悩みます。
  あまり走らせる機会の無いSDTMですと
  お座敷運転で、どれだけそのパフォーマン
  スを活かせるか定かではありません。
  やはりレイアウトを所有できるかどうかに
  掛かって来るのでしょう。 SDTM
2006/04/01 23:53

SDTMさま
そうですね、レイアウトを所有して、運転をするのであれば、DCCがお勧めです。
ただ、レイアウトが無く、お座敷運転をするのであれば、DCCは面倒ですね。
ただ、サウンドは一度、聞いて見る価値があると思います。DCC/サウンド機はDCアナログでも音が出せますから、DCCコントローラは買わずともできます。
一つ言えることは、もし、今後も鉄道模型をするのであれば、DCCへ行くことでしょうか。考えて見れば、DCアナログは40年以上(私の場合ですが)変わっておりません。そろそろ変わる時期かと思います。(個人的意見です) c50115
2006/04/02 07:47

20070427:20060316:(1)
DCCについて006: DCS50Kの運転方法(20060316)

DCS50Kを使った運転方法は2通りあるようです。
(写真はアドレス=0677を選択して、ブレーキ=停車中)

(修正:20070427、本文:20060316)
一つはDCS50Kのブレーキ設定(加減速度調整)機能です。
他の方法が機関車のCV=03/04の加速率/減速率を設定し制御するものです。
CVの設定は機関車毎に行え、加速率/減速率を別々に設定できます。

DCS50Kのブレーキ設定は加速率/減速率は同じですが、DCS50Kに設定するだけで、全ての機関車に使えます。CVの設定を機関車毎に行っても良いのですが、面倒なので、DCS50Kに設定する方法を使用しています。(マニュアルによるとDCS50Kだけ、と書いてありますが、他を使ったことが無いので、不明です)

設定はDCS50Kに「00」(設定無し=スロットル通り?)から「15」(もっとも、ゆっくり)まであります。因みに、私は「14」に設定しています。
運転は簡単でBRAKE選択、スロットル=00を確認した後、アドレス設定をして機関車を選び、スロットルを好みの位置(例えば、60)にあわせて、BRAKEからFORWARDへ切り替えると徐々に加速して行きます。この時にエンジン音も速度に連動して高くなって行きます。一度、聞くと止められません。止まる時は、BRAKEに戻せば徐々に減速して止まります。機関車により出せる速度が違うので、同じ60でも速度が違い面白いです。

尚、機関車のマニュアル(英語)に書いてあるのか、どうか判りませんがスロットルによりをブレーキ音が自動で出るようです。これはあるスピード以上になると止まる時に出るらしいのですが、これを聞いてしまうと、やみ付き?になります。
(追伸:別途、CVの設定もトライしました、UT4の制御では必要でした)

コメント(2件)
内 容 ニックネーム/日時

DCCにより色々な事ができるのと種類によって速度が違うのもまた本物らしくて良い感じがします。DCCのコントローラーも本物っぽいコントローラーだともっとのめり込みそうです。 鉄道模型の部屋
2006/03/21 10:18

鉄道模型の部屋さん
日本型も多分、サウンドの時代になると思います。ただ、アメリカと比べるとモデラーの質?が何となく、違いそうなので、その辺りが判らないですね。
本物っぽいコントローラはカトーのECS-1を持っているのでJUMP制御で試してみます。 c50115
2006/03/21 16:16

コメント(2)

顔アイコン

こんにちわ。 色んな設定ができるんですね。 私も、やっとDCC付のロコを手に入れました。
一騒動ありましたが、凄く感激しています

2007/4/27(金) 午前 10:53[ pow ]返信する

顔アイコン


crc6007さん、ご無沙汰です。騒動(トラブル)も解決すると、ノウハウになりますね、これからが楽しみです。

2007/4/27(金) 午後 5:27[ up1853 ]返信する

20070425:1976xxxx パキスタン 入換風景600dpi編集
(yahooブログの記事から)

(本文:20050524)
1970年の初めで、鉄道写真は一時休止、山や海などのアウトドア活動が主になりました。
その後、仕事も海外プロジェクトが主となり長期の出張もありました。
この写真はその頃のものです。

1976年の後半に初めて海外に出張しました。行く先はパキスタンのカラチです。
当時は羽田からの出発でした。まだ社内でもあまり海外出張した人は居らず、3人の出張者に見送りが20人ほど来た時代でした。私も見送りに2回ほど羽田へ行き、3回目に自分の番になりました。JALの南回り線で、バンコク-ボンベイと経由して、カラチには真夜中に到着。

飛行機から降りると「ムッ」とする熱気と独特の「外国のにおい」を感じました。この時から、正月を挟んで、3ヶ月半の外国暮らしが始まりました。目に見るもの、聞くものすべて初めての経験でした。たまたま、泊まったホテルの裏に線路が通っていて、朝夕に大型DL(C-Cタイプ)がアイドリングや屋根まで人を乗せた客車を牽いていました。
一番、向側の線路は多分、引き込み線だと思うのですが、日中たまに貨車が通っていました。入換か小運転かは分かりませんがヤシの葉越しに何となく写した1枚が当時を思い出させてくれます。

         コメント(2)

顔アイコン

私にも大昔、パキスタンのカラチへ行く話しがありました。父が持ってきた測量の手伝いというのがその仕事の内容でした。確か高校2年の頃でしたから、私は夏休みにでもぜひ行きたかったのですが、結局その話はたち切れとなりました。異国の鉄道というのは、どことなく情緒が感じられ個人的にも大好きです。削除

2007/4/26(木) 午前 8:16[ F'Track ]返信する

顔アイコン


F'Trackさん、コメント有難う御座います。仕事で結構、外国には行きましたが、残念ながらアメリカには行けませんでした。また、鉄道趣味の中断期間でもありましたので、写真もあまりないですね。もっとも、危ない?国も行きましたので、鉄道を探してフラフラとしない方が良かったのかも知れません。削除

2007/4/26(木) 午後 8:36[ up1853 ]返信する

20070422:20070411:1(1)
ご存知のように鉄道模型もサウンドが出せるようになりました。
サウンドを一度、聞くと大体その虜になると思います。
そこで、ブログで発表出来ないか?と考えましたが、音だけでは何かなと思っておりました。

それが動画サイトの登場で画像も可能になりました。
詳細は、このブログ書庫「鉄道模型動画」を参照下さい。
エンジン音やホーンの違いが判ります。ブレーキ音は速度を上げないと出ないようです。
写真と共に動画も確認下さい。
とりあえず、順に発表してゆきたいと思います。

写真は左からFM-TM(atlas)、EMD NW2(BLI)、GE U28B(P2K)

動画URLは下記です。
エンジン音は自動的に出て、ホーン、ベルの順に鳴らしています。
ホーンの音が少し割れているようですが、マイクの位置が問題かもしれません。
http://www.youtube.com/watch?v=L4AmHq_BNBA
http://www.youtube.com/watch?v=VVI06G0b-xE
http://www.youtube.com/watch?v=aX7WkYSoGhU

コメント(2)

顔アイコン

☆ ご無沙汰しています。鉄模に殆ど着手しておりません。 手がなまって?しまいますね。 良い季節になったので余計に外出したくなるのが本音です。 といいつつ、土日は死んでおります。 また機会を作ってお邪魔したいと思います。夏休みになりそうです…削除

2007/4/22(日) 午前 6:09[ SDTM ]返信する

顔アイコン

SDTMさま、コメント有難う御座います。ご無沙汰ですね、そちらのブログは毎日見ているのですが、模型の記事が無くて残念です。暖かくなったので、出かけるのは良いですね。当方はまだ計画だけですが・・・またお出で下さい。

2007/4/22(日) 午前 7:13[ up1853 ]返信する

20070421:1(1)
アメリカ型貨車:Cabooses(1) Wide Vision(20060310)

(本文:20060310)
GN#X103、アサーンの貨車です。
品名はWide Vision Cabooseで、品番7517です。
MRの200503にModeler’s guide to caboosesの記事があり、勉強になりました。

それによると、アサーンHOでは7400、7450、7500のカブースシリーズがあるそうです。
番号順にどうも新しくなるようで、75xxのシリーズはWide Visionのようです。
記事には7種類のカブースが出ておりましたが、アサーンでは上記、3種類のようです。

連結器間全長は134mmで¥2000を少し越えたくらいで買い易い?値段でした。アサーンの貨車は中国製ですが、標記類も含めて良く出来ていて、GNのマークも印刷されています。当鉄道ではGNのホッパーと組で活躍しています。実はセメントサイロを作りたいのですが、用地が無くて困っています。

コメント(4件)
内 容 ニックネーム/日時

これは日本で言う貨物の後ろに付ける車両ですか?大きくて長距離輸送には快適かも。最近は中国製が多いのかな?でも細かなところまでよくできていますね。 鉄道模型の部屋
2006/03/11 12:47

鉄道模型の部屋さん
今はもう、付いてない?のかもしれませんが、日本で言うところのヨですかね。私も実際には見たことが無いです。日本のヨは結構揺れたようですが、外国のはどうでしょうか?ボギーですので良いかも。貨車が大きいので、覘き窓が上についているのが凄いですね。
製品は現在、ほとんど中国製のようで、良く出来ています。一方で、為替の変動に敏感?になっております。変なところで、国際情勢が判ります。 c50115
2006/03/11 13:49

★ 日米ともヨの時代は過ぎたようです。 SDTM
2006/03/12 22:45

SDTMさま
お世話になっております。
実物ではヨの時代は過ぎましたが、模型では花盛り?でしょうか。レイアウトでも1950年代の発表が多いようです。そういえば、機関車も色々とありますね。特に音が面白いです。 c50115
2006/03/13 07:25

コメント(2)

顔アイコン

小生も同じカブースを2両(正確には、1両はキット組み立て、もう1両はRTR)持っています。そのうちの1両には、ミニスカ・サンタに乗ってもらっています。小生のブログ2005年5月12日をご笑覧下さい。 http://blog.goo.ne.jp/jackojichan/e/be6fd108534590d07ed6c4850d70db86削除

2007/4/24(火) 午後 8:17[ jac*oji**an ]返信する

顔アイコン


jackojichanさま、コメント有難う御座います。どこかで聞いたことはありますが、
見たのは始めてですね、なるほど・・・削除

2007/4/25(水) 午後 9:23[ up1853 ]返信する

20070418:1976xxxx パキスタン 入換機600dpi編集
(yahooブログの記事から)
このブログは「アメリカ型鉄道模型レイアウト」と言う名前で鉄道模型中心のブログですが、
アメリカの実物やアメリカ以外の写真等も少しありますので、載せていきたいと思います。
最初の内は別ブログで発表したものがありますので、発表年月の記入をします。

1976年から、およそ20年間、海外の仕事で時に出張がありました。
最初は南西アジア、中国、欧州そして南米です。アメリカには残念ながら行けませんでした。
後で説明が出てくると思いますが、この当時は鉄道活動休止です。ただ、写真は撮っていました。

この写真(発表は始めて)はパキスタンのカラチで1976年の後半だと思います。
多分、行くところがないので、ホテルのベランダから撮った1枚と思います。

         コメント(4)

顔アイコン

素晴らしい写真ですね。モノクロであるところがかえって親しみを感じ、その場に居合わせた錯覚すら覚えます。インド、パキスタン方面は私はまったく知りませんが、最初はアメリカの風景の一部だと錯覚してしまいました。この手のフードジーゼルは私の好みです。最初GP7あたりかと思いましたが、台車の形状がまったく違います。そばに置かれたバイクや荷物を担いでいる人間が写りこんでいるところ大変好ましく思いました。削除

2007/4/18(水) 午後 10:58[ F'Track ]返信する

顔アイコン


F'Trackさん、コメント有難う御座います。アメリカの写真は無いのですが、アメリカ以外は少々ありますので載せて行きたいと思います。このDLは入換機でしょうか?GP7などに比べて大分、小さいようです。連結器にバッファーがついているタイプです。欧州系でしょうか?削除

2007/4/19(木) 午後 8:02[ up1853 ]返信する

顔アイコン


こんにちは ”撮り続けて45年”のhal_railです。
写真国内と写真海外 拝見させてもらいました。
私は80年代後半、初めての海外旅行が仕事で中国へ行ったのですが、それをきっかけに海外旅行にはまってしまい観光旅行(主に遺跡、秘境)の合間で鉄道を撮ってきました。
パキスタンも20年ほど前に行き、その時上の写真と同じようなDLの牽く貨物列車をたまたま踏切で写しました。(私のブログ時代順なのでUPできるのはだいぶ後になりますが)
ゆっくり模型関係も拝見させてもらいます。
今後もよろしく。削除

2008/2/19(火) 午後 9:22[ hal_rail ]返信する

顔アイコン


hal railさん、コメント有難う御座います。

鉄道の写真を撮ると警察に連れて行かれると言われていました。
その為、外では撮れなかったのですが、宿泊しているホテルの裏に
線路があって、DLが来ていたので撮りました。
この時は、鉄道活動休止中ですが、多分、することが無かった?
ので、写真を撮ったと思います。
まさか、30年過ぎて、発表する機会があるとは、思いませんでした。削除

2008/2/20(水) 午後 8:36[ up1853 ]返信する

20070415:20060628(1)(1)
このブログはDCC/サウンド機のアメリカ型ですが、DCアナログ機のアメリカ型も少し持っておりますので、紹介します。レイアウトは各セクションにSWを設けてDCアナログの走行も出来るようにしたいと思いますが、まだです。

最近、サークルのレイアウトで走らせていますが、機構が簡単なのか、良く走ります。
動画は下記。第四レイアウトの電源をDCに換え、DCC車両は全て外しています。
http://www.youtube.com/watch?v=pGS48WpUEus
DCでは低速が安定しないですね、速すぎたかもしれません。

(本文:20060628)
この電機、アメリカ型と言いますが、図面を見たことが無いですね。
カワイは以前から販売していたと思います。購入したのは90年代前半で模型を再開したときでした。
その当時、2万円ちょっとだと思います。あまり走って無くて、最近になって活動し始めました。
連結器もベーカー型でしたが、前はエンドウのダミー、後ろはKDタイプに変更しています。
動力はと言うと、インサイド+縦型モーターの片台車のみ動力化(当たり前?)でフライホイル無しです。
形からして、凸型なので、インサイドにモーターを逆に付けています。
集電も前後の台車2軸で現在の標準(全軸集電)から見ると一昔前のものですが、それでも走りは良いですね、作りが簡単なせいでしょうか?ベーカー型連結器はKDに変えて欲しい(KDが付くように)と思いますが、安く供給して欲しい物の一つです。

写真ではパンタを上げていますが、トロリーポールも持っています。鐘も付いていて、台車にはカウキャッチャーも、さすがアメリカ型ですね。

コメント(4件)
内 容 ニックネーム/日時

★ カワイの製品は、昔のまま。
  神田のお店も健在です。 SDTM
2006/06/29 05:18

SDTMさま
簡単にいじれるのは良いのですが、やはり、一昔前の構成ですね、記念に取っておこうと思います。 c50115
2006/06/29 20:27

トロリーが付いているということは路面と共用?かなりの年代物みたいで、でも造りはしっかりしてそう。 鉄道模型の部屋
2006/07/02 21:39

かなりの?年代物ではありますが、多分、実物もしっかり出来ていたでしょうね。名前からして路面を想像します。 c50115
2006/07/02 22:22

コメント(2)

顔アイコン

トロリーとパンタ両方があるのは路面電車と兼用?昔はあったような気がします。

2007/4/15(日) 午後 10:38[ - ]返信する

顔アイコン

d51ef64さま、コメント有難う御座います。トロリーの使用は低速(急曲線?)かなと思います。
模型では架線を張るのが大変なので電化は断念です。

2007/4/17(火) 午前 2:57[ up1853 ]返信する

20070414:20070404:1 002(1)
yahooブログ

解放の練習ですが、結構、難しいです。

解放は「UNCOUPLERの上で止め」更に、「別の機関車を連結」して切り離すようにしています。
これは確実に切り離しをする為です。貨車だけでは軽いので切り離しが出来ないときがあります。
両方とも純正KDだと問題無いようですが、KDタイプだと切り離されないときもあるようです。
(写真はUNCOUPLER上で止まっている貨車、連結器に注目)

動画は下記。
UNCOUPLER上で止めた貨車に別の機関車を連結し、先の機関車を切り離して別の機関車が牽いてゆきます。
http://www.youtube.com/watch?v=IdLKdbE3zAg

このページのトップヘ